ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

「Anker PowerCore 10000」軽量180gで10,000mAhのモバイルバッテリー登場!

      2016/06/16

10,000mAhクラスで世界最小最軽量「Anker PowerCore 10000」発売

Ankerからまた魅力的なモバイルバッテリーが発売になりました。その名も「Anker PowerCore 10000」(Model A1263)。価格は2016年6月16日現在¥2,499。

Anker PowerCore 10000

10,000mAhの容量を持ちながらわずか重量180gという、2016年6月時点において、同クラス世界最小最軽量のモバイルバッテリーです。

大きさ(92 × 59 × 22mm)は、平均的な10,000mAhクラスのモバイルバッテリーより27%小さくなっています。おおよそクレジットカードの大きさと同じぐらい。

Anker PowerCore 10000

内蔵するのはPanasonic製の高品質なセル。iPhone 6sにおいて、4回フル充電が可能。

Anker PowerCore 10000

インテリジェントな機能として、接続機器に合わせて自動的に供給電流を自動調節するPowerIQ。ケーブルの抵抗値に合わせて供給電圧を自動調節するVoltageBoostの両方を搭載。最大2.4Aで急速充電可能ですが、Quick Charge 2.0 / 3.0には非対応。入力電流は2A。2AのACアダプタの使用が推奨されています。

Anker PowerCore 10000

外装はマット(つや消し)で、汚れや指紋がつきにくい仕上げ。高耐久二層シェルと耐火ポリカーボネートのマルチプロテクトシステムを採用。-40度から158度の耐熱温度・耐冷温度試験。耐熱衝撃性、振動テストをパスするタフさを備えています。

Anker PowerCore 10000

ただし、その小ささの代償として、出力ポートは一つのみ搭載となっています。

Anker PowerCore 10000

所見

180gで10,000mAhというのはかなり魅力的なスペックですね。

ライバルのcheeroで言うと、10,050mAhの「cheero Power Plus 10050mAh DANBOARD version」が競合するモデル。こちらは2ポートで190gと、重量で10gの差。スペック上では結構競っていますが、価格が¥3,650とちょっと高いです。

容積は「cheero Power Plus 10050mAh DANBOARD version」が129.58cm³に対し、「Anker PowerCore 10000」が119.416cm³。

比較の表にしてみました。「Anker PowerCore 10000」の容量実測値は計ってないので分かりませんが、手持ちのモバイルバッテリ20機種の平均値61.8%を適用してみました。「cheero Power Plus 10050mAh DANBOARD version」は、こんなデザインながら性能のいい機種なんです。価格差が気にならなければ、そして2ポート欲しいなら、こちらも有力な選択肢になります。

※表は横スクロールします

メーカー 型番 価格(2016.2現在) LEDライト 出力ポート数 1ポート当たり最大電流 合計最大電流 出力電流調整機構 搭載セル容量 容量実測値 効率 サイズ(LWH) 重量 1g当たり容量(実測値ベース) 入力電流 充電時最高電流実測値 充電時間(分)実測値 充電時間(時間)実測値 1分あたり充電容量(実測値ベース)
cheero cheero Power Plus 10050mAh DANBOARD version ¥3,650 × 2 3.4A 3.4A AUTO-IC 10,050mAh 6,500mAh 64.7% 95 × 62 × 22 mm 190g 34.2mAh 2A 2.2A 306分 5時間06分 21.2mAh
Anker Anker PowerCore 10000 ¥2,499 × 1 2.4A 2.4A PowerIQ
VoltageBoost
10,000mAh 6,180mAh 61.8% 92 × 59 × 22mm 180g 34.3mAh 2A

容量実測値は、ルートアールのRT-USBVACを使って計測しました。今買うならRT-USBVAC3QCがオススメ。

「1g当たり容量(実測値ベース)」が突出していいのが分かります。手持ちの20機種の平均が27.4mAh。それより20%以上上回っています。これは高品質なPanasonicの最新のセルの威力でしょうね。

どちらもPanasonicの3,350mAhのセルを3本使っているのだと思いますが、「Anker PowerCore 10000」の方はキリのいい数字でうたっている感じなのでしょう。

出力ポートが1つしかないことに目がつぶれれば、「Anker PowerCore 10000」はおすすめのモバイルバッテリーです。

 - ガジェット

dropbox_sale_banner evernote_sale_banner_03