ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

mineoの「ゆずるね。」宣言を自動化して夜間フリー(23時〜7時パケット使い放題)特典獲得を有利にする

   

Mineos yuzuru ne automate your declaration to take advantage of getting night free 00000

格安SIMのmineoに「ゆずるね。」という制度があります。

昼間の混雑時(12:00〜13:00)に回線をほとんど使わない選択をすることで、様々な特典がもらえるというもの。

  1. 毎日11:30までに「ゆずるね。」ボタンを押す(mineoアプリ内やマイページ上に存在)
  2. 12:00〜13:00まで数MB程度にパケット使用量を抑える

これを一カ月間に10回成功させると、翌月1カ月間適用される「夜間フリー」という特典がもらえます。

「夜間フリー」は、23:00〜7:00まで、どれだけパケットを使っても残容量が減らないというもの。

この「夜間フリー」は混雑時の使用を控える代償としてもらえる特典としては十分以上の価値があるように思います。

例えば、マイピタ1GBシングル(データ専用)は月800円。

「ゆずるね。」制度で「夜間フリー」を獲得し、夜間専用のサブ回線に回せばかなりの戦力になるのではないでしょうか。

Mineos yuzuru ne automate your declaration to take advantage of getting night free 00002

しかし、毎日アプリやマイページを開いて「ゆずるね。」ボタンを押すというのは、一番皆が使いたい時間帯に我慢する側としてやらされるべきことなのだろうか? とは疑問に思います。

そこで、毎日の「ゆずるね。」ボタンを押す操作を自動化してみました。

特に手続きなく、昼間に我慢しさえすれば夜間パケット使い放題ということなら、手放しに賞賛できます。

ちなみに、「ゆずるね。」ボタンを押したからといって12:00〜13:00にパケットを使えないわけではなく、規定以上にパケットを使ってしまうとその日は「ゆずるね。」宣言が失敗というだけなので、制度設計が柔軟にできていると思います。

「ゆずるね。」自動化対応環境

  • Tampermonkeyを導入した標準Webブラウザがインストールされていること
  • 毎日定期的にmineoのログインページをTampermonkeyを導入した標準Webブラウザで表示する仕組みが用意できること

筆者はmacOSを使用しており、TampermonkeyをインストールしたSafariで実行しています。

毎朝自動的にmineoのログインページを開くのには、macOSの「システム環境設定>省エネルギー>スケジュール>起動またはスリープ解除」、cron、openコマンドを使っています。

これにより、スリープから自動的に復帰した後にmineoのログインページを開くということを実現しています。

Windows 10ではタスクスケジューラでスリープを解除しつつコマンド実行ができ、startコマンドでURLを開くことができるので、同様にできるはずです。

Tampermonkeyを導入したWebブラウザを標準のWebブラウザに設定するのが肝要です。

普通はGoogle Chromeがいいでしょう。

なぜWebブラウザを使うかというと、mineoのログインページがreCAPTCHAで保護されているからです。

mineoマイページオートログイン、「ゆずるね。」宣言自動化UserScript「MineoAutoYuzuruneDeclare.js」

この目的で作ったのが、Tampermonkey用のUserScript「MineoAutoYuzuruneDeclare.js」。

Webブラウザ、Tampermonkey、「MineoAutoYuzuruneDeclare.js」との関係は以下の図のような感じになっています。

Mineos yuzuru ne automate your declaration to take advantage of getting night free 00001

従って「MineoAutoYuzuruneDeclare.js」を使うに当たっては、

  1. 各WebブラウザにTampermonkeyをインストール
  2. Tampermonkey上に「MineoAutoYuzuruneDeclare.js」を登録

という準備が必要になります。

WebブラウザへのTampermonkeyのインストール

動作には各Webブラウザ用のTampermonkeyが必要です。

インストールし、有効にするまではそんなに難しくないので詳細な手順は割愛します。

TampermonkeyへのUserScript「MineoAutoYuzuruneDeclare.js」インストール

まずはアドレスバー辺りに表示されたTampermonkeyのアイコンをクリック。

表示されるメニュー「新規スクリプトを追加…」を選択。

Add links to keepa and sakura checker to amazons product pages 00003

すると、「<新規スクリプト>」というタイトルでエディタが開かれます。

Add links to keepa and sakura checker to amazons product pages 00004

以下のUser Script「MineoAutoYuzuruneDeclare.js」をコピー。

// ==UserScript==
// @name         MineoAutoYuzuruneDeclare
// @namespace    http://hitoriblog.com/
// @version      0.1
// @description  ログインページ(https://login.eonet.jp/auth/Login/mineo)にアクセスするとmineoマイページに自動ログインし、「ゆずるね。」ボタンを自動的に押す
// @author       moyashi
// @match        https://login.eonet.jp/auth/Login/mineo*
// @match        https://login.eonet.jp/auth/Login/initPassword
// @match        https://my.mineo.jp/mvno_cp/*
// @grant        none
// @require      https://code.jquery.com/jquery-3.4.1.slim.min.js
// ==/UserScript==

