ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

BROMPTONにフロントキャリアブロックとTバッグ(T-Bag)を導入

      2016/02/20

BROMPTONは専用バッグで真価を発揮する

SDIM1059

ひとりぶろぐのmoyashi (@hitoriblog) です。

輪行最強の折りたたみ自転車BROMPTON M6Lを買いました。

ひとりぶろぐ » イギリスの折りたたみ自転車BROMPTON購入を決断した2本の動画

BROMPTONの真の価値は専用バッグと組み合わせて初めて発揮されるという理解をしたので、早速導入してみました。(続きは[Read More]から)

BROMPTON専用バッグの効能

  • BROMPTONの専用バッグはハンドルではなく、フレームに固定されるため、重いものを入れてもハンドリングが悪化しない
  • バックパックのように肌に密着するストレージは、肩が凝ったり背中が汗でびっしょりになったりで快適性を下げる要因になるが、BROMPTONの専用バッグではそのような心配とは無縁
  • フレームにバッグを固定するフロントキャリアブロックと専用バッグとは簡単に合体、リリースレバー一つで素早く分離。使い勝手を損なわない
  • 折りたたんだ状態ではフロントキャリアブロックに固定した専用バッグの取っ手がBROMPTONそのものの取っ手になり、専用バッグの取っ手を引いてBROMPTONを転がしていける


専用バッグの取り付けにはフロントキャリアブロックが必要

BROMPTONに専用バッグを取り付けるためには、BROMPTONのフレームにフロントキャリアブロック(Front carrier block assy)を取り付ける必要があります。

まだ取り付けていなかったので、まずはフロントキャリアブロックの取り付けからやってみましょう。

フロントキャリアブロックの取り付け

購入したフロントキャリアブロック(Front carrier block assy)。BROMPTON純正部品です。

SDIM1037

内容物。

SDIM1045

取り付け位置にはイモネジが2本ねじ込んであるので、六角レンチで取り外します。

SDIM1052

フロントキャリアブロックにアルミ板を落とし込む。

SDIM1047

波ワッシャーを通したネジをアルミ板に開いた穴に通します。

SDIM1048

取り付け位置に当てがい、六角レンチで締め込む。これをネジ2本分実行。

SDIM1054

リリースレバーを取り付け位置に差し込む。

SDIM1055

木ネジをプラスドライバーで締め込む。

SDIM1056

フロントキャリアブロック取り付け完了。バッグを取り付けるとリリースレバーと一体になったツメでカチン!と固定され、リリースレバーを引くとツメが引っ込みスルリと取れるという寸法です。

SDIM1057

Tバッグ( T-Bag )を選択

BROMPTON専用バッグには種類がいくつもありますが、僕が選択したのは容量31LのTバッグ( T-Bag )。

BROMPTON純正の専用バッグの中では最大容量。

BROMPTON専用バッグには、後述のフロントバッグフレームを使うものと、フロントキャリアブロックとのジョイントがバッグと一体になっているものとがあります。

Tバッグ( T-Bag )はフロントバッグフレームを使うものです。

Sバッグ( S-Bag )だけは、独自のサイズのフロントバッグフレームを使うとのことです。

フロントバッグフレームを使う専用バッグ

  • ブロンプトン Sバッグ S-Bag
  • ブロンプトン Cバッグ C-Bag
  • ブロンプトン Tバッグ T Bag
  • BROMPTON(ブロンプトン)フォールディングバスケット

フロントキャリアブロックとのジョイントが一体になった専用バッグ

  • ブロンプトン Oバッグ ブラック O-Bag Black
  • ブロンプトン Oバッグミニ アークティックブルー O-Bag Mini ABlue

どれにするか悩みましたが、モノが手元に無く比較ができないので、無難な最大容量のものを選んだのでした。

僕が買ったTバッグ( T-Bag )の詳細を見ていきます。買う前に「Tバッグ」で検索をかけて詳細を知ろうにも、あんまり鮮明な画像が出てこず、詳細が分からないまま買ったので、画像をふんだんに使っていきます。

BROMPTON Tバッグ( T-Bag )のディテール

大きさ的には脇に置いたiPhone 5と比較するとつかみやすいでしょうか。ナイロン製。

SDIM1059

倒して下から見るとこんな感じ。前面から側面にかけての下半分にはメッシュのポケットがあります。左サイド、右サイド、センターと三つのメッシュポケットが存在。

SDIM1060

バッグの背中側に見えるのが、噂のフロントバッグフレーム。フレーム中央の窪みが、フロントキャリアブロックとのジョイントになっています。

SDIM1061

ショルダーストラップ付きで、BROMPTONから外した後は、肩掛けにも、袈裟懸けにもできます。バッグの口はトートバッグのようになっていて、それをクルクルっと丸めて閉じています。中央にあるベルトは、荷物の量に応じてクルクルの回数が変わり、バッグの全高が変化するので、それに応じてクルクルがほどけないようにするためのものです。

SDIM1062

バッグ背面

裏には樹脂でシールされたジッパーで閉じることができるポケット(写真右)と、500mlのペットボトルを入れておくのにちょうどのサイズのドリンクホルダー(写真左)があります。フロントバッグフレームと一体になった取っ手も見えますね。ここを持って運ぶこともできます。フロントバッグフレームはアルミパイプと樹脂でできていて固く、このように体の当たる面に位置していますが、平らなのでストラップを袈裟懸けして、体に当たるようにしていても意外に気になりません。

