ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

もう働かなくてもいい?暗号通貨(仮想通貨)であっけなく変わる人生

      2017/04/30

Life changing easily in encryption currency 00013

最近話題の暗号通貨(仮想通貨)って知ってますか?

多分知らないか興味がないでしょ?

知っていても、人からお金をだまし取る目的で喧伝される詐欺であるとすら思っているか、日本のビットコイン取引所、マウントゴックスが横領で破綻した事件を連想するか。そんなところでしょう。

でも、そんな認識を正していただこうと思い、だれもが興味を抱くであろうことを書いてみました。

暗号通貨(仮想通貨)って?

暗号通貨(仮想通貨)は、実体を伴わない通貨のことです。

暗号通貨(仮想通貨)は円などの法定通貨で買うことができ、ただのデータですが資産価値を持ちます。

対応したお店、サービスなどでは、法定通貨同様に決済手段として使うことができます。

暗号通貨(仮想通貨)を支える仕組みにブロックチェーンというものがあり、暗号通貨(仮想通貨)の革新性や本質はそこにあります。

ブロックチェーンは分散的(非中央集権的)に暗号通貨(仮想通貨)を管理します。

Life changing easily in encryption currency 00000

インターネットも分散型のシステムで、非中央集権的な世界ですが、暗号通貨(仮想通貨)も同様のものとイメージしておくと当たらずとも遠からずかもしれません。

形から入りたい、という方は以下の書籍をどうぞ↓

Coincheckを運営するレジュプレス共同創業者、大塚雄介氏による1冊↓

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン
大塚 雄介
ディスカヴァー・トゥエンティワン (2017-03-24)
売り上げランキング: 339

革新的な基幹技術に支えられて、特定の国や会社の事情に依存しない通貨が誕生したのです。

その代表格がビットコインという暗号通貨(仮想通貨)です。

ビットコインは暗号通貨(仮想通貨)の世界の基軸通貨の固有名詞です。

暗号通貨(仮想通貨)にはビットコインにとどまらずいろいろな種類があり、それぞれに異なった個性を持っています。

ものによってはブロックチェーンを使わない特定の会社が管理する中央集権的な暗号通貨(仮想通貨)もあったりと、事情はたくさんある暗号通貨(仮想通貨)によっていろいろです。

暗号通貨(仮想通貨)の中には主催者の集金を目的とした「詐欺コイン」と揶揄されるものもあり、今後社会問題として世間を騒がす機会が増えていくことが予想されるため、未知のものには警戒心を持っておくべきでしょう。

普通の人は暗号通貨(仮想通貨)全体を怪しいものと認識するかもしれませんが、怪しい暗号通貨(仮想通貨)と、怪しくない暗号通貨(仮想通貨)とがあるのです。

今年は暗号通貨元年ともいわれており、暗号通貨(仮想通貨)の普及にはずみが付くものと見られています。

この2017年4月1日から仮想通貨法が施行され、日本国内でも暗号通貨(仮想通貨)が正式に通貨として認められるようになりました。

暗号通貨(仮想通貨)は法定通貨による決済を代替することが期待されていますが、日本での実用面での普及はまだ限定的です。

現在は、投機・投資対象としての性格が強いものです。

暗号通貨(仮想通貨)は価格の変動があるため、利殖目的で売買されてもいるのです。

ただでさえ得体の知れない怪しい暗号通貨(仮想通貨)で、よりによってリスクのある投機・投資をするなんて正気の沙汰ではないと感じるかもしれません。

しかし、僕が使っているビットコイン取引所、Coincheckのチャットを見てもらうと、等身大の人間が投機・投資に参加していることが伝わってきて先入観を打ち砕かれるに違いありません。

