ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

セブンイレブンのアイスコーヒーが好き過ぎるので「二段階フレーバー方式」を試してみた

   

Seven eleven ice coffee flavor 00000

セブンイレブンのアイスコーヒーは香ばしくて素晴らしくおいしい。

家で再現しようにも、アイス向けのレギュラーコーヒーで淹れても、水出しコーヒーでも、このような味、香りになるものに出会ったことがありません。

ああいうものが家で飲みたければ、素直にセブンイレブンで買ってくるほかないというのが現時点での自分の認識ですが、はるばる買いに出てもすぐ飲み終わってしまい、儚さを感じます。

できることなら、あのコーヒーサーバーを自宅に導入したい……。

チビチビと長く楽しむために真空断熱水筒を導入。これは素晴らしい効能を発揮しますが、もう少し量が欲しい。

そこで、ある実験をしてみることにしました。

「二段階フレーバー方式」を試す

インスタントコーヒーで作ったアイスコーヒーでも、氷を真空断熱水筒に大量に投入してキンキンに冷やすと、キリっとした苦味が冴えてなかなかおいしいのですが、いかんせん香りが足りない。

そこをセブンイレブンのアイスコーヒーで補えればいいのではないかと考えました。

ちなみに、最近はブレンディを飲んでいます。

買ってきたセブンイレブンのアイスコーヒーをすぐ飲まず、その香りを楽しみながらインスタントコーヒーで作ったアイスコーヒーを飲み、それを飲み干した後で本チャンのアイスコーヒーをいただく二段構え。

うまくいけば、セブンイレブンのアイスコーヒーの香りが続く間、インスタントコーヒーを「準」セブンイレブン・アイスコーヒーとして繰り返し飲むことができるかもしれません。

この作戦、「二段階フレーバー方式」とでも名付けておきましょうか。

Seven eleven ice coffee flavor 00001

実際に試してみたところ、セブンイレブンのアイスコーヒーの芳香を取り入れるべくスーハースーハーと鼻呼吸しても、それほど強く香りませんでした(笑)。

冷たい飲み物ですから香りが蒸気として立ちのぼっているはずもなく、当然の結果でしょうか。記憶の中では強く香っていた感じがあったので拍子抜けです。

全然香らないわけではありませんが、インスタントコーヒーの味に影響を与えるほどのものではなく、香りを嗅ぎながらでもインスタントコーヒーの味はインスタントコーヒー以上でも、以下でもないというのが実際のところでした(笑)。

今回は残念な結果に終わりましたが、より強く香るであろうホットコーヒーとの組み合わせなら「二段階フレーバー方式」は成立するかもしれません。

おいしいアイスコーヒーをリーズナブルに飲むべく、引き続き頑張っていこうと思います。

THERMOS(サーモス)真空断熱ケータイマグのラインナップが刷新

「THERMOS(サーモス)真空断熱ケータイマグ ワンタッチオープンタイプ」は軽量で、なおかつ圧倒的な保冷・保温性能。

冷たい飲み物を入れても結露で濡れることがありません。

なかなか氷が溶けないので、セブンイレブンのアイスコーヒーが最後まで薄まることなく飲めます。

パチンと閉じる蓋があるので、コーヒーをぶちまけてノートPCが故障するリスクが極小です。

片手で蓋のロック解除から開閉までできるため、意外と煩わしさがありません。片手をハンドルに残せるのでサイクリングにも最適。

水筒というと外出中にしか使わない人が多いと思いますが、家の中でも使ってみると非常に便利なものです。

最近モデルチェンジがあって、容量の種類が増えました。新しく増えたのは、400mlと750mlの二つ。

型番 容量
JNL-352 350ml
JNL-402 400ml
JNL-502 500ml
JNL-602 600ml
JNL-752 750ml

夏〜秋は氷を大量に入れるので、容量の大きなものが最適です。僕は600mlのものと、350mlのものを愛用しています。

「家で使うという発想がなかった」という方は、ぜひお試しを。

新登場のJNL-402(400ml)がセブンイレブンのコーヒーサーバーに入るかどうか、調査の価値はありそうですね。入るなら、400mlは魅力的な選択肢です。

 - 食べ物

Psngames banner Psngames banner