ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

1万円ぐらいで買えるハードウェアキーボード付きSIM Lock FreeなAndroidスマートフォンNEC Terrain

   

ハードウェアキーボード付き端末に目がなくて

NECのTerrainというAndroidスマートフォンを買ってみました。OSのバージョンは4.0.4。BlackBerryみたいなハードウェアキーボードが付いているのが特徴です。業務用に作られたものが市場に出てきているようです。

キーボード付き端末が大好きで、最近値下がりしたとのことで耐え切れず買ってしまいました。こんなモンを見せられて買わずにいられるか!(続きは[Read More]から)

IMG_0298


iPhoneユーザにとっては防水が物珍しい

耐衝撃、防水、防塵というタフネスな作りにもなってます。バッテリの蓋の赤い線は、シリコンラバーのパッキン。交換可能なバッテリの下に、Micro SIMとMicroSDカードのスロットがあります。

IMG_0300

ヘッドフォン端子、MicroUSB端子にも防水カバー。Apple製品しか使っていないと、防水と縁がないので新鮮です。

IMG_0303


ハードウェアキーボードはタッチが固めだけれどそこそこ打ちやすい

ハードウェアキーボードのタッチはちょっと固めで、親指2本で打つのがしっくりくる感じです。キーボードはバックライト付きなので暗いところでも打つことができます。

FとJに突起があるので、最終的にはタッチタイプができるようになりそうです。

IMG_0318

SoftBankのiPhone / iPadのSIMが流用可能

SIM Lockが解除済みになっていて、SoftBankのiPad用の3GのSIM、iPhone 5s用のLTEのSIM、いずれも使えました。

IMG_0302

jpspir、sbmどっちもOK。

Screenshot 2014 12 01 00 45 41

LTEのjpspirで試してみましたが、LTEは有効ではないようです。

Screenshot 2014 12 01 00 43 37

Googleへのログインに注意

Googleへのログインはちょっと苦労しました。最初に起動するAT&T Ready2GoはGoogleアカウントの入力を促してきますが、2段階認証に非対応。デフォルトでインストールされているGoogle Playも2段階認証に対応しておらず、ブラウザで認証する必要があって、それに気づくまでに少し時間がかかりました。

Screenshot 2014 11 29 13 11 28

NEC Terrainは買いなのか?

NEC Terrainは本体ストレージが787MBしかないので、アプリをほとんど入れることができません。プリインストールのアプリのアップデートをかけると、それだけでかなり埋まってしまいます。内蔵のSDカード領域として4GBありますが、こちらにアプリをインストールすることはできない? rootも完全な形では取れないようなので限界は低いことになるんでしょうか。その点でメインを張るのは無理といえます。

Screenshot 2014 12 01 01 37 35

厚みを除けばサイズはiPhone 5sとほぼいっしょ。その中にハードウェアキーボード、そしてベゼル、液晶周辺のスペースがあるので、かなり液晶が小さく感じます。感じますというか実際小さい。これも辛いポイント。

IMG_0002

最大の特徴である親指2本打ちのハードウェアキーボードでどれほどタイピングがスピードアップするかといえば、タッチキーボードとそんなに変わらない。その代わり、オッサン限定の感覚かもしれないですが、サスサスと指を滑らせながらキーボードを見ずにタイピングしている時間が長く、脳の疲れが少ない気がします。

NEC Terrain、「強烈にイイ」という印象こそないんですが、どうしようもなくダメということもないし、価格の安さ、そして僕にとって初の耐衝撃、防水、防塵スマートフォンということで、結構気に入って使っています。裸で無造作に扱えるし、地図ロイドをインストールしてハイキングに持っていくのがよさそうです。GPS、電子コンパスはちゃんと搭載されてますし。

こういうプチキーボード付きの機種って本当に選択肢がないので、実際に使うかどうかは置いておいて、僕と同じ趣味嗜好の人は避けることができないんじゃないでしょうか。

 - Android