ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

リビングのAVラックに置けるPT3×2搭載録画サーバを組んでみた(2013年4月)

      2016/05/12

2016年2月22日追記: チューナーボードPT3のメーカー、アースソフトから、受注終了がアナウンスされました。PT3だけでも早めの確保をおすすめします。
2016年1月追記: 作ってから約3年が経過しましたが、サスペンドを挟む省エネ運用で、今までノントラブル、快調に動作しております。

もくじ

録画サーバを新調!夢のAVラック設置を実現!

ひとりぶろぐのmoyashi (@hitoriblog) です。

テレビ番組を録画するために使うPC、録画サーバを新調しました。AVラックに置け、テレビチューナーカードを2枚挿すことができる横型のPCが欲しかったので、必然的に自作PCになりました。

完成形はこんな感じ。写真中央の黒いPCがそれです。AVラックに置けると、こんなにスッキリします。

組み立て終わり、AVラックに収めた瞬間のカタルシスは大変なものがありました。思わず、いろんな角度から眺めてしまいました。

DSC03808

HDDはホットスワップ対応

3.5インチベイ2スロットは、両方共ホットスワップ対応。

ケース前面から簡単に換装できるため、HDDが一杯になったらHDDをリムーバブルメディアのごとく差し替えられて非常にラク。

DSC03735

静音性よし

静音性を考慮して作られたケース、電源をチョイスしたら、動作音が静かなPCになりました(比較対象はML115 G5ですが……)。

CPUファンにCPU付属のものを利用しているなど、まだ静音化の余地を残していますが、棚置きしていることもあってほとんど気になりません。

このPCの側にいるときは基本的に液晶プロジェクターを動作させており、液晶プロジェクターの排気音の方がPCの動作音よりずっと大きいため、うちの環境ではこれ以上の静音化の必要が薄いのですよね。

ともあれ、完成した新録画サーバには大変満足できました。

録画サーバの新調を考えている人の参考になれば

録画サーバを作りたい、更新したいと思いつつ、PCの時流に付いていけず億劫になっている人は少なくないのではないでしょうか。

PCの時流に付いていけてない僕は、今回のPCを組むに当たり、時流をつかむためのリサーチで知恵熱を出しました。

今回の検討がだれかの参考になるかもしれませんので、組み上げるまでの過程を書いてみたいと思います。(続きは[Read More]から)

ストレスフルだった旧PC

これまで録画サーバに使っていたのはhpのミドルタワー型サーバマシンHP-ProLiant-ML115 G5。

15,000円程度と激安価格につられて買ったのですが、生活空間に置くにはいささか厳しいものでした。

ケースファンがかなりうるさく、低回転のものに変えようとするも、マザーボードのBIOSがファンの回転数をチェックしていて、一定以下の回転数だと警告が出て起動しない。

Windows XPにおいてサスペンドモードが利用できず、休止状態(ハイバネーション)を挟む運用をしていたのですが、休止からの復帰時はBIOSからの起動。BIOS画面ではファンがフル回転になるため、予約録画の時間になるたび、ML115 G5が爆音を発するといった有様で、大変悩ませられました。

NewImage

マザーボードの換装を考えましたが、本機は背面の端子パネルが板金になっていて、それがままならない。

ミドルタワー型なので、AVラックに置くことができず、AVラックからケーブルを引き出しつつ床置きしていましたが、ケーブルがずるずると伝って見苦しい。

そんな有様でも騙し騙し使ってきましたが、ついにBIOSが起動しなくなったのでお払い箱に。

ML115 G5での失敗で、メーカー製PCには懲りました。やはりコストが高くなろうがパーツの交換の自由度が保証されている自作PCに限ります。

いざ自作!メインコンセプトに従いパーツの収集

何度も書いた通り、ヘッドルーム16cmのAVラックに置ける横型のケースを使った録画サーバを作る。

これを基本コンセプトとしてパーツの収集を開始しました。そのほか要件として挙げていたのは以下です。

  1. 録画のみならず、mp4(H.264/AAC)へのエンコードもこなしたいので、それなりのCPUパワーのもの
  2. 進化したQSV(Quick Sync Video)によるエンコードスピード高速化のメリットを享受するため、アーキテクチャはIvy Bridge
  3. 可能なら手持ちのPT2×2枚を流用できるもの
  4. 可能な限り静音
  5. ピークパワーよりは安定性
  6. サスペンド運用に問題の無いもの