暗号通貨(仮想通貨)は金融商品取引法の適用外であるため、暗号通貨(仮想通貨)の取引所には株や為替の取引所には見られないチャット機能があるのが特徴的です。

暗号通貨(仮想通貨)は免税

暗号通貨(仮想通貨)の持つ特徴の中で、我々庶民にとって重要な関心事の一つは国際通貨であるがゆえに免税であるということでしょう。

暗号通貨(仮想通貨)の運用によって利益が出ても、暗号通貨(仮想通貨)のままに置いておけば所得税などは発生しません。

ビットコインで支払うと、基本的には消費税が免税になります。

ビットコインで自動車を買えるお店もあるようです。自動車が300万円だとして、消費税は8%相当で24万円。圧倒的な節税効果です。

Amazonだと、purse.ioを介すればビットコインでの支払いができます。まだやったことがありませんが、こちらも免税になるという話です。

ビックカメラの東京2店舗が2017年4月7日からビットコイン支払いに対応。

残念ながらビックカメラではビットコイン支払いを指定しても消費税は免税にならない(ビックロの窓口に2017年4月6日に電話で確認)ということですが、所得税を回避した状態でいろいろなものが買える点で節税効果が大きいといえます。

社会インフラの維持は税金によって賄われているわけで、免税は一概によいことだとは言えませんが、暗号通貨(仮想通貨)を介することで、税金を払うかどうかを自分で決められるようになります。

人にお金をあげるときなども、現金でなく暗号通貨(仮想通貨)に替えてからにすれば贈与税が回避できます。

国がそれを認めるというのも凄い事態ですが、現行法ではどうにも縛りようがないのでしょう。

暗号通貨(仮想通貨)経済圏とでもいうべきものが、日本の社会の中にぽっかりと空いた大穴のように出現したのです。

暗号通貨(仮想通貨)にするとお金がガンガン増える?

マイナス金利時代になり、銀行にお金を預けておいても、意味のある利息はつきません。

Life changing easily in encryption currency 00015

一度時間外にATMから引き出すと、それだけで利息が吹き飛んでしまうほど。

ところが、貯金を仮に暗号通貨(仮想通貨)に替えておくとどうなるか?

僕が使っている国内のビットコイン取引所の代表格、Coincheckのチャートを見てみましょう。

以下はCoincheckのビットコインの年足チャート(※)ですが、ビットコインの円換算の価格が右肩上がりになっていることが分かります。

※暗号通貨(仮想通貨)の取引価格は取引所によって異なる

Life changing easily in encryption currency 00003

チャート中の最安値が1年前の約46,000円。2017年4月5日時点で128,000円ほど。利回りは1年で178%(トータル278%)

暗号通貨(仮想通貨)を安いときに買い、買った時より高く売るとお金が儲かるのです。

年間でビットコインの相場はおおよそ2.8倍になっています。1年前に10万円をビットコインに替えていたら、今頃は日本円換算で約28万円になっていたわけです。

俄には信じがたいでしょう? でもこれ直近1年の実績ですからね。可能性じゃなくて実績です。

暴力的、圧倒的な利回りです。

ビットコインの流通量が仕組み上制限されているのに対し、需要が増えているために価格の上昇が起こっています。途中でガクっと暴落しているのは、ビットコインだけに特有のハードフォーク問題がらみと、ETF非承認がらみです。

今後、暗号通貨(仮想通貨)の需要は増えると思いますか? 減ると思いますか?

免税、暴力的利回りという特権的なメリットを知った人を暗号通貨(仮想通貨)から遠ざけておくことはできないでしょう。

送金にかかるコストが約10円で済むのも、普及を強力に後押しする要素です。

銀行を使った海外送金の手数料は数千円に及ぶことがありますし、クレジットカード決済は販売者側が約10%の手数料を負担しています。

あなたも、インターネット通販で物を買うときに、暗号通貨(仮想通貨)で支払えば安く済むなら積極的に使おうとするでしょう。

だから、今後もビットコインおよび暗号通貨(仮想通貨)は価値を上昇させていくに違いありません。

もっとも、暗号通貨(仮想通貨)の価格変動は激しく、例えば日足のチャートなどを見ると大事な資産が減る局面もあり、ハラハラしてしまうかもしれません。

Life changing easily in encryption currency 00012

ただ、このビットコインに限っていえば現在の価格の変動率は微々たるもので、この日足チャートの最安値と最高値の差は約2%未満に過ぎません。このチャートの高さは、見えている部分の50倍あることに注意してください。チャートのギザギザは、産毛のようなものです。