// ログインID
var eoid = "●●●●●●●●●";
// パスワード
var password = "●●●●●●●●●";

(function() {
    'use strict';

    var page_login = "https://login.eonet.jp/auth/Login/mineo";
    var page_password = "https://login.eonet.jp/auth/Login/initPassword";
    var page_mypage = "https://my.mineo.jp/mvno_cp/";

    var submit_yuzurune = function() {
        var input_yzr = $(".box_yzr_btn .mp_btn01");
        if (input_yzr.length > 0 && $(".box_yzr_btn.off").length == 0) {
            input_yzr.click();
        }
    }

    var is_on_page = function(url) {
        if (document.location.href.indexOf(url) == 0) {
            return true;
        } else {
            return false;
        }
    }

    $(document).ready(function(){
        if (is_on_page(page_login)) {
            var input_eoid = $("#eoID");
            if (input_eoid.length > 0) {
                input_eoid.val(eoid);
                $("#btnSubmit").click();
            }
        }
        if (is_on_page(page_password)) {
            var input_password = $("#password");
            if (input_password.length > 0) {
                input_password.val(password);
                $("#btnSubmit").click();
            }
        }
        if (is_on_page(page_mypage)) {
            setTimeout(submit_yuzurune, 5000);
        }
    });
})();

コピーした「MineoAutoYuzuruneDeclare.js」をエディタにペースト。元の内容を上書きしてしまいます

以下の部分を自分のものに書き換えます。

// ログインID
var eoid = "●●●●●●●●●";
// パスワード
var password = "●●●●●●●●●";

メニュー「ファイル>保存」で完了です。

Add links to keepa and sakura checker to amazons product pages 00006

UserScript「MineoAutoYuzuruneDeclare.js」の動作テスト

UserScript「MineoAutoYuzuruneDeclare.js」をインストールしたブラウザで以下のリンク先のmineoへのログインページに行くと自動的にユーザID、パスワードが入力され、マイページが表示されます。

マイページの表示を終えて5秒後に「ゆずるね。」宣言ボタンが押されればOKです。

自動化設定手順(macOS)

毎朝8時にスリープを解除し、mineoのログインページを表示させる手順です。

「システム環境設定>省エネルギー>スケジュール…>起動またはスリープ解除」を「毎日」、「7:59」に設定。

Mineos yuzuru ne automate your declaration to take advantage of getting night free 00003

ターミナルを起動し以下のように操作。

crontabを編集。

crontab -e

viが起動したら、「j」でカーソルを下に移動。最終行に移動し、「o」(小文字のオー)で新行を追加しつつ編集モードに。

以下をクリップボードにコピー。

ターミナルに戻ってペースト。Escキーで編集モードを抜け、「:wq」、さらにエンターキーで保存終了。

これで、毎朝7時59分にMacがスリープから自動的に復帰し、8時になったらmineoのログインページが表示され、「MineoAutoYuzuruneDeclare.js」で自動処理が実行されます。

crontabから登録を解除したい場合は、vi起動までは同じ。

vi起動後、「j」で当該行まで移動。「dd」で行削除。「:wq」、エンターキーで保存終了。

自動化設定手順(Windows 10)

Windows 10では、以下のページでの例のようにできるはずですが、うまくいかなかったので識者のレポート待ちです。

タスクの条件に「タスクを実行するためにスリープを解除する」という設定があり、「設定>アカウント>サインイン オプション>サインインを求める」を「常にオフ」にして、スリープさせてもサインインを求めないようにすればやりようがあると思うのです。

タスクスケジューラに実行させるバッチファイルの中身は、以下のようになります。これで標準のWebブラウザでmineoログインページを表示できます。

表示さえさせてしまえば、続く自動処理はTampermonkeyがやってくれます。

cmd /c start https://login.eonet.jp/auth/Login/mineo

省エネ運用を諦め、スリープ移行をやめて、画面のオフだけにとどめればそれほど考えることはないと思います。

 - 格安SIM