パーツの収集はすべてAmazonで済ませました。

ケース: Silver Stone Grandia GD06 SST-GD06B

DSC03717

検討の土台となるのはケースです。HTPC向けの中からチョイスしました。

紆余曲折の末、SST-GD06Bに決定。

HTPC向けケースには、僕が選んだSST-GD06BのようなMicro ATX、Mini-DTX、Mini-ITXサイズまでのマザーボードしか入らないものと、 E-ATX、ATXサイズのマザーボードまで入るもっと大型のものがありますが、E-ATX、ATXサイズのマザーボードが入るケースはかなり大きくなり、全高がAVラックのヘッドルーム16cmに収まりません。

もっと問題なのは奥行きで、E-ATX、ATX対応のケースはAVラックから完全にはみ出てしまうことが判明したのでE-ATX、ATX対応のケースは候補から外しました。

全高だけなら、最悪AVラックの棚を上下させて入れることもできたのですが、奥行きはどうにもなりません。

逆に、SST-GD06Bよりもっと薄くて小さいHTPC向けケースもありますが、それはそれで光学ドライブにスリムドライブしか使えないであるとか、何かの機能が排他利用であるなどの制約がキツくなってきます。

SST-GD06Bのサイズや機能は、それらの中庸に位置します。

SST-GD06Bを選んだ決め手は、次のようなものです。

  • ルックスと、16cmまでという条件にかなった全高
  • AVラックに押し込んでも後ろにケーブルを這わせる余裕が出来る34cmという奥行き
  • HDDを前面から交換できるホットスワップに対応した3.5インチベイ搭載であり、巨大なデータを扱う録画サーバにおあつらえ向きであること
  • 静音性がそこそこいいらしいということ
  • 設計が比較的新しく、USB3.0対応であること
  • 5インチドライブは通常のサイズのものが1台取り付け可能であること

部品の流用を考えていたので、最後のものも決め手の一つになりました。5インチベイは何かとつぶしが利きますから、光学ドライブを外して何かを取り付ける目的に使う展開が将来あるかもしれませんしね。

SilverStone Grandia 黒 デスクトップ型SST-GD06B
Silver Stone
売り上げランキング: 8,648

マザーボード: ASUSTek P8H77-M PRO

ケースSST-GD06Bに入るmicroATXサイズ、かつ、Ivy Bridge対応のマザーボードは? といった問いかけで始まったマザーボード選び。

CPUにIvy Bridge世代のものを買うつもりなので、チップセットはH77ないしは上位のZ77になります。安定性重視なのでオーバークロックはしないつもり。安価なH77のものから選ぶことにしましたが、H77のmicroATXマザーボードは、スペースの制約からレガシーフリーが徹底されており、手持ちのPT2を使うために必要なレガシーPCIスロットが付いていないものばかりです。

DSC03699

H77でも、大きいATXサイズのマザーボードだとレガシーPCIを搭載しているのですが、基本コンセプト、「AVラックに入るもの」を貫くため、PT2流用は泣く泣く諦め、PT3を新たに買うことにして、評判のいいP8H77-M PROを選択。

▼付属品と共に。

DSC03700

▼「PCI Express x1」が2本あることを確認。PT3が問題無く2枚挿しできます。

DSC03702

▼メモリスロットは4本。

DSC03704

▼端子面。消費電力を抑えるためにビデオカードは挿さず、CPUに搭載されているIntel HD 4000を使うつもりなので、AVシステムに組み込むにはマザーボードからのHDMI出力は必須……ちゃんとありました。

DSC03707

ASUSTek Intel Socket 1155 DDR3メモリ対応 M-ATXマザーボード P8H77-M PRO
Asustek (2012-04-08)
売り上げランキング: 4,807

CPU: Intel Core i5 3570K 3.4GHz 6M

さて、CPUはどれにしよう?