安定的で投機に向かないビットコインは、暗号通貨(仮想通貨)界における金庫のような役割を果たしています。

Coincheckで取り扱われている他の暗号通貨(仮想通貨)の年足を見てみましょう。いずれも、分足、日足などで見ると「大丈夫かコレ」というぐらいチャートが暴れまくっていますが、年足で見ると綺麗なものです。

チャート 通貨 1年前の価格 今日の価格 利回り
Life changing easily in encryption currency 00003 BTC 約46,000円 約128,000円 約178%
Life changing easily in encryption currency 00004 ETH 約780円 約5,000円 約540%
Life changing easily in encryption currency 00005 ETC 約64円 約300円 約370%
Life changing easily in encryption currency 00006 LISK 約57円 約30円 約-26%
(直近の最安値からは約375%)
Life changing easily in encryption currency 00007 FCT 約180円 約470円 約161%
Life changing easily in encryption currency 00008 XMR 約100円 約2,260円 約2,160%
Life changing easily in encryption currency 00009 REP 約1,000円 約1,240円 約24%
Life changing easily in encryption currency 00010 XRP 約70銭 4.43円 約533%

おおよそ右肩上がりです。しかも圧倒的な。

これらの暗号通貨(仮想通貨)に振り分けておけば平均化され、資産の右肩上がりの増加はより間違いないものとなるでしょう。

この通貨の利回りを単純平均すると約392%。右肩上がりなので、値動きに応じてトレードをしなくとも、放置でいいのです。

Coincheckで下手に短期的なトレードをすると、無駄な損失が発生する可能性があります。

Coincheckは手数料無料というのがうたい文句ですが、売り買いの過程でいわゆるスプレッドというやつで実質的な手数料がかなり取られます。

暗号通貨(仮想通貨)で短期的な売買、いわゆるスキャルピングをしたければPoloniex(通称polo)がいいということです。僕は使ったことがありませんが。

放置するだけで暴力的な利回り! 何と素晴らしいことでしょう。暗号通貨を使っているかどうかで、人生に圧倒的な差が付いてしまうのです。

仮に年収分のお金を、これまでの利回りの実績を評価して暗号通貨(仮想通貨)に振り分けておけば、働かずして年収以上の収益が上がるってことですよね。

年収より貯蓄の方が多ければ、働かずして本業より稼げるということです。

これってすごくないですか?

暗号通貨(仮想通貨)の可能性を目の当たりにした人が漏らした感慨をCoincheckのチャットから紹介します。

  • 今ここにいる方は何だかんだと言っても勝ち組だと思います
  • 今からでも10倍どころか、全く読めないほどの魅力があるからここにいる。時代と社会の変わり目に参加できた事に幸運を感じる
  • まぁ今の時価総額トップ5ぐらいの通貨持って死んだふりしとけば確実に資産は数倍か数十倍になるわ
  • 多少の上下は繰り返すだろうけどこの業界への資金流入がどれだけあるか考えたら素人でも分かる事
  • 世界通貨総量 8000兆、世界株式市場 7000兆、日本株式市場 550兆、世界仮想通貨市場 1~2兆www ここにいるみんなホールドしとけば全員儲けられる。みんな、おめでとうw まだまだこれからよっ
  • あまりにパフォーマンス良すぎて1週間でプラスマイナスゼロだと実質負けですからね仮想通貨w
  • 私25歳ですが、投資6年やっててこんなに簡単なものはありませんww
  • 今ここで1000万投資してる人。数年後には10億だぞ。1億は安心してリタイヤ生活できないが、10億なら話は別。過去の世界情勢を考えてみろよ。社会の構造が変わる節目に投資できた人だけが受ける恩恵。過去の歴史が語っている。迷いはいらない。買って放っておくだけ。放っておくということが、日夜勤勉な人には想像しにくいこと
  • 1月の時点でイーサ100万円分買ってたら3月で500万以上になり、利確してリップルに500万全額投資、4月に入って10倍で5000万になってた
  • 仮想通貨が怪しくて手が出ない人が大半だと思います
  • 似ている例としてはインターネットの黎明期かと
  • 来月あたりの雑誌やらで暗号通貨の記事あがってこないかな 参入する人膨らんで盛り上がっていってほしい

