ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

長距離サイクリングでの尻痛を緩和するためにインナーパンツを買ってみた

   

買うのに抵抗があったレーサーパンツ

ひとりぶろぐのmoyashi (@hitoriblog) です。

自転車に長距離乗るとお尻が痛くなりますが、自転車用に作られたレーサーパンツというものがあります。

レーサーパンツのお尻の部分にはフカフカのパッドが入っていて、履くと尻痛が緩和されるとのこと。

しかしレーサーパンツは、パッツパツピッチピチなスパッツで履くのがちょっと恥ずかしく、コレは履けないわ……と思っていたら、中に履くインナーパンツというものがあるのですね。

インナーパンツなら外見は変わらない

外見に影響を与えないインナーパンツなら、ということで買ってみました。3D GELパッドインナーパンツというものです。

専門性があるものとしては非常に安い印象で、僕が買ったときは1,130円でした。(続きは[Read More]から)

SDIM1585

ブ厚いパッドで尻の安寧を守る

インナーパンツはナイロン製のボクサーパンツのような作りで、中にブ厚いパッドが入っています。

SDIM1586

パッドはフッカフカ! 履いて歩くと結構モソモソしますが、これでお尻が守られるならいいでしょう。先日の三浦半島一周ポタリングの折、このインナーパンツを履いて出かけました。80kmぐらい走って結構尻が痛くなったものの、インナーパンツなしで飯能から秩父の40km弱を走った時より尻がやられていない印象で、ご利益あらたかでした。こりゃあ自転車乗り必携アイテムだ!

SDIM1588

インナーパンツの上に履いた七分丈の木綿の半パンは、汗をかいたときに抵抗感が出てペダルが漕ぎにくくなるので、伸縮素材のレーサーパンツがベストなんでしょうけどね。インナーパンツの上に履く、メッシュ生地のいいボトムスがあるといいんですが。

 - 自転車

Psngames banner Psngames banner