MPEG2/MPEG4 AVCのハードウェアエンコーダであるQSV(Quick Sync Video)のためにIvy Bridge世代のものは前提として、CPUのグレードをどれにするか。僕はこの1台で録画からH.264へのエンコードまで済ませたかったので、ハイスペックなCore i5ないしはi7から選ぶことにしました。

Ivy Bridge世代のCPUは熱設計がまずく、発熱が凄いという話だったので、理想的なエアフローが期待できない比較的小型のHTPC向けケースを使うこともあり、とりわけ熱への不安が大きいIntel CPU Core i7 3770Kは避け、Intel CPU Core i5 3570Kにすることにしました。

QSVに対応したエンコーダArcSoftのMediaConverter 8において、地デジ(1440×1080)、BS(1920×1080)どちらの30分番組も5分程度でエンコードできているので、3570Kでも処理速度は十分かと思います。

DSC03696

ファンは、とりあえず付属のものを使うことにしました。

DSC03697

このクラスのCPUを使うので、月の電気代の関係から常時電源オンは避け、普段はサスペンドさせる運用を前提に考えました。

Intel CPU Core i5 3570K 3.4GHz 6M LGA1155 Ivy Bridge BX80637I53570K【BOX】
インテル (2012-04-29)
売り上げランキング: 1,205

CPUファン静音化のための選択肢として、HTPC向け横型ケースに都合のいい薄型CPUクーラーSAMUEL 17の導入を検討しています。12cm静音ファンとの組み合わせで低回転化でき、静音化の効果が期待できます。しかし、前述の通り、このPCの周囲に騒音源があるので、これ以上の静音化が急務にはなっていません。さらなる静音化は、おいおい様子を見ながらやっていくことにしました。

メモリ: W3U1600HQ-4G/N(4GB × 2)

ASUSTek P8H77-M PROに適合したメモリをチョイス。W3U1600HQ-4G/NはDDR3 PC3-12800 CL9かつ、ヒートシンクが付いていながら安価ということで、ほぼこれ一択状態のようです。

DSC03756

動画の録画/再生ぐらいしかしないPCなので、8GBあれば十分だろうということでこれにしました。まだメモリスロットが二つ余っているので、さらなる増設の余地を残しています。

チューナーボード: アースソフト PT3 Rev.A

ケースのサイズ、CPU/マザーボードの世代からレガシーPCIスロットを確保できないことが確定したので、手持ちのPT2の流用を諦め、PCI Express x1のチューナーボード、PT3に刷新。無論2枚挿しです。

DSC03709

8チューナーのPLEX PX-Q3PEが2013年5月に出る予定ですが、アースソフトを応援したいというのと、実績重視です。

PT3 Rev.A
PT3 Rev.A
posted with amazlet at 13.04.22
アースソフト
売り上げランキング: 754

ICカードリーダー: NTT-ME SCR3310-NTTCom

B-CASカードを挿入するICカードリーダは定番のNTT-ME SCR3310-NTTComを使用。これは旧PCからの引き継ぎです。Linuxでも使えていいですね。PLEX製のチューナーカードにはカード上にICカードリーダが付いていますが、僕はアースソフト推しですのでICカードリーダが必要になるのです。

NTT-ME SCR3310-NTTCom

NTT-ME SCR3310-NTTCom
NTT-ME SCR3310-NTTCom
posted with amazlet at 13.04.22
NTT-ME (2007-07-24)
売り上げランキング: 606

ケース内USB端子確保用アダプタ: AR-UPIPO-C / AR-UPIPO-A

B-CASカードを挿入するICカードリーダをケース内に内蔵するため、マザーボード上の9ピンUSB端子をUSB TypeA端子に変換するアダプタを用意。

DSC03780

二つ買ったのは、どちらの方が都合のいい形状か判断できなかったからです。結論から言うとAR-UPIPO-C(奥沢3丁目)しか使えませんでした。

AREA 奥沢3丁目 USB9ピン→USB TypeAポート変換 通電LED搭載 AR-UPIPO-C
エアリア (2010-01-26)
売り上げランキング: 10,850
世田谷電器 USB9pinポート変換 奥沢一丁目 AR-UPIPO-A
エアリア
売り上げランキング: 3,790

