ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

「ミューズノータッチ」電動泡ディスペンサーが非常に便利!

      2016/01/12

ハンドソープを泡状にして自動的に出してくれると意外に便利

2016年1月12日追記: 便利でいまだに毎日使っています。2人〜3人家族(最近増えました)ですが、電池を交換したのは10回はありません。非常に電池持ちがいいですね。日々の生活に定着するのでぜひお試しを!

ハンドソープをフワッフワの泡にして、自動的に手の上に出してくれるミューズノータッチを買ってみました。

薬用石鹸ミューズの関連商品で、専用の液体石鹸を使うようになっています。

これが、非常に便利だったので紹介します。

動作の様子を動画にしてみました。

手を近づけるだけで泡が出てくる

ミューズノータッチは、乾電池で動く電動マシン。電源は単3電池4本。

ボタンは一つも付いていません。

本体前面に接近センサーが付いていて、手を近づけるとそれを検知。

フワフワの泡がモコモコと出てきます(冒頭の動画参照)。その名の通り手で触らずに済み、衛生的に使えるのがいいですね。

泡のキメは非常に微細で、ハンドソープを手でこのレベルまで泡立てるのは無理でしょう。これを自動的にやってくれるのですから、ありがたいものです。

詰替ボトルと使用可能回数

詰替ボトルの容量は250ml。1回の使用量が約1mlなので、1本のボトルで250回使えることになります。

1日に3回使うとして、83日持つ計算です。

詰替ボトルは1本約500円。ちょっと詰替ボトルが高い感じですね。

コストは1回当たり2円ということになります。詰替ボトルに穴を開けて、安価な洗剤を使っている例もあるみたいです。

使い続けている理由(2016年1月追記)

半分は「別に普通のハンドソープでもいいけれど」と興味本意で買ってみたのですが、既に購入から4年弱経過するも使い続けています。

これほどまでに定着したのは、ほぼメンテナンスフリーで、ミューズノータッチを使ったがために新たに発生する手間がほとんどないことが理由です。

  • 電池持ちがよく、ほとんど電池交換を意識せずに使える
  • ミューズを泡状にして一定量出すため、無駄なく使えて長持ちする
  • 手で触らないため、設置している一角含め、本体が汚れない

普通のミューズより使用量が少なく済んでいるのは見逃せないポイントでしょう。

本体セットが約1,000円

初期導入時は本体セット。以降は本体上に乗っている詰替ボトルだけを買えばいいようになっています。

本体セットが約1,000円。4年前より300円ほど安くなっています。

2016年1月現在は、ミューズノータッチ本体セットグレープフルーツに70円のクーポンが設定されていて、1,000円を割る価格で購入可能です。

使い続けて詰め替えを買う人が多いからこそできる価格設定なのかもしれませんね。

 - 生活

dropbox_sale_banner evernote_sale_banner_03