ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

「Anker PowerHouse」安価で超大容量な120,600mAhのポータブル電源がAmazonで販売開始

   

Ankerから、超大容量のポータブル電源「Anker PowerHouse」が発売

10,000mAhの大容量モバイルバッテリーといえば、登場初期はその大容量っぷりに驚いたものですが、今ではすっかり日常のアイテムとして定着。

道行くOLがスマートフォンと束ねて持っていても、だれも気にも止めないぐらいの日用品になった感があります。

モバイルバッテリーに対してインフレ気味の感覚を持つ我々ですら驚きを持って迎えざるを得ないのが、Ankerの新製品「Anker PowerHouse」。

「Anker PowerHouse」は、実に120,600mAh、10,000mAhのバッテリー12個分の容量を持ったポータブル電源。

本日2016年6月6日からAmazonでの販売が開始されました。AnkerDirectでのオンライン直販価格は¥50,000(税込)。

ただ大きくなっただけではありません。出力はUSBポートにとどまらず、車に付いている12Vのシガーソケット、家の壁に付いている交流のACソケットまで搭載。幅広い機器の電源として利用できます。

Anker powerhouse now on sale 00001

入力はさすがにMicroUSBというわけにいかず、16.8VのDC入力。

容量 14.4V / 434Wh
入力 DC 16.8V / 7.5A
出力1 DC: 12V / 10A × 1
出力2 USB: 5V / 6A (各ポート最大 2.4A) × 4
出力3 AC: 110V ~ 1.29A × 1
サイズ 約200 × 145 × 65mm
重さ 約 4.3kg

重さは4.3kg。本体には取手が付いているので、持ち運びに便利です。

120,600mAhの容量ってどのぐらい?

120,600mAhの容量があります、と言われても、それがどのぐらいのものなのか感覚的に分かりづらいところがあります。表にしてみました。

スマートフォン 約40回満充電可能
ノートPC 約15回フル充電可能
キャンピングライト 連続約100時間点灯可能
ミニ冷蔵庫 連続約7時間使用可能
TV 連続約4時間使用可能

スマートフォンが40回満充電可能ということは、1カ月以上電源なしに過ごすことができるということです(笑)。

ノートPCが約15回フル充電可能というのもすごいですね。バリバリと仕事をしていても、2〜3日はいけるということです。

キャンピングカーで仕事をしているブロガーさんに、ぜひお勧めしたい(笑)。

ただ、AC110Vの出力は上限160Wで、それ以上になると自動停止装置によってストップしてしまうので、調理器具全般は使えなさそうです。

amazon.comでは先行して発売されていましたが、レビュー39件、4.4/5という高評価となっています。

主に車を伴う移動の多い人向けのポータブル電源になるかと思いますが、従来の制限を超えて活動するための強い味方として活躍してくれそうです。

 - ガジェット

Psngames banner Psngames banner