電源: 玄人志向 KRPW-PT500W/92+

録画サーバにとって電源は非常に重要。四六時中動かすことになるので、電源の効率の良し悪しで月の電気代がかなり変わってきます。

ややフンパツしてPLATINUM認証取得の電源をチョイス。効率92%以上をうたっています。

DSC03687

比較的小型のHTPC向けケース、SST-GD06Bにはどんな電源でも使えるわけでなく、奥行きが15cm以内である必要があります。

KRPW-PT500W/92+は奥行きが12.5cmと短く、SST-GD06Bで問題無く使えます。ファンは静かで、静音性に貢献しています。

DSC03689

サスペンド時1W、アイドル状態で50Wといった消費電力に抑えられました。優秀な電源です。

玄人志向 電源 500W 80PLUS Platinum 150x125x86(mm) KRPW-PT500W/92+
玄人志向 (2011-12-20)
売り上げランキング: 516

起動ディスク用SSD: Crucial CT128M4SSD2(128GB)

ケース前面に二つあるホットスワップ可能な3.5インチベイは録画データを保存するHDDのために使い、交換が前提になるので、起動ディスク用にはSSDを別に用意することにしました。

OSと、録画、再生、エンコード、ファイル管理に使うソフトを入れておく程度なので、あまり容量は必要ありません。128GBのSSDをチョイス。

評判のいいCrucial CT128M4SSD2です。

DSC03692

SST-GD06Bには、ホットスワップ可能な3.5インチベイの後ろ側に2.5インチドライブに対応するシャドウベイがあるので、そこに取り付けることにします。

DSC03693

Crucial 2.5インチ 内蔵型 SATA3.0対応 M4 SSDシリーズ 128GB CT128M4SSD2
Crucial Technology
売り上げランキング: 1,084

HDD/光学ドライブ: 適当な流用物

HDDと光学ドライブは、旧PCからの移植物です。

  • HDD: Western Digital HD-W20EARS(2TB)
  • 光学ドライブ: LG SATA DVD-ROM DH20N

これから調達するなら以下かと思います。BDドライブは騒音が出やすいパーツなので、パイオニアのドライブが安定的な選択でしょう。

ワットチェッカー: SANWA SUPPLY TAP-TST8

パワーアップした新PCの消費電力が気になります。月の電気料金を予見しておくためにも、ワットチェッカーを買いました。

本当はPCなどにログが取れるやつがあればそれがよかったんですが、そういう機能が付いたもので評判のいいものが無いんですよね。ログ取りを諦めてTAP-TST8を買いました。

DSC03686

SANWA SUPPLY ワットモニター TAP-TST8
サンワサプライ
売り上げランキング: 1,302

組み立て

部品をそろえ終わるまで、どのパーツがどのように組み付けられるのか想像ができず、不安でした。

完成までの工程を写真に撮りましたので、簡単に紹介したいと思います。参考にしてください。

組み立て1: 3.5インチベイ、5インチベイの取り外し

何を取り付けるにも3.5インチベイ、5インチベイが邪魔になるので取り外します。

▼3.5インチベイの取り外し。

DSC03718

▼外して脇に置いておきます。

DSC03719

▼ついでに、ケース右側の5インチベイを取り外し。ケース内ががらんどうになりました。

DSC03721

▼ちなみに、三つ付いている12cmケースファンは28mm厚です。ケースファンの交換で、さらなる静音化が可能かもしれません。

DSC03730

組み立て2: 電源の取り付け

まずは電源の取り付けです。

▼電源のファン穴が下にあるので、天地逆さまに取り付けます。

DSC03723

▼電源取り付け個所をケース後ろから見るとこんな感じ。

DSC03725

組み立て3: 2.5インチシャドウベイにSSDを取り付け

ホットスワップ機構付き3.5インチベイの後ろ、電源の上に被さるところが2.5インチのシャドウベイになっているので、ここにSSDを取り付け。

3.5インチベイを元の通りに付け直すとSSDへのSATAケーブル、電源ケーブルの配線ができなくなるので、この時点でSATA6.0ケーブル、電源ケーブルを接続しておきます。

