ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

FlashAirが、PQI Air Cardが使いやすくなる!WiFiストレージ接続中でも3G/LTE経由でインターネット通信ができるようにするiOSのWiFi設定

   

WiFiストレージは接続中インターネットにつながらなくなるのが不便

ひとりぶろぐのmoyashi (@hitoriblog) です。

僕はFlashAirPQI Air CardPQI Air PenTAXAN MeoBankなどのWiFiストレージ、RICOH THETAのようなWiFi機能搭載デジカメが大好きです。DSC-QX10/DSC-QX100も含めて、これらをWiFiストレージと乱暴に総称します。

R0072461

WiFiストレージは便利ですが、これらに接続している間はWiFiが3G/LTEより優先されて、インターネットが使えなくなるのが面倒。

Screenshot 13 12 02 15 38

WiFiストレージに接続中でも3G/LTE経由でインターネットにつながるようにする設定があった

それが常識かと思っていたら、WiFiストレージ接続中でも、3G/LTE経由でインターネット通信できるようにする設定があったので紹介します。バババっと羅列していきますが、この設定をやる必要があるのは最初の一度だけで、接続のたびにやる必要があるわけではありません。(続きは[Read More]から)

Screenshot 13 12 02 15 39

PQI Air Cardでの設定例

ひとりぶろぐ » デジカメ内部でRubyを動かす狂気!無線LAN内蔵SDカードアダプタPQI Air Cardの間違った使い方

PQI Air Card。デジカメ等に挿して電源を入れ、iPhoneからWiFi接続すると、ネットワークの設定はこのようになります。

IMG 0039

この設定でPQI Air Cardに接続している間は、インターネットにつながらなくなってしまいます。

IMG 0040

デフォルトでは「DHCP」で自動的に設定するようになっています。これを「静的」に変更。「IPアドレス」をDHCPでの設定を参考に「192.168.1.50」に。「サブネットマスク」も同様に「255.255.255.0」に。「ルーター」も同じく「192.168.1.1」に。後の欄は空白に。

IMG 0055

この設定にしてからインターネットにつないでみると、PQI Air CardにWiFi接続中であるにもかかわらず、今度は3G/LTE経由でインターネットにつながるようになりました。

IMG 0044

iOS用のアプリであるPQI Air Card+を起動してみると、ちゃんと使えます。インターネットとWiFiストレージの両方に、同時に接続できるようになりました。

IMG 0045

PQI Air Card+ 1.8.0(無料)App
カテゴリ: ユーティリティ, 写真/ビデオ
販売元: Power Quotient International – Power Quotient International Co., Ltd.(サイズ: 17.7 MB)
全てのバージョンの評価: (35件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

便利な代替アプリAirPict for PQI Air Cardはどうでしょうか。

AirPict for PQI Air Card 1.1(¥200)App
カテゴリ: 写真/ビデオ, ユーティリティ
販売元: itok – 啓 Ito(サイズ: 0.9 MB)
全てのバージョンの評価: (11件の評価)

デフォルトではair.cardにつながらないというエラーが出てしまいます。設定画面で「ホスト名」を「192.168.1.1」にしたら使えるようになりました。

IMG 0054

PQI Air Card側で動作するDNSが使えなくなるので、ホスト名での接続ができなくなるわけです。


FlashAirでの設定例

東芝 SDHCメモリーカード(FlashAir) 16GB SD-WC016G
東芝
売り上げランキング: 326

ひとりぶろぐ » iPhoneのお供に!無線LAN付きSDカードFlashAirの、極めて間違った楽しみ方

FlashAirでもPQI Air Card同様、「静的」に変更。「IPアドレス」をDHCPでの設定を参考に「192.168.0.11」に。「サブネットマスク」も同様に「255.255.255.0」に。「ルーター」も同じく「192.168.0.1」に。後の欄は空白に。

IMG 0057

これで、FlashAirにWiFi接続中も3G/LTE経由でインターネットにつながるようになりますが、純正のiOS用アプリは使えなくなります。AirPict for PQI Air Card同様、ホスト名でアクセスしようとしているのだと思います。FlashAirのiOS用純正アプリは接続先の設定がないので対処できません。

IMG 0058

FlashAir 2.1.0(無料)App
カテゴリ: 写真/ビデオ
販売元: TOSHIBA Corp. – TOSHIBA Corp.(サイズ: 2.6 MB)
全てのバージョンの評価: (118件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

純正のiOS用アプリは使えなくなりますが、Webブラウザで192.168.0.1にアクセスして使うか、代替アプリのAirViewで利用可能です。

IMG 0033

AirView 1.04(¥300)App
カテゴリ: 写真/ビデオ, ユーティリティ
販売元: Django Ltd. – Django Ltd.(サイズ: 0.3 MB)
全てのバージョンの評価: (27件の評価)

