ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

iPhoneの日付を1970年1月1日に設定すると起動不能になる重大なバグがあることが判明

   

iOSデバイスの日付を1970年1月1日に設定しちゃダメ!

Date time bug bricks iphone forever fix 00001

iOSの設定項目「日付と時刻」に関する深刻なバグが最近見つかりました。

それは、日付を1970年1月1日に設定すると、そのiOSデバイス(iPhone、iPad、iPod touch)が起動しなくなるというものです。

実際の様子は下掲のビデオで見ることができます。

iOSデバイスを起動不能にする手順

再現の手順は以下のようなものです。

  1. 設定アプリを起動し「一般>日付と時刻」を表示
  2. 「自動設定」のスイッチをオフに
  3. 左端の日付のリールを勢いよく下に送っていき、行き止まりになったらしばらく待つ
  4. 待っていると1970年1月1日に設定できるので、設定できたら再起動

再起動すると、そのiOSデバイスはリンゴマークの起動画面から立ち上がってくることはありません。

iOSデバイスがおかしくなったときに、これまでどんな事態からも救ってくれた最強のDFUモードに入れてもです。


再現条件

このバグは、64bitプロセッサ(A7、A8、A8X、A9、A9Xなど)を搭載し、なおかつiOS 8以降をインストールしたiOSデバイスで起きるもの。

32bitプロセッサを搭載したiOSデバイスでは起きません。

原因と対策

掲示板Redditのスレッドでは、「日付と時刻」を1970年1月1日に設定すると、時間帯との関係で内部クロックが0以下に設定されてしまい、それがデバイスを混乱させることに起因するのではないかという考察がなされています。

この状況からの脱出に、SIMカードの交換が有効という情報や、5時間待てば復活する(日本では恐らく9時間)という情報もありますが、それを期待してやるものでもありませんね。

簡単にできてしまうので、ちょっと怖い情報でした。

絶対にマネはしないようにしてください!

 - iOS

Psngames banner Psngames banner