ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

全天球の3D桜吹雪が感動を呼ぶ

New 3d sakura feature on theta360

全天球の写真をワンショットで撮影できる革命的なデジタルカメラRICOH THETAシリーズ。

RICOH THETAで撮影した画像を共有できる公式サイトtheta360.comに、桜の花びらが舞う新機能が搭載されました。

適用方法は、投稿時のメッセージにハッシュタグ #sakura3d を含めるだけ。

New 3d sakura feature on theta360

公式のサンプルが公開されていますが、これが写真の良さも相まって見事!

Webブラウザで3Dグラフィックスや2Dグラフィックスをレンダリングするための JavaScript APIであるWebGLを使って作られており、静止画だけでは得られなかった不思議な立体感が醸されていて、思わずグリグリといじくってしまいます。

RICOH THETAは撮影時に桜の木の幹の股の部分に設置されており、実際に花びらが落ちてきてもおかしくないシチュエーションであることがポイントですね。

空間を舞う物質にバリエーションがほしい

これほどの立体感の演出になるものを、季節限定にするのはもったいない。

紙吹雪、雨、雪、雹、埃、投げ餅、銭、黄砂、花粉、PM2.5のようなバリエーションがあると、より汎用的に使えるのではないでしょうか(笑)。

水中を想定した気泡などもいいですね。

RICOHさん、ぜひご検討を。

RICOH デジタルカメラ RICOH THETA S 360°全天球カメラ 910720
リコー (2015-10-23)
売り上げランキング: 243

 - Webサービス・アプリ

Psngames banner evernote_sale_banner_02