ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

Kindle端末でマンガを読む際の機能を改善するファームウェア「Kindleソフトウェアアップデート5.8.5」が公開

   

Kindle softwareupdate 585 00000

昨日2016年10月18日に発表になったKindle Paperwhiteのニューモデル「Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル」。

32GBの大容量ストレージ内蔵のほかに、コミックを読む際に便利な機能が含まれる最新のファームウェアが搭載されている点が注目のポイントとなっています。

新ファームウェアの新機能は以下のようなもので、これまでよりコミックが読みやすくなります。

〜Kindle端末でマンガを読む際の機能が改善〜「Kindleソフトウェアアップデート5.8.5」

  • Kindleのパフォーマンスを向上させる一般的な改善点
  • 「設定」メニュー(縦3つの点のアイコン)のデザインが新しく
  • 手動で端末に転送されたコンテンツは、「すべて」と「ダウンロード済み」の両方に表示されるように
  • マンガのページめくりが33%スピードアップした「快速ページターン」機能
  • ピンチ&ズームで小さな吹き出しや細かな描写も簡単に拡大できるズーム機能
  • ズーム機能や見開きビューがデフォルトに
  • 画面を押しっぱなしにすることで秒間7ページの速さで飛ばし読みができる「連続ページターン」機能
  • Kindleの「シリーズ」に対応し、続刊をすぐに読める機能

手動ダウンロード可能なファームウェアがいち早く公開

「Kindleソフトウェアアップデート5.8.5」は2016年10月26日から在来機種にもWi-Fi経由で配信開始予定となっていますが、いち早くAmazon.co.jp上で手動ダウンロード可能なファームウェアが公開されています。

当該の「Kindleソフトウェアアップデート5.8.5」が提供されているのは以下の6機種で、残念ながらKindle Paperwhite (第5世代) は対象外となっています。

Jailbreak狙いの場合は要注意

現状のKindle 5.8.1は工場出荷時のファームウェアへのダウングレードを経てゼロからJailbreakが可能ですが、今度の5.8.5で可能かどうかは分かりません。もしJailbreakの予定があれば、アップデートの前に5.8.5関連の情報を確認した方がよさそうです。

焦点は、工場出荷時のファームウェアにダウングレードできるかどうかです。

Jailbreak済みのKindle端末を5.8.5にアップデートする場合は、Jailbreak状態が無効にされることはないとのことです。

念のため、最新のJailbreakをインストールしてから、5.8.5にアップデートすることが推奨されています。

アップデート後は、MRPIを使ってpythonやscreensaver hackを再インストールする必要があるとのことです。

 - Amazon, Kindle