ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

Reeder for MacからTwitterへのポストをスピーディーにするReederMacPatcher

      2016/03/16

私的にiPhone/iPad/Mac OS X用のRSSリーダーはReederに落ち着いている昨今です。
Mac OS X用のReederPatcherが欲しくなったので、作ってみました。ReederMacPatcherといいます。

ReederMacPatcherは、Reeder for MacからTwitterにポストするときの操作手順を最小限に抑えるためのパッチです。
ReederMacPatcher導入後、Twitterへの投稿機能を起動した直後の画面が以下です。最初からタイトルとURLが挿入され、カーソルが先頭にジャンプするので、あとはコメントを入力するだけです。(続きは[MORE]から)

免責

無保証です。

ダウンロード

ReederMacPatcher-0.2.zip

各種フォームにCommand+returnでポストするキーボードショートカットを加えるだけの@ttachiさん用バージョン

ReederMacPatcher-0.2-ttachi.zip

インストール

SIMBL用のプラグインなので、SIMBLをインストールします。

「/ユーザ/あなたのユーザ名/ライブラリ/Application Support/」の中に、「SIMBL/Plugins」というフォルダを作り、その中にReederMacPatcher.bundleをコピー。

Reeder for Macを再起動します。

動かなければ、いったんログアウト→ログイン、ないしはシステムを再起動してみてください。

使い方

特に設定などはありません。ReederMacPatcherインストール後、通常通り、Reeder for MacからTwitterに投稿するべく操作してみてください。
自分は右スワイプに「Twitter」を割り当てています。
ReederMacPatcher導入前と異なり、最初からタイトルとURLが挿入され、カーソルが先頭に移動しているものと思います。

Command+returnでキーボードからポストできるようにもしてみました。

寄付

 - OS X, SIMBL

dropbox_sale_banner evernote_sale_banner_03