DSC03732

組み立て4: ホットスワップ機構付き3.5インチベイの取り付け

電源、SSDとケース左側を構成するパーツをすべて装着したので、ホットスワップ機構付き3.5インチベイを元の通りに付け直します。

DSC03734

組み立て5: マザーボードの取り付け

▼マザーボード付属の化粧板。

DSC03738

▼化粧板をケースの所定位置にはめ込みます。

DSC03740

▼マザーボード取り付け。

DSC03741

組み立て6: CPU/CPUファン取り付け

▼CPU取り付け。

DSC03742

▼CPUの上にCPUファン取り付け。

DSC03744

組み立て7: メモリ装着、各種結線と整理

▼ケースとマザーボード間、マザーボードと電源間の結線。ケースファン、フロントパネルの各種ランプ、USB、電源スイッチ、オーディオ。

DSC03748

▼メモリ装着。余分なケーブルをタイラップ、3.5インチベイの下の空間に押し込むなどで整理。

DSC03761

組み立て8: PT3装着

▼PT3をPCI Expressスロットに2枚装着。

DSC03764

1枚ずつ認識させるのがセオリーとのことですが、2枚いっぺんでも大丈夫でした。

セオリー通りにするならば、ここでは1枚の取り付けにとどめ、1枚目の認識を終えてから2枚目に取りかかるといいでしょう。

組み立て9: 5インチベイへの光学ドライブ取り付け

外しておいた5インチベイに光学ドライブを取り付け。

DSC03751

組み立て10: 5インチベイをケースへ取り付け

5インチベイをケースに取り付けます。光学ドライブへのSATAケーブル、電源ケーブルの接続も同時に実施。

DSC03767

組み立て11: ICカードリーダをケース内に内蔵

▼AR-UPIPO-C(奥沢3丁目)を使い、マザーボード上の9ピンUSB端子をUSB TypeA端子に変換。

DSC03790

▼ICカードリーダをケース内で接続。

DSC03792

▼ちなみに、AR-UPIPO-A(奥沢一丁目)は、2段になっているUSB端子が邪魔で取り付けられませんでした。2段USB端子が逆側に張り出していればよかったのですが。

DSC03793

組み立て12: アンテナケーブル、分波器の接続

2枚挿しのPT3にダブル分波器とアンテナケーブルを接続。

DSC03771

日本アンテナ 家庭用受信機器 ダブル分波器 STSW2D
日本アンテナ (2008-10-10)
売り上げランキング: 7,830
PLANEX F型ネジ固定式アンテナケーブル 1m PL-ANTF01
プラネックス (2008-02-10)
売り上げランキング: 347

組み立て13: 試験運転、OSインストール

▼とりあえずこの状態で電源ケーブル、Ethernetケーブルを挿し、OSインストールディスクを挿入して起動。DeleteキーでBIOSに入り、ホットスワップのためにSATAのモードをIDE互換からAHCIへ変えてから、OSインストールに進みます。IDE互換のままだとホットスワップができませんので、この設定は重要。IDE互換のままOSをインストールしてしまってからAHCIに切り替えると修正が必要なので、忘れずやります。

DSC03797

▼OSにはMicrosoft Windows7 Home Premium 64bit 日本語 DSP版を選択。

DSC03773

Microsoft Windows7 Home Premium 64bit 日本語 DSP版 + メモリ [DVD-ROM]
マイクロソフト
売り上げランキング: 11

難無くインストール完了。快調に動くようになりました。

入力デバイス

現状本機にはLenovoのトラックポイント付きUSBキーボードをつないでいるのですが、折角クールなAVラック置き録画サーバになったのに、USBケーブルを這わせて画竜点睛を欠いているので、ポインタ付き無線キーボードを購入しました。

BluetoothキーボードだとBIOSで使えませんから、あえて2.4GHz無線タイプにしました。

機会があったらレビューしたいと思います。

届きましたので簡単にレビューを。

親指2本でタイピングする限りでは、かなり使いやすいものでした。キーにクリック感があり、キーとキーとの間が離れているので、キーボード上に親指を滑らせながら使うのに向いています。

