ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

Raspberry PiでSORACOM Air SIMを使うのに最適なdocomo L-02Cが1,480円でセール中

   

Raspberry pi soracom air sim l 02c 00000

Raspberry Piシリーズに接続したセンサーから取得したデータを遠隔地に送る目的があってネットワークを構築する場合に、有線、Wi-Fiでは足りずデータ通信SIMを使ったワイヤレス通信をしたいことがあります。

そんな目的のために最適なIoT(モノのインターネット)向けデータ通信SIMがSORACOMの「Air SIM」。小容量低速のデータ通信を前提に、料金を低く抑える方向性を持っています。

何と、1日のアップロードを20KB、ダウンロードを200KBとした場合、月間の通信料は330円(税込/データ通信専用SIMの場合)!

例えば温度センサーからの毎分のデータを送信する場合の通信量は余裕でこの範囲内に収まります。

Raspberry pi soracom air sim l 02c 00002

この場合、月間の通信料が330円。

Rapberry Piの電源、5V、700mAとして、

P = V * I = 5 * 0.7 = 3.5Wh

1時間に0.0035kWhの消費。1時間の電気料金単価を22円とすると、

0.0035 * 22 = 0.077

1時間に0.077円。24時間、31日とすると、Raspberry Piを24時間稼働する場合の電気代は月額で約57円。

これに通信料330円を足して、月間387円で遠隔地にあるRaspberry Piからのデータを受信できるのです。電気をそれ専用に引く場合はこの限りではありませんが。

この画期的なデータ通信SIMであるSORACOM Air SIMは、IoT界隈から絶賛されています。

Rapberry PiでSORACOM Air SIMを使うのに必要なdocomo L-02Cが1,480円でセール中

Rapberry PiにはUSB端子が付いていますが、SIMを使うのにはUSBデータ通信端末が必要です。

Raspberry PiでSORACOM Air SIMを動作させた実績のあるUSBデータ通信端末docomo L-02Cの中古が、イオシスにて1,480円で販売中です。送料はいくつ買っても全国一律で500円。

SORACOM Air SIMの出現で需要が高まったようで、すぐに売り切れてしまうとのことです。

Amazonでの相場は中古で最安2,480円から。概ね相場は3,500円なので、送料込みで1,980円ならありではないでしょうか。

L-02CのSIMスロットは標準サイズなので、サイズを3種類から選べるSORACOM Air SIMは、標準サイズのSIMを入手するか、「小は大を兼ねる」の考えでMicro SIMもしくはNano SIM+アダプタという組み合わせで使うことになります。

SORACOM Air SIMカード(データ通信のみ) (標準)
株式会社ソラコム
売り上げランキング: 18,681

docomo L-02C レッド(R) データ通信専用機種
LG電子
売り上げランキング: 11,998
docomo L-02C シルバー データ通信専用機種
LG
売り上げランキング: 61,178

 - Raspberry Pi, ガジェット