ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

How to contract evernote more cheaper 00001

Evernote無料版に利用端末2台までの制約追加、有料プラン値上げを発表

Evernoteが、2016年6月29日に次のような発表を行ないました。

  • 有料プランの料金を値上げ
  • ベーシックプラン(無料プラン)の場合、利用可能な端末台数を2台までに制限

具体的には、次のような改定となります。

ベーシックプラン プラスプラン プレミアムプラン
従来料金 無料 月額240円 月額450円
年額2,000円 年額4,000円
新料金 無料 月額360円 月額600円
年額3,100円 年額5,200円

月額で33%〜50%の値上げです。

Consider migrating to onenote from evernote 00005

新料金は、これから有料プランを契約する場合に適用されます。

ベーシックプラン(無料プラン)は利用が2台までに制限されてしまいました。移行までの猶予期間が30日与えられ、新仕様での運用は2016年7月28日〜29日以降から始まることになります。

今後、Evernote ベーシックで利用可能な端末の数を 2 台までに変更させていただくことになりました。例えばパソコン 1 台とスマートフォン 1 台、パソコン 2 台、あるいはスマートフォン 1 台とタブレット 1 台といった具合です。お客様は現在、2 台よりも多い端末で Evernote をお使いいただいております。この仕様変更には 30 日の移行期間を設けさせていただきますので、お手数をおかけいたしますが、ご利用端末数の調整をお願いいたします。なお、Evernote プラスまたは Evernote プレミアムの場合、引き続き端末数の上限なくご利用いただくことができますのでご検討ください。

有料プラン契約者なら、値上げされた料金を飲むかどうか。

無料プラン利用者なら、端末2台までの利用で済むかどうか、有料プランへの移行をするかどうかの検討が迫られていることになります。

ソースネクストが販売する「EVERNOTE プレミアムパック」の利用

なかなか頭の痛い問題ですが、現時点ではソースネクストが扱う「EVERNOTE プレミアムパック」が抜け道になっています。

「EVERNOTE プレミアムパック」は、Evernoteのプレミアムプランに相当。本家より安い金額で購入できることにメリットがあります。

値上げ前でも利用価値のある金額であったものが、本家の値上げでさらに利用価値が高まったことになります。

1年、または3年プランがあります。値上げ後の本家の料金と比較してみました。

1年 3年
Evernote
プレミアムプラン
新料金
5,200円 15,600円
月額433円相当
ソースネクスト
EVERNOTE プレミアムパック
4,000円 10,000円
月額333円相当 月額277円相当

1年で4,000円(23%オフ)、3年で10,000円(35%オフ)ですので、新料金との差は歴然としています。値上げ対策にこれを使うのも一つの手でしょう。

Evernoteの新料金発表で追従の値上げはありそうです。

これが最後のチャンス。今後もEvernoteを使う意志があれば、お急ぎを。

ちなみに、複数購入して継ぎ足し、プレミアムプランの契約期間を延長することも可能です。一度上がった料金は元には戻らないでしょう。この機会に6年分ぐらいは延長しておいてもいいかもしれませんね。

 - Webサービス・アプリ