ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

Anker PowerCore+ 10050

現在、Amazonのタイムセールで、モバイルバッテリーのAnker PowerCore+ 10050が20%オフの¥2,639でセール中です。

通常販売価格は¥3,299ですので、金額にして¥660の値引きです。

セール期間は2016年3月5日の23:00まで。限定数は250。販売数が予定数量に達するか、タイムアップするかのどちらかでセールが終了します。

Anker PowerCore+ 10050は10,050mAhの容量を持ち、最大2.4Aの出力が可能。

入出力共にQuick Charge 2.0に対応。対応機器で最大75%高速な充電が可能となっています。

Quick Charge 2.0は、通常5Vのところ9Vないしは12Vの電圧をかけ、電流を流れやすくする仕組みです。

Anker PowerCore+ 10050

Quick Charge 2.0に対応したスマートフォンの例としてはGalaxy S6 / Note 4 / Edge, LG G4, Nexus 6, HTC M9 / M8などがあります。Apple製品には対応しているものはありません。

Anker PowerCore+ 10050自体もQuick Charge 2.0での充電に対応しており、空の状態から約3時間30分で充電が完了します。10,050mAhクラスのモバイルバッテリーへの充電は、通常2Aの電流で充電しても4時間40分ほどかかりますので、70分ほど早く充電が完了することになります。ただし、Quick Charge 2.0に対応したACアダプタは付属しないので、別途購入する必要があります。

Anker PowerCore+ 10050

先日発売されたAnker PowerCore 10000と容量の近い機種ですが、Quick Charge 2.0の対応の有無、そして重量に差があります。

機種 重量 容量 出力ポート数 入力 出力
Anker PowerCore+ 10050 236g 10,050mAh 1 2A(QC2.0対応) 2.4A(QC2.0対応)
Anker PowerCore 10000 180g 10,000mAh 1 2A 2.4A

Apple製品はQuick Charge 2.0非対応なので、Apple製品への充電ではQuick Charge 2.0の恩恵に浴することはできませんが、Anker PowerCore+ 10050への充電はQuick Charge 2.0対応ACアダプタの利用で早くなりますので、その部分でこの機種を選ぶメリットが出てきます。

56gの重量差はありますが、¥2,639というセール価格はQuick Charge 2.0対応モバイルバッテリーとしては破格の値段ですし、とにかく充電が早い方がいい、という人にはおすすめできるモバイルバッテリーです。

 - ガジェット

Psngames banner Psngames banner