ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

西尾維新「〈物語〉シリーズ」のKindle版がついに登場!予約受付開始

      2016/06/27

化物語(上) 物語 (講談社BOX)

長年沈黙を守ってきた西尾維新作品の電子書籍展開。

「忘却探偵シリーズ」を皮切りに電子書籍展開が本格化し、「戯言シリーズ」のアニメ化記念で「西尾維新デジタルプロジェクト」が始動。

電子書籍30週連続配信という前代未聞の試みが話題になっています。

過去作への遡及が始まっていますが、ついに本命ともいえる「〈物語〉シリーズ」の番が回ってきました。

Kindle版の「〈物語〉シリーズ」は、2016年7月1日(金)を皮切りに毎週金曜日に配信。

2016年8月19日までの8週にわたって23冊が配信されるスケジュールが組まれています。

シリーズ第1作目の「化物語」は、オリジナルの上下巻から上中下巻の3分冊へと仕様変更。表紙はまだ上巻しか公開されていませんが、化物語に限って描き下ろしになるようです。

オリジナル 電子版
化物語(上) 「ひたぎクラブ」「まよいマイマイ」「するがモンキー」 「ひたぎクラブ」「まよいマイマイ」
化物語(中) 「するがモンキー」「なでこスネイク」
化物語(下) 「なでこスネイク」「つばさキャット」 「つばさキャット」

「化物語」の電子書籍版ってあるんだろうか? と検索したことがある人は少なくないと思いますが、ついにこの日がやってきました。個人的にも感無量です!

Kindle本はiOSでも、Android OSでもmacOSでもWindowsでも読める

Kindle本は、無料のKindleアプリを使用すれば環境を問わず読むことができます。

西尾維新「〈物語〉シリーズ」Kindle版配信スケジュール

2016/7/1

2016/7/8

2016/7/15

2016/7/22

2016/7/29

2016/8/5

2016/8/12

2016/8/19

スマフォ/タブレットでの読書は眼が疲れる? それならKindle端末で快適な読書体験を

上質紙にレーザープリンターで印刷したかのような表示デバイス、電子ペーパーを搭載した目に優しい表示のKindle。小説を読む人はきっと気に入るはず。

特に、液晶画面を見ていると目がシバシバしてくる人なら、その価値が分かるはず。

LEDフロントライトを液晶のバックライトよりもずっとずっと暗く調節できるので、オススメはしませんが暗闇の中の読書でも眩しくないですよ。

 - Amazon, Kindle