ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

高精度機械翻訳「DeepL」を使いやすくするiOS用ショートカット「DeepL翻訳」

      2020/05/11

Shortcut for ios deepl translation 00000

最近、Google翻訳の向こうを張る機械翻訳のニューフェイス、DeepL翻訳が話題になっています。

機械学習を応用したニューラルネットワークベースの翻訳エンジンによる翻訳結果の精度の高さが絶賛を浴びているようです。

実際に使ってみると自然な感じの英文、和文が得られているようです。

筆者は英語があんまりよく分からず、主観的評価ができないので歯切れが悪くてすいません(笑)。

DeepL翻訳はWindows用、MacOS用のアプリが提供されており、このアプリの使い勝手が絶賛されているのもよく見かけます。

起動すると常駐し、Command + C(Ctrl + C)を2回押すとクリップボード上のテキストが翻訳されるという動作になっています。

Shortcut for ios deepl translation 00001

当然スマートフォン用のアプリもあるものと探すも、まだ提供されていないようです。

そこで、iOSのショートカットアプリで「DeepL翻訳」を使いやすくするショートカットを作成しました。

Shortcut for ios deepl translation 00004

iOS用ショートカット「DeepL翻訳」

ウィジェットや、ショートカットアプリ内から実行する場合はクリップボード上のテキストを翻訳できます。

テキストを選択したときに出る共有メニューから実行する場合は、選択したテキストを翻訳できます。

実行方法 翻訳対象
ショートカットアプリ内 クリップボード上のテキスト
ウィジェット
共有メニュー 選択したテキスト

筆者おすすめの実行方法は、

  1. アプリ使用中に翻訳したいテキストをコピー
  2. 画面上からスワイプダウンで通知センターを引き出す
  3. 通知センターを右側にスワイプし、ウィジェットを表示
  4. ウィジェットから実行

というものです。状況を問わず、常に同じ操作で実行できるので手が慣れるはずです。

翻訳元、翻訳先は自動判定(日英のみ対応)

英語らしきものをコピーすると日本語へ、日本語らしきものをコピーすると英語へ翻訳します。入力テキストの言語をショートカットの機能を使って判定し、その結果を元にDeepLの所定ページにテキストを送る仕組みとしているため、DeepL翻訳本来の多言語対応にはなっていません。

こうなっているのは、DeepLのルートページにテキストを送る方法が分からないからです。

「DeepL翻訳」ダウンロード

ダウンロードはこちらからできます。

iOS用ショートカット「DeepL翻訳 (多言語版)」

当初は日英翻訳対応版だけの公開でしたが、リクエストがありましたので多言語対応版も作成しました。

Shortcut for ios deepl translation 00005

Shortcut for ios deepl translation 00006

かなり処理が長くなったので共有メニューからの実行時は面食らうかもしれません。

翻訳先は手動選択(11言語対応)

「DeepL翻訳 (多言語版)」は、翻訳先の言語を11言語 – 1言語から手動で選択できるようにしました。

ペアを日英のみに限定したことで全自動のノーマル版と異なり、毎回翻訳先の言語を選択する必要があり、その分手間がかかります。

また、「DeepL翻訳 (多言語版)」には原文中の改行を削除する機能があります。

PDFからのコピペで役立つかと思われます。

改行を削除の問い合わせをするかしないかを設定で変更可能です。

具体的にはjoin_paragraphを1にすると問い合わせあり、0にすると問い合わせなし(改行削除機能を使わない)です。

Shortcut for ios deepl translation 00007

「DeepL翻訳 (多言語版)」ダウンロード

ダウンロードはこちらからできます。

インストール方法

インストール方法については、以下を参照してください。

実行例と活用例

共有メニューからの実行例。

筆者の環境では並びが随分下の方ですが……。

Shortcut for ios deepl translation 00002

一番下にある「アクションを編集…」から「+」ボタンを押して一軍に編入すると順番を繰り上げることができます。

Shortcut for ios deepl translation 00003

ウィジェットからの実行例。

公式Twitterクライアントはテキスト選択後に出てくるメニュー内に「共有」がないため、一度翻訳対象のテキストをクリップボードにコピーし、ウィジェットから実行しています。

 - iOS