ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

Amazonが注文金額¥2,000未満の配送料を¥350に!Amazonプライム会員は無料

      2016/04/07

原則無料の配送料に改定入る

Amazonでの買い物好きの皆様に、やや悲しいお知らせです。

配送料の規定に変更が加わり、従来全商品無料だったAmazon扱いの商品の配送料が、条件付き無料になりました。

改定の根幹は以下のようなことです。

Amazon revised the shipping fee provision 00001

  • 注文金額¥2,000(税込)以上だと配送料無料
  • Amazonプライム会員でない場合、注文金額¥2,000(税込)未満は配送料¥350
  • Amazonプライム会員ならば、どちらのケースでも配送料無料

Amazonプライム会員なら何も変更はありませんが、Amazonプライム会員でない場合は、少額の買い物が少ししづらくなりましたね。

ただ、

  • Amazon扱いの¥1,000以下の商品の場合「あわせ買い」指定のものが多く、注文金額が¥2,000を超えないと、そもそも注文ができない
  • 「あわせ買い」商品の場合、¥2,000以下の注文はありえないので配送料はかからない(要細則確認)
  • マーケットプレイス扱い分については変更なし

ということで、影響は部分的です。

ちなみに、今回のタイミングであわせ買い成立に必要な最低金額が¥2,500から¥2,000に下がって、あわせ買いしやすくなっています。

マーケットプレイス扱い分の現状維持を確認

マーケットプレイスで出品されている、激安パチモンのLightningアダプタを調べてみましたが、以前と変わらず送料込みで¥80でした。

Amazon扱い分でなければ依然としてこういう出品もあり、全部が全部今回の¥2,000縛りの影響を受けるというわけではありません。

iPhone5s iPhone5 iPad mini 対応 Micro USB変換アダプタ
Santasan
売り上げランキング: 1,809

注意したい注文金額¥2,000の細則(非Amazonプライム会員向け)

「注文金額¥2,000」に関する細則が結構クセモノです。

※Amazonプライム会員の場合は、ここにあるケースのいずれの場合でも配送料は無料です。

注文金額にはAmazonギフト券は含まれない

どうしても注文金額が¥2,000に届かない場合に、足りない分Amazonギフト券を買い足して注文金額の合計を¥2,000超えにし、送料を無料にするという手は使えません。

Amazonギフト券をいっしょに注文しても、配送料に関しては注文金額からAmazonギフト券を抜いて計算されます。

配送先が複数ある場合は、注文金額が配送先毎に計算される

一度の注文で¥2,000を超えた。

しかし、お届け先に複数箇所指定した場合は、配送料に関しては1配送先ごとの注文金額で計算されます。

キャンセルしたらキャンセル後の注文金額で計算される

一度の注文で¥2,000を超えた。

後で、その中の一部をキャンセル。この場合の配送料は、キャンセル後の注文金額で計算されます。

同一の発送先でもバラバラに発送されたら送料は便ごとの個別計算になる

一度の注文で¥2,000を超えた。

しかし、そのうちの一部、¥2,000に満たない分だけが分割発送されると、送料は個別計算になります。

分割発送も辞せずか、できるだけまとめて発送かは、「発送オプション」で注文時に選択できますが、選択肢は二つ。

  • できる限り商品をまとめて発送
  • 準備ができた商品から順に発送

この中に、「まとめて発送。絶対にだ」というものがありません。

配送料がかかっているのに、「できる限り商品をまとめて発送」とは何とも頼りない選択肢です。

実体験として注文した商品の数がそこそこ多いと、「できる限り商品をまとめて発送」を選択していても、バラバラに発送されることが半数ぐらいです。

折角¥2,000を超える注文をしても、Amazonの都合で分割発送され、それで送料を取られてしまうのだとしたら納得がいきません。

これについて、Amazonのカスタマーサポートに問い合わせをしてみました。

結論は、発送オプションで「できる限り商品をまとめて発送」を選択しておけば、Amazonの都合で分割発送されたことで1便当たりの注文金額が¥2,000を割っても、それによって配送料が発生することはない、とのことです。

