ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

iPhoneユーザーが1枚のSIMでAndroid端末を併用するのに凄く具合のいい設定

      2014/01/31

SIMなしAndroid端末から、iPhoneの通信環境を手間ゼロで利用する

iPhoneメインだけどAndroid端末にも興味があって、OSを一つ飛びぐらい毎にNexus等の端末を買うけれども、SIMを用意するほどではない、という人はいるんじゃないでしょうか。

タブレットでは、はなから3G/LTEの利用は諦めて、安価なWiFi版のAndroid端末を買っている人もいるでしょう。

SIMを入れたiPhoneを経由して、Android端末でも外出中に通信できたらどうでしょう。

iPhoneのテザリング経由で使うというのが普通のやり方でしょうが、WiFi経由にしろBluetooth経由にしろ、結構接続/切断の手順が面倒くさい。これだったらiPhoneだけでいいやと次第に持ち歩かなくなりがち。

しかし、Bluetoothテザリングなら、全自動化する方法がありました。

全自動化するとどうなるのか? 動画を見ていただくのが分かりやすいかと。

  • Android端末のボタンを押してサスペンドから起こすと、iPhoneとの間でBluetoothテザリングが始まる
  • Android端末を使用中にボタンを押してサスペンドさせると、iPhoneとの間のBluetoothテザリングが終了する

BluetoothテザリングつなぎっぱなしだとiPhoneのステータスバーを触れなくなるし(Scroll to top)、ステータスバーの高さが2倍になって、表示に不具合が生じるアプリが多いので、Android端末を使い終わったときには切断したいのですよね。

設定を済ませると、iPhoneの通信環境を、Android端末からBluetoothテザリングを介してシームレスに利用できるようになります。

Android端末に、あたかもSIMを入れているかのような使用感です。無料で環境構築できるので、ぜひ試してみてください。(続きは[more]から)

必要なもの

使うアプリは、Llamaと、Bluetooth Auto Connectの二つ。

Llama – Location Profiles 1.2013.08.29.2128
カテゴリ: ツール
Google Playで詳細を見る

Bluetooth Auto Connect 0.9
カテゴリ: ツール
Google Playで詳細を見る

両方とも無料でダウンロードできますので、インストールしておきます。


Bluetoothテザリングの設定を済ませる

iPhoneとAndroid端末をBluetoothでペアリングします。

何はともあれ、iPhone側で「設定.app>インターネット共有」をオンにするのを忘れないようにしてください。

iPhone側で「設定.app>Bluetooth」を起動。

IMG 0493

Android端末、ここではNexus7ですが、Android端末でも「設定>Bluetooth」を起動。

デバイスの検索でiPhone側にAndroid端末が表示されたら、タップしてBluetoothペアリングの要求。さらに「ペアリング」ボタンをタップ。

IMG 0495

Android端末側に「Bluetoothのペア設定リクエスト」が表示されるので、「ペア設定する」をタップ。

2014 01 28 07 26 10

ペアリングを完了させます。

Bluetooth Auto Connectの設定

Bluetooth Auto Connectを起動して、ペアリングを済ませたiPhoneの右端のチェックボックスをオンにして、Saveボタンをタップ。

2014 01 28 07 27 13

Llamaの設定

イベントタブをタップ。イベントタブの右下の「+」をタップして、新しいイベントを作成。既存の項目は、長押しで出るメニューから削除可能です。

2014 01 28 07 35 45

  • イベントの名称は「BT-ON」などに
  • 「有効」のチェックはオンに
  • 「条件追加」ボタンをタップし、「画面のオン/オフ」を選択。「画面のオン」か「画面のオフ」かを選ばされるので、ここでは「画面のオン」を選択

2014 01 28 07 28 34

「動作追加」ボタンをタップし、リストから「Localeプラグイン」を選択。

2014 01 28 07 28 54

インストールした「Bluetooth Auto Connect」が選べるので、選びます。

2014 01 28 07 29 07

ここでは「Connect」(1)、ペアリングしたiPhone(2)、 Saveボタンを押します(3)。ペアリングしているデバイスが複数ある場合でも、ここには一つしか出てこなくて困惑しますが、デバイス名をタップするとビロンと下にリストが出てきます。

2014 01 28 07 29 19

さらに、「動作追加」ボタンを押し、リストから「通知」を選ぶ。表示するメッセージ入力になるので、ここでは「Connect Bluetooth PAN」としました。通知を出すかどうかは好みで決めてください。

Skitched 20140129 025715

「画面のオフ」にも同様に、「Bluetooth Auto Connect」のDisconnectを割り当てます。

「画面のオン」の設定はこうなりました。

2014 01 28 07 30 08

「画面のオフ」の設定はこうなりました。こちらは通知を出しても見えないので、通知は設定していません。

2014 01 28 07 31 28

既存の設定は削除し、新規に2件のイベントを登録したので、イベントタブはこのような感じになりました。

2014 01 28 07 31 39

これで、冒頭の動画のような動作が再現できるはずです。

WiFiとの兼ね合い

WiFiが接続されると、Bluetooth Auto Connectが接続を諦めるようです。(検証不足)

トラブルシュート

設定中に、「切断中…」でBluetoothが固まったようになるかもしれません。

2014 01 28 07 39 35

こうなったら、OSを再起動すると復活するようです。AirPlane ModeのOn/Offではダメな模様。

Llamaの代わりにTaskerでも

有料アプリですが、TaskerでもBluetooth Auto Connectとの組み合わせで同様の設定が可能です。

Tasker
カテゴリ: ツール
Google Playで詳細を見る

ここでは説明しませんが、Bluetooth Auto Connectをインストールしておくと、「Action>Plugin」

2014 01 28 17 51 57

「Select Plugin Action」からBluetooth Auto Connectが利用可能です。

2014 01 28 17 52 02

iPhoneとMacとの組み合わせでBluetoothテザリング自動化

こういうエントリも書きました。

ひとりぶろぐ » MacBookに3G/LTE通信機能が搭載されたらいいのにな。そんな願いにアプローチするLidSyncPAN

 - Android, iOS, iPad, iPhone

Furusato nouzei banner