ちょっと熱を帯びていて引いてしまうかもしれませんが、Coincheckのチャットを見ていれば、いろいろな方が異口同音にこのような発言をするのを確認できるはずです。このようなムードは暗号通貨(仮想通貨)への投資者界隈全般から感じることができます。

収入が減り、税金は増え、社会保障が後退する将来を悲観せざるを得ない今の社会において、この熱気溢れる暗号通貨(仮想通貨)コミュニティは異彩を放っています。

今の仕事に行き詰まりを感じていたり、将来が不安なのなら、恐る恐るで構いませんのでこの熱気を体感してみてください。

人生を変えるきっかけになるかもしれません。

人より早いタイミングで暗号通貨(仮想通貨)に参入し先行者利益を!

先般紹介のチャートを見れば分かる通り、暗号通貨(仮想通貨)の値動きは基本的に右肩上がり。

ビットコイン(BTC)は、マーケットに登場した当初は1BTC=2円から始まっていますが、2017年4月現在は約130,000円。価格は約65,000倍になっています。

その過程でたくさんの資産を築く人を続々輩出しています。

2円時代から今に至るまでずっと保持している人はほぼいないと思われますが、仮にそういう人がいたとしたら、資産を65,000倍にできたということです。

これが1年前にビットコイン(BTC)を買った人になると、1BTC=約46,000円。現在は約130,000円なので、1年前から保持していた人は資産が約2.8倍になっていることになります。

これが、暗号通貨(仮想通貨)の先行者利益です。少しでも早く投資した人が、大きなメリットを享受できる可能性が高いのです。

無くなっても惜しくない、例えば10万円を暗号通貨(仮想通貨)に替えて1年間運用してみて、利回りを評価してみてはいかがでしょうか。こうなると時は金なりです。

その運用成績が、暗号通貨(仮想通貨)の圧倒的なパワーを証明してくれることでしょう。ぜひ、自分の手元で確認してください。

ちなみに、暗号通貨(仮想通貨)コミュニティ間で鉄板と言われている暗号通貨(仮想通貨)は、元祖かつ王者たるビットコイン(BTC)、新鋭プラットフォームのイーサリアム(ETH)、送金をとりなす黎明期のリップル(XRP)です。

時価総額のトップ3が、この三つの通貨でもあります。

円に対しての価格は高くなったり安くなったりなので、いくら右肩上がりといえども元本割れが発生する可能性も当然あります

スプレッドの関係で、例えば1,000円入金してすぐビットコイン(BTC)などに替えると元本割れの状態から始まりますし。

リスクを取らずに暗号通貨(仮想通貨)のもたらすメリットは享受できません。

しかし、暗号通貨(仮想通貨)はこれまで説明してきた通り革命的です。

人生を変えるために、暗号通貨(仮想通貨)の運用を始めてみてはいかがでしょうか。

とても信じられないという人ほど、この世界のダイナミズムを味わってみるべきです。

例えば、以下は2017年4月13日の4:00に起きたETH(イーサリアム)という暗号通貨(仮想通貨)に起きた暴騰です。4,900円から5,500円まで、一瞬で12%も騰がりました。

