ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

初めてのサイクルジャージを購入!saitoimport サイクルジャージ・半袖

   

初めてのサイクルジャージ

平日は自転車でどこを走ろうか考えている、ひとりぶろぐのmoyashi (@hitoriblog) です。

これまで、自転車に乗るときはTシャツに七部丈の半パンという出で立ちだったのですが、自転車を運転するときに着るために作られた、サイクルジャージなるものを初めて買ってみました。

SDIM1728

saitoimport サイクルジャージ・半袖というやつで、メッシュの速乾生地で出来ています。初めてといえば、メッシュ生地の服を買ったのもおおよそ初めて。夏場の快適さを知り、以後買う服は全部メッシュで、というぐらいの勢いです。にわかに訪れたメッシュブーム! (続きは[Read More]から)

なかなかしっかりした作り

前傾姿勢を取ったときに背中が露出してしまわないように、背中側が長くなっています。

SDIM1729

裾のところにゴムで滑り止めが付いていて、体を動かしても、上にたくし上がってきにくくなっています。

SDIM1732

走行の邪魔にならないように、ポケットが三つ背中に付いています。写真のような重量物は、実際には入れないけれど。三つあることを強調するためにポケットから少し出して撮影していますが、これらのアイテムはポケットの中にスッポリ入ります。

SDIM1733

ポケットの左右には反射素材が使われていて、後方からの夜間被視認性を向上させています。

SDIM1735

結構お安いですが、作りの悪さを感じることはありません。

サイクルジャージは派手な柄のものが多くて抵抗があり、こんなチョイスにしましたが、次はそれっぽい派手なサイクルジャージをセレクトしたいところです。自転車関係のブランドが分からないので、IT関係のロゴが入ったギークっぽいやつがあるといいんですけどね。

先日BROMPTONで敢行した三浦半島一周ポタリングでサイクルジャージデビューしてみましたが、登坂でかいた汗が下りで乾いてサラサラになり、メッシュの面目躍如でした。暑くてしょうがないときはファスナーを下ろして涼を取ることもできて助かりました。背中のポケットは、知らないうちに中身を落としてしまいそうであるし、さて、どうやって使おうか?

 - 自転車

Psngames banner evernote_sale_banner_02