ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

「HUTA」for Happy Hacking Keyboard(HHKB)スマートフォン、タブレットとの親和性を高めるカスタムパーツが素晴らしい

   

Huta for happy hacking keyboard 00000

PFUのHappy Hacking Keyboard Professional(以下HHKB Professional)シリーズを使っているなら見逃せないカスタムパーツ「HUTA」を紹介。

HHKB Professionalの活躍の場を広げる魅力的な一品です。

HHKB Professionalシリーズをモバイルデバイスと組み合わせて使いたい

プログラマーをはじめ、玄人に支持されるキーボード、PFUのHappy Hacking Keyboard Professional(以下HHKB Professional)シリーズ。

PFU Happy Hacking Keyboard Professional2 白 英語配列 USBキーボード 静電容量無接点 UNIX配列 WINDOWS/MAC両対応 ホワイト PD-KB400W

静電容量式のスイッチを使用したHHKB Professionalシリーズの使い心地や耐久性は格別で、一生ものといえるほど。

コンパクトな作りのHHKB Professionalを使っていると、家や会社などの拠点だけでなく、外に持ち出して使いたくなります。

先日、そうした用途を睨んだBluetooth版のHappy Hacking Keyboard BTが発売になったので、外で使う人も増えているでしょう。

Happy Hacking Keyboard Professional BT 英語配列/墨 PD-KB600B

このように恵まれた環境になって一層思いを強くするのが、HHKB Professionalシリーズとスマートフォン、タブレットとの親和性がさらに高くならないかということ。

具体的には、スマートフォン、タブレット向け外付けキーボードによくあるスタンドが付かないかということに思いを馳せるのです。

エレコム ワイヤレスキーボード Bluetooth iOS(iPad iPad mini用) パンタグラフ ブラック TK-FBP067IBK

スタンド代わりになるカバーを取り付けることが珍しくなく、自立させられるタブレットの場合はまだしも、スマートフォンとの組み合わせにおいては、キーボード側にスタンド機能が欲しくなります。

iPad Pro 9.7 ケース クリア ESR iPad Pro 9.7 カバー レザー PU スタンド機能 スリム傷つけ防止 オートスリープ ハード 三つ折タイプ iPad Pro 9.7 インチ スマートカバー (ミステリアスブラック)

スマートフォンの場合も、手帳タイプのカバーにスタンド機能を備えたものがありますが、外付けキーボードとの組み合わせにおいて困るのが、テーブルの上に置いたのでは画面が遠くて使いづらいということです。

iphone 7 Plus ケース 手帳型 RoHS規格認定書を取得した iphone 7 Plus case スタンド機能付き マグネット内蔵 ストラップ付き アイホン7プラス カーバ 財布型 カードポケット付き (iphone 7 Plus ブラック)

HHKB Professionalとスマートフォン、タブレットとの親和性を飛躍的に高める「HUTA」

僕同様にHHKB Professionalを外に持ち出して使いたいという思いを抱いた、はてなブログなどで活躍される @yohewi さんが開発した「HUTA」は、HHKB Professionalシリーズに取り付けるカスタムパーツ。

Huta for happy hacking keyboard 00049

現在開発途中でver05まで進んでいますが、一つ前のver04を @yohewi さんから譲っていただきました。そのver04を使って「HUTA」を紹介します。

「HUTA」はAdobe Illustratorで設計。レーザーカッターでMDF(中密度繊維板)を加工して作られ、非常に軽く出来ています。

Huta for happy hacking keyboard 00001

文字通りHHKB Professionalシリーズの蓋になるもの。

Huta for happy hacking keyboard 00015

蓋を閉じた状態では蓋とキーとの間に空間が確保され、キーが保護されます。

Huta for happy hacking keyboard 00027

蓋は片側2本、計4本のアームでHHKB Professional側とつながり、せり上がるように開けることができます。

Huta for happy hacking keyboard 00030

Huta for happy hacking keyboard 00021

Huta for happy hacking keyboard 00022

Huta for happy hacking keyboard 00023

開いた蓋は製図台やチリトリのようにフチ付きになっており、ここの上にスマートフォン、タブレットなどを乗せることができます。

Huta for happy hacking keyboard 00024

つまり、「HUTA」は、閉じた状態ではキーを保護する蓋。開いた状態ではスマートフォン、タブレットスタンドになるのです。

Huta for happy hacking keyboard 00040

スタンド付きの外付けキーボードとの違いは、スマートフォン、タブレットを置く場所がキーボードの上にあるということ。

普通のスタンド付きキーボードは、キーボードの奥手にスマートフォン、タブレットを置く溝があるため、ディスプレイは俯いて覗き込む必要がありますが、「HUTA」の場合はより目線に近くなるため、あまり俯かずに済むのが素晴らしいところです。

Huta for happy hacking keyboard 00052

「HUTA」の取り付け方法

このように素晴らしい「HUTA」ですが、HHKB Professionalシリーズへの取り付け方が気になりますよね。

何のことはない、両面テープを使って取り付けます。使うのは、1mmほどの厚みの弾力性のある両面テープがよいようです。100円ショップで屋外適応のものを買ってきました。

