ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

Web版Twitterの検索結果の初期値を「話題のツイート」から「すべてのツイート」に変更する方法

   

How to change the initial search result of the twitter web from top to live 00003

今回は、不満に思う人も多い(?)かもしれないTwitterの検索結果について取り上げました。

Twitterの検索結果のデフォルトである「話題のツイート」は、時には必要な検索結果を返してくれません。デフォルトを「すべてのツイート」に変更する方法を紹介します。

特に、エゴサーチを頻繁にする人や、「検索メモ」をよく使う人は必見の情報です。

アルゴリズムに基づく検索結果を返す「話題のツイート」にはウンザリ

Twitterの検索は、「話題のツイート」というものがデフォルトの検索結果になるよう設定されています。

How to change the initial search result of the twitter web from top to live 00004

「話題のツイート」とは、Twitter社が考える重要度の高いツイートを抽出して構成された検索結果のことです。

一方でデフォルトの検索結果になっていない「すべてのツイート」は、入力したキーワードにヒットしたツイートが新しい方から順にすべて表示されます。

どちらがより使用者の意図に近い検索結果を返すのかはケースバイケース。

しかし、個人的には「話題のツイート」が必要であるケースはほとんどなく、常に「すべてのツイート」の結果を望んでいるため、「話題のツイート」がデフォルトの検索結果になって以来、検索した後、表示を「すべてのツイート」に切り替えるということを、もう何千回、何万回と繰り返してきました。

ノイズが混じりがちな「すべてのツイート」がユーザビリティを損ねる側面を勘案して、Twitter社が「話題のツイート」をデフォルトに設定しているのだと思いますが、同時に負荷対策の側面からそうなっているのだと思われます。

数万回こなした「すべてのツイート」に切り替える修行もここらで終えるとして、「すべてのツイート」をデフォルトにする方法を考案してみました。

ただし、スマートフォン用の公式Twitterクライアントの動作変更には特殊な環境を要するため、今回のターゲットにはなっておりません。悪しからず。

Webブラウザ拡張のNinjaKitを利用

ページロード時に、任意のJavaScriptを実行するWebブラウザ機能拡張/拡張機能であるNinjaKitを使って実現してみました。

NinjaKit

NinjaKitにはGoogle Chrome用の拡張機能と、Safari用の機能拡張があります。

Firefox用のNinjaKitは、残念ながら存在しません。

UserScript 「AlwaysSearchLive」

NinjaKit用のUserScriptは以下です。「AlwaysSearchLive」という名前を付けました。英語版のTwitterは「話題のツイート」が「Top」、「すべてのツイート」が「Live」となっているためです。

// ==UserScript==
// @name AlwaysSearchLive
// @namespace http://hitoriblog.com
// @include https://twitter.com/*
// @require https://code.jquery.com/jquery-2.2.3.min.js
// ==/UserScript==
$(document).bind('DOMNodeInserted', function (e) {
	var element = e.target;
	if (["typeahead-item typeahead-saved-search-item", "typeahead-item typeahead-recent-search-item", "typeahead-item typeahead-topic-item"].includes(element.className)) {
		var href = $(element).find("a").attr("href");
		$(element).find("a").attr("href", href + "&f=tweets");
	}
});

$(document).on("keypress", ".search-input", function (event) {
	if (event.which === 13) {
		document.location.href = "/search?src=typd&f=tweets&q=" + encodeURIComponent($(".search-input").val());
		return false;
	} else {
		return true;
	}
});

設定方法

まずは、NinjaKitのインストールを済ませておきます。

NinjaKitの設定画面の表示

設定のために、設定画面を表示します。

Google Chromeでは、ウインドウ右端のNinjaKitのアイコンをCtrl+クリック、ないしは右クリック。

表示されるメニューの中から「オプション」を選択。

How to block specific promoted tweet 00001

Safariでは、アドレスバー左のNinjaKitのアイコンをクリックすると、設定画面が表示されます。

UserScriptの新規作成と貼り込み

設定画面が表示されたら「Scripts」タブを表示。

「Add new script」ボタンをクリック。

How to block specific promoted tweet 00002

NinjaKitの編集画面に上に掲載したUserScript「AlwaysSearchLive」を貼ります。

How to change the initial search result of the twitter web from top to live 00001

UserScriptの書き換えと有効化

「AlwaysSearchLive」を貼ったら「save」ボタンをクリック。

ここでTwitterをリロードすると、機能し始めているはずです。

「AlwaysSearchLive」の効能と制約

「AlwaysSearchLive」を導入すると、以下のようなケースで検索結果のデフォルトが「話題のツイート」から「すべてのツイート」になります。

  • 検索キーワード入力後、returnキーで検索を開始
  • 最近の検索から検索を開始
  • 検索メモから検索を開始

「AlwaysSearchLive」を導入しても、以下のようなケースでは検索結果のデフォルトが「話題のツイート」から「すべてのツイート」になりません。

  • 検索キーワード入力後、虫眼鏡アイコンをクリックして検索を開始

調査しましたが、自分の実力ではまだまだ時間がかかりそうでした。既存のイベントリスナーをunbindしても、文字入力するとbindし直されているようでした。動作の置き換えに成功した方は、ぜひお知らせください。

How to change the initial search result of the twitter web from top to live 00006

Firefoxでの動作

Firefoxでは、GreasemonkeyやTempermonkeyを使うことになると思いますが、うまくいっておりません。

Greasemonkeyでは、以下のユーザースクリプトが動作します。

// ==UserScript==
// @name AlwaysSearchLive
// @namespace http://hitoriblog.com
// @include https://twitter.com/*
// @require https://code.jquery.com/jquery-2.2.3.min.js
// ==/UserScript==
$(document).bind('DOMNodeInserted', function (e) {
	var element = e.target;
	if (["typeahead-item typeahead-saved-search-item", "typeahead-item typeahead-recent-search-item", "typeahead-item typeahead-topic-item"].includes(element.className)) {
		var href = $(element).find("a").attr("href");
		$(element).find("a").attr("href", href + "&f=tweets");
	}
});

ただ、これでは「最近の検索」と「検索メモ」の動作が変更されるのみです。

  • 検索キーワード入力後、returnキーで検索を開始
  • 最近の検索から検索を開始
  • 検索メモから検索を開始

「検索キーワード入力後、returnキーで検索を開始」の部分を追加すると、「最近の検索」と「検索メモ」が表示されなくなってしまいます。

Tempermonkeyでは、そもそもスクリプトの読み込み自体動作していない模様。

何かお分かりの方はご教示ください。

あとがき

数年来のイライラを解消できて非常に爽快です。

同じ悩みを持つ方の目に止まることを願ってやみません。

ちなみに、ワタクシのTwitterアカウントはこちらです: @hitoriblog

関連エントリ:

 - Twitter, Webサービス・アプリ

Psngames banner evernote_sale_banner_02