ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

iPhone用イコライザアプリEQuが素晴らしい

      2016/03/16

最近はどんなアプリが人気なのかなーとiPhoneでApp Storeを眺めていると、ランキングの中にイコライザーEQuというアプリを発見。

なかなか好評のようなので買ってみました(続きは[MORE]から)

EQu – 高品質イコライザー (Version 1.2.2) App
カテゴリ: ミュージック
価格: ¥350
デベロッパ名: elephantcandy
リリース日: 2010/11/18
対応デバイス: iPad3G / iPhone-3GS / iPad23G / iPodTouchThirdGen / iPadWifi / iPad2Wifi / iPhone4 / iPodTouchourthGen
現Ver.の平均評価: (4.0 / 52件の評価)
通算の平均評価: (4.0 / 251件の評価)
Game Center: 非対応
iPhone iPhone

音楽はドンシャリだ!

私、自他ともに認めるドンシャリ厨。

ドンシャリというのは、低域と高域が増幅され、中域が引っ込んだ過剰な特性の音のことを言います。

下品で、オーディオファンには嫌われます。

CD屋さんにナカミチの試聴機がありますが、あの音がドンシャリ。
僕は、あの下品な音を理想とする偏った嗜好の持ち主なのです。

iPhoneの音はつまらない

そんな僕にとって、iPod / iPhoneの音は、どちらかといえば特性がフラットでつまらない。

フラットな音こそ原音に忠実なのだから至上なのだ! などと自分を騙してこの10年やってきましたが、SONYのMEGA BASSで育った自分としては、やっぱドンシャリな音が肌に合います。

iPod / iPhoneには元からイコライザーが搭載されていますが、iPodの登場から今に至るまで役に立ったことがありません。なぜなら、レベルオーバーお構い無しで盛ってしまうからです。

例えば「Bass Booster」を選ぶと音が割れまくりです。これに対してAppleは何の疑問も持たないのでしょうか。

EQuを使えば、ベースボンッボン!高音シャリッシャリ言わせられる!

そこでEQuです。EQuを使うと、音割れを避けつつドンシャリの特性を作れます。

中域を標準より下げ、低域と高域を少し盛るようにするのです。

赤線の触った部分にポイントが作られ、ポイント間をなめらかにつなぐ感じで特性を調整できます。

こんな感じの特性にすると、ナカミチの試聴機の下品な音に大分近づいてきます。

作ったものはプリセットとして登録できます。プリセット名は「\ドドンシャリ/」にしてみました。我ながらナイスネーミングですね。

自作プリセットを適用したり戻したり、特性を微調整したり。
アーチストに合わせてプリセットを作ってみたり。この行為自体楽しいですねえ。

EQuでイコライザーをかけて音楽再生。ロックボタンでロックをかけても、再生は継続されます。バックグラウンドに回してもOK。

リアルタイムでこれだけの処理をすれば、普通より電池を食うはずです。
ならば、予備のバッテリを用意してでも使いたい、それだけの価値はあるでしょう。

音楽に刺激を求める人なら、きっとEQuを気に入るはずですよ。

ちなみに、DRMがかかった曲はEQuで再生できません。当然ですね。
それができたらDRM付きの曲を自由にコピーできるってことですから。

EQu – 高品質イコライザー App
カテゴリ: ミュージック
価格: ¥350

 - iPhone

dropbox_sale_banner evernote_sale_banner_03