Life changing easily in encryption currency 00016

これが画期的だったから取り上げたというのでなく、これを書いた(書き足した)日にたまたま起きた暴騰なので取り上げているだけです。

暴騰しても、呼応して売りに出す人が出て直後から値段が下がる局面に入るため、このまま固定化されることはありませんが、このようなダイナミックな値動きは日常茶飯事です。

きっと、1年といわず、1カ月もすれば、ここで説明をしたことが実際の結果で体感できるでしょう。

暗号通貨は小数単位(0.005BTCなど)で買えるので、少額から始めることができます。

本当に試した方がいらしたら、ぜひコメントで運用結果を教えてください。

コインの盗難多発について

暗号通貨(仮想通貨)取引所に置いている暗号通貨(仮想通貨)は、悪意の第三者に狙われています。

不幸にも、当ブログをきっかけに始めた方が盗難に遭ったということです。

下記のミニアドバイスにも手順として書いてはありましたが、二段階認証を有効にしてセキュリティを高めておいてください。

二段階認証を有効にしていないと、総当たり方式で突破されるようです。ログインに成功した悪意の第三者は、被害者のアカウントから自分のアカウントに暗号通貨(仮想通貨)を送金してしまいます。

現状、このような被害があった場合に補償してくれる取引所はありませんのでご注意ください。

ハードウェアウォレットに移し、オンラインに置かない暗号通貨(仮想通貨)の保管方法もあります。

当ブログを通じて暗号通貨(仮想通貨)投資に参入した方、という狭い範囲でも起きうることなので、頻度としては相当高いと思っていいでしょう。ご注意ください。

Coincheck入門ミニアドバイス

元本保証はありません! しかし実績としては爆益。責任は負えませんが。

興味はあるが、どっからどう始めていいか分からないという人に向けて、入門手順をミニアドバイス。

  1. Coincheckにアカウントを作成
  2. 本人確認書類(運転免許証の表裏)をWebフォームで提出
  3. 審査完了で入金制限を撤廃
  4. 2段階認証を有効にする
  5. 銀行振込で日本円を入金。最初は10万円ぐらいがいいかも。住信SBIネット銀行なら月3回まで振込手数料無料なので無料で入金できて最強
  6. コインを買う」からBTC、ETH、XRPを購入。割合は1:1:1で。注目株はXRP。XRPは先々1,000%以上の期待感あり。祭りに乗りたいという人はXRPを多めに。BTCだけは「トレードビュー」から成行注文で「買い成行注文」を出すと「コインを買う」より手数料が概ね安価。より安全を取りたい場合は、上表の年足や利回りを参考に安定的に右肩上がりになっている分散先の通貨を買う。FCTなどはその一例
  7. 購入する際は、できるだけチャートの上の方では入らない。1分足、5分足だけじゃなく、日足で現在位置を確認し、値下がりして下にたれてきたら最も下の辺りでタイミングを見計らって通貨を購入
  8. 買ったら放置! 下がっても絶対通貨を乗り換えたりするな! 長期なら勝てる! 放置こそ最強! フラフラ乗り換えるとスプレッドで削られる。これがいわゆる手数料貧乏
  9. 相場がガクっと下がったら、平均取得価格を下げるために買い足してもいい(ナンピン買い
  10. 通貨が暴騰する局面に出会って信用取引を選択し、レバレッジをかけたくなるかもしれないが、絶対やるな。絶対に。チャートが暴れまくる暗号通貨(仮想通貨)は、いわゆる現物取引が基本。現物取引なら、相場が下がっても無期限に回復を待てる。小さく勝って種銭を育てよ
  11. 上がったものは下がる。下がったものは上がる。暴騰したものは暴落する。暴落は暴騰のきっかけにもなる。全体としては右肩上がりなので、大局(年足)を見よ!(年足はアプリ版(iOS版 / Android版)でしか見られないようです)

これも、Coincheckのチャットに参加していればいろいろな人が上記のような話をするはずです。参考にしてください。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 - 暗号通貨

dropbox_sale_banner evernote_sale_banner_03