ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

地下鉄族必携!WebページをダウンロードするOffline Pages Proが期間限定で無料

      2016/03/16

ひとりぶろぐのmoyashi (@hitoriblog) です。

Webページをダウンロードして圏外でも見られるようにするWebブラウザ、Offline Pagesの有料版、Offline Pages Proが期間限定で無料配信されています。

コメントをくださった「いちごぐみ」さんによれば、実に2年半ぶりの無料配信ということです。

iPhone、iPad、iPhone 5の4インチスクリーンに対応したユニバーサルアプリです。

Offline Pages Pro – オフライン・ウェブページ・ブラウザー 1.6(無料)

カテゴリ: ビジネス, 仕事効率化
現在の価格: 無料(サイズ: 1.6 MB)
販売元: Codium Labs LLC – Codium Labs LLC
リリース日: 2010/09/17

App + iPhone/iPadの両方に対応

現在のバージョンの評価: (19件の評価)
全てのバージョンの評価: (125件の評価)

ss1 ss2

セール情報を教えてくれた @toriken さん、ありがとうございます。

存在を知りつつも看過していたのですが、今回使ってみて実に自分好みのアプリだったことに驚き、そして早く手にしていなかったことを後悔しました。

まだ使っていなかった人は、この機会にぜひゲットしてみてください。(続きは[Read More]から)

地下鉄族は停車中が勝負

Subway Train Entering Station TTC Toronto

Photo: TheDanLevy

僕は地下鉄で通勤をしているのですが、地下鉄通勤は駅間が圏外。iPhoneの利用スタイルは、停車中の電波の入るうちにむさぼるようにいろんなアプリのリロードをかけ、駅間で読むといったスタイルとなります。

自分のモバイラー史は、この断続的な圏外との戦いの歴史であるといっても過言ではありません。

Webページをモバイルデバイス内に保存し、それを読むといったことを連綿とやってきました。

NetFrontのオートクルーズ機能、Linux Zaurusの時代にはwget。なつかしい戦いの記憶です。

Offline Page Proは、こうした圏外との戦いにおける、革命的兵器といっていいでしょう。

Offline Pages Proは、登録した複数のWebページを一挙に巡回して、それをダウンロード(巡回ダウンロード)することができます。

もう、最速で圏内にするために駅に突入する前にエアプレーンモードに切り替える小細工も必要ありません!

RSSリーダーでいいんじゃないの?

RSSリーダーの中には、Byline、Sylfeedのように、WebページをiPhone/iPad上にダウンロードし、圏外でも閲覧できるようにするものがあります。

Byline 4.1(¥250)App
カテゴリ: ニュース, 仕事効率化
販売元: Phantom Fish – Milo Bird(サイズ: 1.7 MB)
全てのバージョンの評価: (2,985件の評価)

Sylfeed 2.3.1(¥250)App
カテゴリ: ニュース, ソーシャルネットワーキング
販売元: GACHANET – GACHANET(サイズ: 3.8 MB)
全てのバージョンの評価: (762件の評価)

こういうものを利用すればいいのでは? という指摘がひょっとしたらあるでしょうか。

RSSリーダーのダウンロード機能はあくまでキャッシュの延長で、長期保存する方向性にありませんし、一度ダウンロードしたWebページを更新するということもできません。

基本的に、読み流していくものなので、定点観測的な使い方となるOffline Pages Proとは使い勝手が違います。

逆を言うと、Offline Pages ProはWebページを定点観測する目的にも向いています。

RSSリーダーはRSSを配信しているサイトに利用が限られますが、Offline Pages ProはRSS無しのWebページにも対応可能です。

オフライン志向のRSSリーダーとOffline Pages Proは別のものです。

Safariのリーディングリストと何が違う?

Safariに付いているリーディングリスト。

Screenshot 2012 10 31 21 22 13 Skitched 20121031 212416

これもまた、後で読みたいWebページをオフラインに保存するためのものです。

リーディングリストの場合は、iCloudを使ったバックグラウンドの同期が可能で、それがアドバンテージになっています。

(Mac)OS XのSafariで出会ったページをリーディングリストに入れて、それを後でiPhone/iPadで読む。デバイスをまたいだシームレスな連携が心地よいですね。

Safariのリーディングリストでいいんじゃないの? そんな指摘もありそうです。

Screenshot 2012 10 31 21 26 23

Offline Pages Proは、現在表示中のページのみならず、リンク先になっているページもまとめてダウンロードしてしまえる点がとりわけ便利なところであり、そこがSafariのリーディングリストとの最大の違いとなっています。

リンク先のダウンロードが便利!

僕はよく「〜入門」「逆引き〜」といった、入門ページ、リファレンスページを見るのですが、こうしたページはインデックスページから枝葉のようにリンクが張られ、それをもって全体をなす構成になっていることが多いです。

こういったページでは、Safariのリーディングリストが使いづらい。

Offline Pages Proでインデックスとなるページを登録し、「リンクをダウンロード」を指定します。ダウンロード方法をいくつかの中から指定できます。

Screenshot 2012 10 31 21 28 12

リンク先のコンテンツの重要度を自動的に判断し、ダウンロードするかどうかを決めるインテリジェントでおおむねよさそうです。

この機能を使うと、インデックスページからリンクされたページまでいっしょにダウンロードされ、圏外でもおおよそ全体のページが閲覧できるようになります。

ダウンロードされ、iPhone/iPadに保存が完了したページは非常に読み込みが早く、閲覧がとても快適です。

以下はRuby入門というWebページをダウンロードしてみた例です。トップページがインデックスになっており、そのリンク先にそれぞれの章が存在します。このページをインテリジェントの指定で巡回ダウンロードしたところ、インデックスページからリンクされた各章まで圏外でも閲覧できました。これは大変便利です。

Screenshot 2012 10 31 21 31 52 Screenshot 2012 10 31 21 32 00

リンクからリンクへの渡り歩き、「戻る、進む」もサクサクとできて気持ちがいい。

圏外、圏内問わず、よく参照するページはOffline Pages Proに登録しておきたくなります。

登録しているページが多くなると巡回ダウンロードの処理に時間がかかりますが、Offline Pages Proはバックグラウンドでの動作にも対応しており、OSによる最長10分間の制約はありますが、巡回ダウンロードしている間に別のことをすることもできて便利です。処理が終わると、通知が現れて教えてくれます。

Screenshot 2012 10 31 21 35 25

タイマーもあって生活を変えるアプリかも?

地下鉄通勤族ゆえに「オフライン」という言葉に過剰に反応してしまいますが、環境を問わずWebページをストレス無く閲覧できるOffline Pages Pro、大変気に入りました!

Offline Pages Proを前面で実行しておかないとなりませんが、スケジュール更新という機能で時刻を指定して巡回ダウンロードをさせることもできます。

Screenshot 2012 10 31 21 37 28

たとえば、朝出かける前の時刻に巡回ダウンロードをしかけておくと、朝の通勤時にはダウンロードしたWebページをサクサク読むことができるわけです。

Offline Pages Pro – オフライン・ウェブページ・ブラウザー 1.6(無料)App
カテゴリ: ビジネス, 仕事効率化
販売元: Codium Labs LLC – Codium Labs LLC(サイズ: 1.6 MB)
全てのバージョンの評価: (128件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

 - iPad, iPhone

Psngames banner Psngames banner