逆に「準備ができた商品から順に発送」を選択、分割発送で1便当たりの注文金額が¥2,000を割ったら規定の配送料がかかることになります。

Amazonプライム会員のメリットが際立つように

Amazon revised the shipping fee provision 00003

Amazonプライムは、年会費¥3,900(税込)の有料会員プラン。

月当たりの会費に直すと¥325。これは、今回有料化された注文金額¥2,000以下の配送料¥350より安い金額。

Amazon revised the shipping fee provision 00002

Amazonプライムの会員になってしまえば今回の改定で発生した送料問題を気にする必要はなくなるので、年に少なくとも12回はAmazonで買い物をするなら、この際Amazonプライム会員になって特典を享受するのも一つの選択かもしれませんよ。

Amazonプライムの特典

昨年辺りからAmazonプライムの特典がどんどんと増えて、Amazonプライム会員の囲い込みが強固になってきています。

僕自身は2007年7月にAmazonプライム会員になって以来ずっとそのままですので、9年目にして急に厚遇されるようになった印象を持っています(笑)。

近年のインターネット通販の急伸で物流がパンク。配送の現場がキュウキュウとしているという話を聞きますが、Amazonの場合はAmazonプライム会員を増やすことで物流コストを賄おうとしているんでしょうね。

プライム会員の特典を軽く紹介します。

  • 配送特典
    • 「お急ぎ便」と「お届け日時指定便」(360円税込、または514円税込)が無料
  • プライム・ビデオ
    • 映画・ドラマなどが見放題
  • Prime Music
    • 音楽聞き放題
  • プライム・フォト
    • Amazon Cloud Driveに写真を無制限でアップロードし放題
  • 会員限定先行タイムセール
    • 毎日開催されているセールに一般会員より30分先行して参加可能
  • Amazonパントリー
    • 送料¥290で食品、日用品などの安価な商品を規定量(重さだと12kg)まで個数制限なく配送
  • Kindleオーナーライブラリー
    • Kindle端末、Fireシリーズ所有者なら、それらのデバイスで対象Kindle本を1月1冊無料で読める
  • Prime Now
    • 対象エリア内での注文に、1時間以内(¥890)ないしは2時間以内(無料)で配送

個人的にありがたいと思った特典は、配送特典はもちろんのこと、KindleオーナーライブラリーとPrime Music。自分では買おうと思わないような作品の中から、珠玉の作品を見つける出会いの場になっています。

プライム・フォトもありがたいのですが、SNS連携などが全くないので、写真倉庫と化しています。

プライム・ビデオは作品数が限られているのがネックですが、最近テコ入れが激しく、「仮面ライダーアマゾンズ」などのプライム・ビデオ限定配信が登場するようになっています。

テレビがつまらないときに見るといった感じの付き合い方ですが、徐々に存在感が増していっていますよ。

会員限定先行タイムセールについては、30分の先行権を得ても目玉商品はプライム会員の間で取り合いになり、迷っているうちにほかのプライム会員にポチられて完売というのがいつものパターンです。

先行権すらなかったら全くチャンスはないわけですが、まだ実際には権利を行使できていません(笑)。

食品はパルシステムで取っているので、Amazonパントリーはまだ使う機会がありません。

Prime Nowは一度無料の2時間便を頼んでみましたが、1時間あまりで届いて驚きました。確かに便利! しかし、それほど急ぎの注文がありません(笑)。

特典については腰砕けになってしまった感はありますが、今回の配送料改定で必要度が増したことは確実ですし、これを機会にプライム会員になってみては?

Amazonプライムのサービスを半額以下で享受できるAmazon Student

Amazonの有料会員制度には、日本国内にある大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校の学生を対象にしたAmazon Studentというものもあります。

入会資格者が限られる代わりに、Amazonプライムと同等+αのサービスが半額以下の¥1,900で利用可能です。

Amazon Studentのみの大きな特典として、Amazon.co.jpが販売しているすべての書籍でAmazonポイント10%還元というものがあります。

さらに、2016年6月30日までは、最初の半年が無料体験扱いで料金が発生しません。対象の日用品・サプリが15%OFF。あまつさえ、無料体験期間中に2,000ポイントのAmazonポイントがプレゼントされます(途中で退会しても返却不要!)。

何という大盤振る舞い。学生でないというだけで、Amazonプライム会員に甘んじなければならない理由は何でしょうか?

Amamzonを利用することがあるなら、学生のうちにAmazon Studentに入会しておくことをおすすめしますよ。

 - Amazon