SDIM1063

バッグ裏側のドリンクホルダー。BROMPTONに取り付けた状態では運転手側を向いているので、運転中、いつでもドリンクを手に取ることができます。

SDIM1065

バッグ裏側のジッパーで閉じられるポケット。メンテナンス工具、iPhoneをナビゲーションに使う際に必要になるUSBバッテリーを入れておくのによさそうです。

SDIM1066

メッシュポケット

側面のメッシュポケット。

SDIM1068

反対側側面のメッシュポケット。背の短いドリンクを入れておくのによさそうです。

SDIM1069

前面のメッシュポケット。おおよそバッグの全幅が、メッシュポケットの幅となっています。中央に、バッグの口を押さえるためのベルトがあります。

SDIM1071

ベルトを外すと中央のメッシュポケットもあんぐりと口を開けます。

SDIM1070

バッグの口部分

バッグの口のくるくるは、左右側面のメッシュポケットの辺りから生えているバックル付きベルトによっても閉じることができるようになっています。

SDIM1072

バックルを外したところ。

SDIM1073

左右のバックル、中央のベルトを外すと、バッグの口をくるくるとほどいて開くことができます。

SDIM1074

バッグ内部

トートバッグのような感じで口が開きます。バッグの底に置いているのはiPhone 5です。裏地は黄色ですが、これは暗い場所でバッグ内の小物を探すのに便利なように、という考えからとのことです。

SDIM1078

バッグの口の平面ファスナー

バッグの口の端には平面ファスナーが付いていますが、普段はバリバリとくっついてしまわないように平面ファスナーの相手方が貼り付いています。バッグの中身が、くるくる巻いて閉じられないほどパンパンになってしまったときに、この平面ファスナーが役立つのです。

SDIM1082

平面ファスナーを閉じた状態。こうなるに至った荷物の量では、左右のバックルも中央のベルトも役立たないでしょう。

SDIM1083

レインカバー

バッグの内ポケットにレインカバーが入っています。

SDIM1085

広げてバッグの上からかけると、雨に耐えることができます。

SDIM1087

Tバッグからのフロントバッグフレームの取り外し

Tバッグ( T-Bag )にはフロントバッグフレームが付いていますが、これは取り外すことが可能です。

SDIM1094

取り出し口はバッグの底。平面ファスナーで固定された左右2本の太いベルトがフロントバッグフレームの飛び出しを防いでいます。

SDIM1095

左右の2本の太いベルトの平面ファスナーをベリベリっとはがすとフロントバッグフレームを取り出すことができます。

SDIM1096

アルミと樹脂で出来ていて意外と軽いものです。

SDIM1099

単体で入手できるフロントバッグフレームがまさにこれですね。 T-Bag を買えば、フロントバッグフレームを単体で買う必要はありません。

Tバッグ( T-Bag )のBROMPTONへの取り付け

フロントキャリアブロックにTバッグ( T-Bag )を取り付けてみます。室内にて、折りたたみ状態で失礼します。

SDIM1100

Tバッグ( T-Bag )背面のフロントバッグフレーム部分に付いたジョイントをBROMPTONに取り付けたフロントキャリアブロックに接続。

SDIM1101

ガッチャン!と。こうなるとガッチリと接続されてほとんど動きません。

SDIM1102

輪行中の取り扱い

折りたたんだBROMPTONに輪行袋をかけてみました。

SDIM1104

サイクルハウスしぶやのBROMPTON用マルチキャリングバッグです。

折りたたみ自転車・ミニベロ専門店 サイクルハウス しぶや/商品詳細 BROMPTON用マルチキャリングバッグ

輪行袋のファスナーのスライダーは三つも付いていて、このようにフロントキャリアブロックだけを露出するようにかけることができます。

SDIM1105

この状態でTバッグ( T-Bag )を合体。斜めになっていて不安定なように思えますが、これは折りたたんだフレームの状態に起因したもの。

SDIM1103

グラグラしそうで不思議な感じですが、ガッチリと固定されていて、バッグの取っ手、つまりはフロントバッグフレームの取っ手を持って引いていけます。僕のBROMPTONは荷台を付けておらず、転がしに適したタイヤが四つありません。現状、後端の二つしか無いので、バッグの取っ手を持って少し持ち上げ、ショッピングカー様に後端の二つのタイヤで転がすようにする必要があります。

SDIM1107

バッグの骨格になっているのはこのフロントバッグフレーム。このフレームで、バッグがガッチリと固定されているのです。

SDIM1108

フロントバッグフレームの活用・バックパックへの取り付け

手持ちのバックパックを出してきました。おあつらえ向きに背面にベルトが2本あります。フロントバッグフレームを取り付けたら、偶然ながら、何ともいい具合に固定できるではありませんか。

SDIM1112

Tバッグより軽く、またバックパックですから両の肩で背負えますので、荷物の量に応じて使い分けできそうです。

SDIM1114

BROMPTONへの取り付け、取り外しは一瞬で終了します。荷物が重くなっても転がしていけます。BROMPTONって本当によく出来ています。

SDIM1115

 - BROMPTON, 自転車