一方で、置いて使うのには向いていません。置いて使ったときに最上の使い勝手が無いと許せない人には勧められません。

ソファーでダラリとしながらメディアプレイヤーやブラウザを操作するために買いましたが、その用途ではバッチリでした。

トラックパッドはスムーズに操作でき、問題無し。Fn+上下ドラッグでスクロールできるのが便利。Fn+スペースで移動距離を3段階に調整できるのも気が利いてますね。

過去買ったミニキーボードの中では、最上の使い勝手があると思います。

USBドングルは非常に小さく、SST-GD06B前面のUSB端子に挿入しても蓋が閉められます。外したUSBドングルは電池蓋の中に収納できるので、無くしにくいのもいいですね。

2013.5.29時点での合計金額

参考までに、2013.5.29時点での合計金額を書いておきます。

メモリが値上がり傾向で、買ったときより2000円ほど高くなってますね。流用した部品もあるので、実際には、今回使った金額は10万円〜11万円ぐらいだったと思います。

品目 型番 備考 単価 数量 小計
ケース SST-GD06B 10999 1 10999
マザーボード P8H77-M PRO H77 9108 1 9108
CPU Core i5 3570K 21634 1 21634
メモリ W3U1600HQ-4G/N 4GB×2 計8GB 6023 1 6023
チューナーボード PT3 Rev.A 2枚構成 12680 2 25360
ICカードリーダ SCR3310-NTTCom 流用したので未買 2109 1 2109
USB形状変換 AR-UPIPO-C 455 1 455
電源 KRPW-PT500W/92+ 9437 1 9437
SSD CT128M4SSD2 128GB 起動ドライブ用 13860 1 13860
HDD WD30EZRX-1TBP/N 3TB/録画データ保存用/ホットスワップ 10980 1 10980
BD-R ドライブ BDR-208BK/WS 流用したので未買 7198 1 7198
ワットモニター TAP-TST8 2050 1 2050
ダブル分波器 STSW2D 流用したので未買 2618 1 2618
F型ネジ固定式アンテナケーブル 1m/流用したので未買 528 4 2112
OS Windows 7 Home Premium 64bit 12000 1 12000
2.4GHz無線キーボード RT-MWK08 3080 1 3080
合計 139023

本機インプレッション

ひとまず完成しました!

SST-GD06Bの外観はAVアンプのようで、他のAV機器と並んでいてもよくなじみます。

DSC03805

フロントパネルを開いてもまあまあ格好よし。X68000 PROを連想しました。

DSC03806

ホットスワップ機構を開いてみました。何の工具も無しにHDDを取り出し、取り付けることができます。初めてこういうものを使ってみましたが、大変便利で、もっと早くに導入していればよかったですね。

DSC03807

PT3 × 2という構成でバリバリ録画していると、あっという間にHDDの残り容量が無くなってしまうので、これは助かります。

CPUにはCore i5 3570Kをチョイスしましたので、QSV(Quick Sync Video)に対応したエンコーダArcSoftのMediaConverter 8において、本領を発揮することができます。30分番組が5分程度でエンコードできました。十分な処理速度かと思います。ってかめちゃめちゃはええええ!

ArcSoft MediaConverter – Converting 2D to 3D – MediaConverter – ArcSoft

下掲のスクリーンショットでは、30分番組4本のエンコード完了までにかかった時間は、それぞれ4:48、5:05、5:05、4:23となっています。実時間の1/6程度しかかかりませんね。えらいことです。

ScrnShot

  • 解像度: 1280×720
  • fps: 変更無し
  • ビデオコーデック: H.264
  • Constant Quantizer: 26
  • プロファイル: Main@L4.0
  • エントロピー: CABAC
  • Bフレーム: 2
  • サブピクセル: Quarter
  • Deblock: 有効
  • GOP長: 80
  • オーディオコーデック: AAC
  • サンプリングレート: 48kHz
  • チャンネル: 2

ちなみに、MediaConverter8にはフォルダ監視機能、フォルダに追加されたファイルを自動的にエンコードする機能がありますが、ものによってはCMの切れ目で止まってしまうことがあります。

完全自動化のためにはTSSplitterなどで本編を切り出してからMediaConverter8の監視フォルダに放り込む必要があると思います。

本機の消費電流はサスペンド時1W、アイドル状態で50W程度。そこそこの消費電力に抑えられました。まだ計測していませんが、QSVを使ってのエンコードは、消費電力上でも有利ということです。

