ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

GPD WINの使いこなしに必須の「固定キー」機能を知っていますか?

      2016/11/20

Gpd win sticky key 00000

今、弊ブログでイチオシのキーボード付きWindows 10搭載小型PCの神機「GPD WIN」。

Amazonなら63,800円。

海外通販なら39,200円程度で買うことができます。

「GPD WIN」に搭載のキーボードは小型に過ぎて、テーブルの上に置いて複数本数の指でタイプするのには向いていません。

圧倒的に向いていないので、それを期待して買うと失望は大きいといえます。

Gpd win sticky key 00001

その代わり、両手で持って2本の親指でタイプするには恰好のキーボードです。

Gpd win sticky key 00002

「GPD WIN」を両手でホールドするので、立ちながらでも、寝っ転がりながらでも、ソファーで寛ぎながらでも使える点がメリットです。

Gpd win now on sale 00004

通勤時間などの隙間時間は、スマートフォンでのSNSやゲームに費やしている人が少なくないと思うのですが、「GPD WIN」はそれを創造的、生産的なものに変えることができる可能性があります。

様々な理由で机にとどまることが困難な場合でも、細切れの時間を有効活用できるようになります。

Gpd win sticky key 00008

スマートフォンやタブレットでもできるといえばできるのですが、こうした親指タイプの環境では前向きになれても、スマートフォンやタブレットではやる気になれない、ということが自分にはあって、このエントリも「GPD WIN」で書いたものですが、こんなエントリをスマートフォンやタブレットで書く気にはなれたことがないんですよね。

スマートフォンやタブレットでは往々にして不便なテキスト編集周りの機能を、キーボードショートカットで縦横無尽に使えることが大きく影響している気がします。

スマートフォンやタブレットで生産的なことをする気になれたことがない人は、親指タイプ環境で変われる可能性があるかもしれません。

Gpd win sticky key 00009

親指タイプがもたらす効能は素晴らしいものなのですが、問題もあります。

それは、複数のキーを同時押しするのが困難であるということです。

幸いにして「GPD WIN」にはキーボードの両サイドに頻用するShift、Alt、Ctrlがあるため、フルサイズキーボードとは運指を変えればそう困ることもないのですが、普段コピペなどは全部左手で済ませているため、つい左の親指が二つのキーを押そうとしてしまいます。

Gpd win sticky key 00003

複数のキーを押そうとすると困る。そんな親指タイプの欠点を補う設定があります。

「固定キー」機能で親指タイプの操作性が飛躍的に向上

それは、コントロールパネルの「コンピューターの簡単操作センター>キーボードを使いやすくします」にある「固定キー」(Sticky Key)という設定。

「キーボードショートカットで一度に一つずつキーを押す」ことでもOKにするものです。

「固定キー」機能は親指タイプ同様、同時に使える指の数に制限がある方のためのもので、1本指での操作でも複数のキーが絡む操作ができるようになる、Windows標準搭載の機能です。かのhp 200LXは、ファームウェアレベルで対応していました。

Gpd win sticky key 00004

これを設定すれば、例えばコピーの操作はCtrlを押しながらCではなく、Ctrlを押して離し、続けてCとすればよくなります。

「固定キー」機能を設定してもCtrlを押しながらCも同時に有効なので、運指状況に応じて柔軟に使い分けることができるようになっています。

キーボードの左側にしかないWindowsキーがらみのキーボードショートカットも、左の親指一本で操作できるようになります。
 

「固定キー」機能の設定方法

CORTANAを起動し、「固定キー」と入力。

TIPS: 英語キーボードでの日本語入力切替は「Alt+~」です。
TIPS: 「Windowsキー+Q」でCORTANAをキーボードから起動できます

「ショートカットキーの有効化」という設定項目が検索結果に出てくるので、それを起動。

Gpd win sticky key 00005

「入力しやすくします」のところに「固定キーを有効にします」という選択肢があるので、チェックボックスをオンに。

「固定キー機能の設定」のリンクをクリックし、設定階層を降ります。

Gpd win sticky key 00006

「固定キー」機能の設定です。

Gpd win sticky key 00007

  • 固定キーを有効にしますを「オン」
  • キーボードショートカット
    • Shiftキーを5回押すと固定キー機能を有効にします「オフ」
    • 設定を有効にするときに警告メッセージを表示します「オフ」
    • 設定を有効または無効にするとき音を鳴らします「オフ」
      • すごくデカイ音がします
  • オプション
    • Ctrl、Alt、Shift、Windowsロゴキーを2回続けて押すとそのキーをロックします「オフ」
      • オン」の方が利便性を感じる一方、何がオンになっているかインジケーターで確認しづらい(タスクバー上の項目が隠れてしまうので)ので、意図せずロックされたときに困惑しやすいため
    • 2つのキーを同時に押すと固定キー機能をオフにします「オフ」
  • フィードバック
    • Ctrl、Alt、Shift、Windowsロゴキーが押されたときに音を鳴らします「オフ」
      • すごくデカイ音がします
    • 固定キー機能のアイコンをタスクバーに表示します「オフ」
      • どうせタスクバーの長さが足りず隠されてしまい見えないので

上記の設定項目を設定したら、ウインドウ下部の「OK」ボタンを2回押して確定します。

「要らない」と思う前に試してみて

こんな説明でピンときましたでしょうか?

親指タイプ歴17年の僕ですが、この「固定キー」機能は親指タイプにおいてぜひ欲しいもの。

「GPD WIN」生活に取り入れてみてください。

Amazonなら63,800円。

海外通販なら39,200円程度で買うことができます。

 - GPD WIN, ガジェット