PQI Air Penでの設定例

PQI JAPAN Air Pen(ホワイト) 6W41-0000R2
PQI (2013-03-01)
売り上げランキング: 4,337

ひとりぶろぐ » ポケット無線LANルータの新顔PQI Air Penの著しく間違った使い方

PQI Air PenもPQI Air Card同様、「静的」に変更。「IPアドレス」をDHCPでの設定を参考に「192.168.200.11」に。「サブネットマスク」も同様に「255.255.255.0」に。「ルーター」も同じく「192.168.200.1」に。後の欄は空白に。

IMG 0029

これでPQI Air PenにWiFi接続中でも3G/LTE経由でインターネットが利用できるようになります。純正アプリPQI Air Pen+も変わらず利用可能。

PQI Air Pen+ 1.3.1(無料)App
カテゴリ: ユーティリティ, 写真/ビデオ
販売元: Power Quotient International – Power Quotient International Co., Ltd.(サイズ: 25.9 MB)
全てのバージョンの評価: 無し(0件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

PQI Air Driveでの設定例

PQI JAPAN Air Drive(アダプタのみ) グレー PQ-AIRDRIVEG00
PQI (2012-04-06)
売り上げランキング: 23,674

ひとりぶろぐ » ハックで遊べる!名刺ケースサイズの無線LAN内蔵SDカードリーダーPQI Air Driveが熱い

PQI Air DriveもPQI Air Card同様、「静的」に変更。「IPアドレス」をDHCPでの設定を参考に「192.168.2.101」に。「サブネットマスク」も同様に「255.255.255.0」に。「ルーター」も同じく「192.168.2.1」に。後の欄は空白に。

IMG 0035

これでPQI Air DriveにWiFi接続中でも3G/LTE経由でインターネットが利用できるようになります。純正アプリPQI Air Drive+も変わらず利用可能。

PQI Air Drive+ 1.4.1(無料)App
カテゴリ: 写真/ビデオ, ユーティリティ
販売元: Power Quotient International – Power Quotient International Co., Ltd.(サイズ: 23.4 MB)
全てのバージョンの評価: (13件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

CloudFlash CLF-WF01での設定例

CloudFlash CLF-WF01もPQI Air Card、「静的」に変更。「IPアドレス」をDHCPでの設定を参考に「192.168.1.50」に。「サブネットマスク」も同様に「255.255.255.0」に。「ルーター」も同じく「192.168.1.1」に。後の欄は空白に。

IMG 0036

これでCloudFlash CLF-WF01にWiFi接続中でも3G/LTE経由でインターネットが利用できるようになります。純正アプリCloud Flashも変わらず利用可能。

Cloud Flash 1.4.0(無料)App
カテゴリ: 写真/ビデオ, ユーティリティ
販売元: Stark Info Co., Ltd. – Teng-Hsuan Cheng(サイズ: 1.5 MB)
全てのバージョンの評価: (6件の評価)

Default Gatewayがカギのよう

ここまでに挙げたWiFiストレージ製品はDHCPでのWiFi設定時にDefault Gatewayを指定するので、WiFi接続中はインターネットにつながらなくなってしまうようです。

「静的」でWiFiを手動設定することで、Default Gatewayが設定されることを避けて、WiFiと3G/LTEの両立ができるようにしています。

世にあるほとんどのWiFiストレージ製品は同様でしょう。同じ要領での設定が可能かと思います。

設定不要なWiFiストレージ

RICOH THETAとEye-FiシリーズははDefault Gatewayを設定しないようです。ゆえに、それらとWiFi接続中でも、3G/LTE経由でインターネットが利用可能になっています。

Eye-Fi Mobi 16GB
Eye-Fi Mobi 16GB
posted with amazlet at 13.12.02
Eye-Fi Japan (2013-06-14)
売り上げランキング: 1,194

Androidではどうなのか

Androidではどうなんでしょう。私気になります!

あれ」のMeyさんがいろいろ書いてました。

routeコマンドで何とかなりそうでしょうか。

WiFi接続されたときの3G/LTE側ってどうなるんでしょう。

Nexus 5だと、WiFi接続すると3G/LTE側が落ちてしまうそうです。これでは両立できません。

logcatで追いかけてみると、この辺りを司っているのはConnectivityServiceの模様。これをいじればあるいは……。

機種によってはWiFiとLTEでマルチコネクションを実現しているものがあるそうです。

auのARROWS 2モデルはLTEとWiFiのマルチコネクション対応、標準ブラウザで安定通信 – Engadget Japanese

AndroidではiOSのようなことを実現するためにはrootを取る必要がありそうですが、何とかなるといいですね。

 - iOS, iPad, iPhone, RICOH THETA, デジタルカメラ