省エネのため、時間経過でサスペンド、予約の時間になったらサスペンドから復帰して録画開始するようにしました。予約録画にはEpgTimerを使っていますが、サスペンドからの復帰、サスペンド移行で問題は出ていません。

ML115 G5に持っていた不満を全面的に改善できて、大変満足です。もうファンの爆音に悩まされることはありません。苦労した甲斐がありました。

番外: 外出先からの操作を可能にするためSplashtop Streamerをインストール

外出先から予約を入れたり、状況確認をしたい。

本機をリモートコントロールするために、Splashtop Streamerをインストールしています。

トップリモートデスクトップアプリ | iPad からコンピューターにアクセス | Splashtop 2 | Splashtop

iPhone、iPad、MacにはそれぞれSplashtop 2をインストール。

Splashtop 2 – Remote Desktop for iPhone & iPod v2.3.0.5(¥170)App
カテゴリ: ビジネス, 仕事効率化
販売元: Splashtop Inc. – Splashtop Inc.(サイズ: 10.9 MB)
全てのバージョンの評価: (1,128件の評価)

Splashtop 2 – Remote Desktop v2.3.0.6(¥450)App
カテゴリ: ビジネス, 仕事効率化
販売元: Splashtop Inc. – Splashtop Inc.(サイズ: 31 MB)
全てのバージョンの評価: (4,794件の評価)

Splashtop 2 – Remote Desktop 2.0.2(¥600)App
カテゴリ: ビジネス, 仕事効率化
販売元: Splashtop Inc. – Splashtop Inc.(サイズ: 13.2 MB)
全てのバージョンの評価: (106件の評価)

Splashtop 2 – Remote Desktop 2.3.0.7
カテゴリ: ビジネス
販売元: Splashtop
サイズ: 14M
インストール数: 1,000,000 – 5,000,000
更新日: 2013/04/18
対応OS: Android2.2 以上
平均評価: 4.5 (20,947件の評価)
Google Playで詳細を見る

Splashtop 2は家庭のLAN内にあるSplashtop StreamerをインストールしたPCと外部との通信を簡単に実現するための有料サービスを提供していますが、うちにはVPN対応ルータがあるので、有料サービスは使っていません。

自宅設置のVPN対応ルータにVPN接続した上でSplashtop 2を使い本機をリモートコントロールしています。

普段はサスペンドしているので、サスペンド中である場合はWake On LANで起こす必要があります。

iPhone / iPadではWakeUpというアプリを使っています。Wake On LAN系アプリをいくつか買った中で、これが一番オシャレで気に入りました。VPN越しにWake On LANする際は、WiFiでなくInternet扱いなので注意。

WakeUp – The Wake on LAN (WOL) tool 2.0.7(¥85)App
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
販売元: Tommaso Madonia – Tommaso Madonia(サイズ: 7.5 MB)
全てのバージョンの評価: (1件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

LTEは元より3Gでも、意外なほどサクサクと操作ができるので、Splashtop 2 / Splashtop Streamerは録画サーバのリモートコントロール用途におすすめできます。

番外: テレビ放送の録画再生ソフトウェアの移行

これまで、テレビ放送の録画再生ソフトウェアは、TVRock、TVTest、RecTaskという組み合わせで使っていました。

テレビ放送の録画再生ソフトウェアは複雑怪奇で乗り換えに対する心理的障壁が非常に高かったのですが、自作PCの出来映えに非常に満足した僕はモチベーションを維持することができ、心理的障壁を乗り越え最近評判のいいEpgDataCapBon、TVTest、EpgTimerという環境への移行を完遂できました。

EpgTimerはなかなか洗練されており、最後のアップデートから大分時間の過ぎたTVRockに対するアドバンテージを感じました。

個人的に一番ありがたかったのがTwitter連携機能。キーワード検索自動予約機能から予約を入れたタイミング、予約録画を開始したタイミング、予約録画を終了したタイミングなどでTwitterにメッセージを投稿してくれるのです。

録画サーバを使っていることのメリットを実感できて楽しいですね。

 - DTV, iPad, iPhone, PT3, Windows

Furusato nouzei banner