ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

iPhone 5はバンパーを装着してもなおiPhone 4Sより軽い

      2012/11/16

ケースは不要!

ひとりぶろぐのmoyashi (@hitoriblog) です。

僕はiPhoneを裸で使う主義。

美しいデザインが損なわれ、また重くなるのが嫌で、これまでiPhoneはケースに入れずに使ってきました。

iPhone 5は傷付くらしい

iPhone 5は黒にしました。

今回のiPhoneはアルミ製。4Sまでのステンレスよりは柔らかい。

そして、黒はアルマイト処理で表面に黒い色が着いています。

加工精度の高さもあいまって美しい仕上がりですが、角の部分がすぐ削れてアルミの地色が出てしまうようです。

My new iPhone 5 black, 64GB, received from Apple :)

Photo: virgile-fontaine

これまでケースに入れて使わなかったのは、入れずにいても支障が無かったからで、目に見えて傷が付くというのでは、ちょっと臆してしまいます。

今回はやむなく主義を曲げて、ケースに入れて使うことに。

できるだけ軽い方がいいのでバンパーを選択

軽さが売りの一つでもあるiPhone 5。

その軽さのスポイルを少しでも軽減することを願ってバンパータイプのケースを選択しました。

バンパーとは、本体を取り囲むようにして外周を守るタイプのケースのことです。

iPhone 5の、角が弱いという欠点を補う点でも合目的的です。

今回はAppleから出ていないので、サードパーティーのものから選ばざるを得ませんでした。

チョイスしたのはiBUFFALOのBSIP12PCTB。ピンク、ブラック、クリアの3色あります。

iBUFFALO New iPhone(2012年)用 TPUバンパーケース

NewImage NewImage NewImage

僕はクリアを選びました。装着すると以下のような感じです。(続きは[Read More]から)

SDIM3586

▲ソフトシリコン製で持ちごこちマイルド。フチはタッチスクリーンの上までやや飛び出すタイプです。SDIM3580

▲裏面は、フチから中央に向かってのせり出しが大きくなっています。

SDIM3583

▲ボリュームボタン、サイレントスイッチは、やや奥まった感じになります。

SDIM3564

▲Lightning、ヘッドフォン端子、スピーカー、マイクを避けるような開口部となっています。

重さを計ってみた

iPhone 5にバンパーを装着した状態で持ってみると、まだまだ軽い。

ひょっとすると、これは……。

何も着けていないiPhone 4Sと比べてみました。

まずはiPhone 4Sから

SDIM3531

iPhone 4Sの本体だけで約140gです。

iPhone 5+バンパー

SDIM3539

iPhone 5とバンパーの合計で約127gでした。

やはりバンパー込みでも、iPhone 4S単体の重さより軽いではありませんか!

これなら、バンパーを着けていても負けた気がしません。

むしろ、大勝利といえましょう。これだけ軽いなら、次はアルミのバンパーに挑戦してみようかしら。

やはり軽さというのは正義ですね!

iBUFFALO New iPhone(2012年)用 TPUバンパーケース

NewImage NewImage NewImage
PGA iPhone5対応TPUバンパー クリアピンク PG-IP5TP12PK
リックス/PGA (2012-09-20)
売り上げランキング: 6559
PGA iPhone5対応アルミバンパー シルバー PG-IP5BP01SV
リックス/PGA (2012-11-01)
売り上げランキング: 3487
PGA iPhone5対応アルミバンパー ブラック PG-IP5BP02BK
リックス/PGA (2012-11-01)
売り上げランキング: 3193
PGA iPhone5対応TPUバンパー クリア PG-IP5TP10CL
リックス/PGA (2012-09-20)
売り上げランキング: 542
PGA iPhone5対応TPUバンパー クリアブラック PG-IP5TP11CB
リックス/PGA (2012-09-20)
売り上げランキング: 1073

 - iPhone

Furusato nouzei banner