Huta for happy hacking keyboard 00010

両面テープ貼り付け部はやや前方にスラントしています。

Huta for happy hacking keyboard 00006

大体その形状に合わせて両面テープを切り出します。

Huta for happy hacking keyboard 00011

こんなので大丈夫なのか? と心配が先に立つかと思いますが、せいぜい400g程度のものを載せるだけなので、これで十分な強度が出ます。

Huta for happy hacking keyboard 00012

いろいろなデバイスとの組み合わせを試す

「HUTA」はどの程度の実用性を示すのでしょうか? 興味津々です。

まず始めに断っておきたいのが、USB版のHHKB Professionalシリーズの接続性です。

キースイッチに静電容量式のものを使用しており、電流を多く必要とする関係で、スマートフォン、タブレットでは使えないことが多くなっています。

手持ちのデバイスではGPD WINのみが直結で動作する組み合わせで、それ以外では電源を別途供給できるHUB経由で接続することになるかと思います。

Huta for happy hacking keyboard 00038

僕が持っているのはUSB版だけですが、実際にはBluetooth接続が可能なHappy Hacking Keyboard Professional BTとの組み合わせがほぼ前提になりそうです。

このような事情で、今回の紹介ではGPD WIN以外はただ置いているだけとなっています。

iPhone 7 Plus

Huta for happy hacking keyboard 00040

iPhone 7 Plus(重さ188g)との組み合わせは非常にしっくりきます。本体が薄く、またTPUのケースに入れているということもあるかと思いますが、どのような角度にしても滑り落ちて来ず、本体が目線に近いところにあるため、長時間使っても疲れが少なくて済みそうです。

Nexus7 (2013) LTE

Huta for happy hacking keyboard 00041

続いてはNexus7 (2013) LTE(重さ299g)との組み合わせ。

Nexus7 (2013) LTEは背面にアールが付いていて、蓋を全開まで立てると6〜7mmほどの引っかかりでは止め切れなくなり、滑り落ちてきてしまいます。

そこで蓋の角度が少し寝るように調整する必要があります。少し角度が寝るようにするとキーボードの上に蓋が覆いかぶさるようになり、数字キーの辺りを押す場合の運指に気を使う必要が出てきます。

7インチという画面のサイズ感は「HUTA」にぴったりで、目に近い位置にディスプレイが位置することもやはり快適です。

VivoTab Note 8

Huta for happy hacking keyboard 00045

続いて8インチ、Windows 10 Home搭載のタブレット、VivoTab Note 8(重さ390g)。

概ねNexus7 (2013) LTEと変わりませんが、リアヘビーの傾向が強くなり、また重さで少し寝た角度まで勝手に閉じ、そこで安定するといった挙動が出てきます。

昔のワープロをほうふつとさせるスタイルです。

iPad Pro 9.7inch

Huta for happy hacking keyboard 00042

続いて、iPad Pro 9.7inch(重さ444g)。これはいただけません。444gという重さでは、蓋が閉まってしまい使うことができません。

VivoTab Note 8との重さの差はわずか54gですが、上へのはみ出し量が大きいことが影響を与えていそうです。

iPad mini 4はセルラー版で304gなので、問題なく使えるはずです。

GPD WIN

Huta for happy hacking keyboard 00035

続いてGPD WIN(重さ364g)。自分の手元にあるデバイスの中では、USB版のHHKB Professionalシリーズと直結できる唯一の組み合わせということで、実使用も含めてのレビューをします。

背面はかなりアールを描いているので、蓋を寝かせたセッティングを必要とします。

ちょうど手元にあった滑り止めのシートを併用したら、より立てた状態での使用が可能となりました。

Huta for happy hacking keyboard 00039

GPD WINはクラムシェル型のデバイスで、ディスプレイを水平にまで開いて使うことが可能です。他のデバイスと違って、その分高さを稼ぐことができ、ディスプレイはより目の近くに位置させられます。テーブルの高さにもよりますが、ディスプレイがGPD WINを手に持って使っているのとほぼ変わらない高さに位置するため、GPD WINとの相性は非常にいいといえます。

Huta for happy hacking keyboard 00036

このエントリもこの環境で途中まで書いてみましたが、自宅で使っているのと変わらないキーボードということもあって、大変効率がいいですね。HHKB Professionalシリーズを外に持ち出す必然性というものを体感できました。

GPD WINは底が丸いため、滑り落ちてこないかと不安になります。蓋の真ん中に多少幅のある黒い伸縮性のあるベルトを渡しておき、最後にそれでパチンと押さえつけるようにするとよさそうです。

「HUTA」の入手方法

まだ開発中の「HUTA」ですが、量産と、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で5月27日〜28日にかけて開催されるデザインフェスタ Vol.45への出展の予定があるようです。

本記事を読んで欲しいと思った方は、ぜひ @yohewi さんにコンタクトを取ってプリオーダーしてみてください。予約があればアクリル版を手にすることができるかもしれません。

気になる頒布価格は

頒布価格は未定ですが、以下のような感じとのことです。

材質 頒布価格の目安
MDF(中密度繊維板) 2〜3千円の間
アクリル 5〜7千円(加工料次第)

最新情報は @yohewi さんのTwitter、ブログをチェックしてみてください。

 - ガジェット

Psngames banner evernote_sale_banner_02