ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

MacBook(Pro)に最適!USB Type-C対応高性能モバイルバッテリー「RAVPower Type-C 26800mAh」

      2017/06/28

Ravpower type c 26800mah 00000

競争が激しいこともあって、昨今のモバイルバッテリーの進化のスピードは目にも止まらぬものがあります。

ここ最近のモバイルバッテリーのトレンドのうち、注目すべきものにUSB Type-Cへの対応があります。

今回は、USB Type-C対応かつ、USB PDにも対応した最新モバイルバッテリー「RAVPower Type-C 26800mAh」(RP-PB058)を紹介します。

Ravpower type c 26800mah 00001

USB Type-Cに移行した、MacBook、MacBook Pro用のモバイルバッテリーとしておすすめの製品です。

ノートPCも動かすUSB Type-Cによる給電

ハイエンドのAndroid端末、そしてMacBook Pro、MacBookをはじめとするミドル〜ハイエンドのノートPCやタブレットに導入が進んでいるUSB Type-C。

特筆すべきは、USB Type-Cが内包するUSB PD(Power Delivery)という、最大100Wもの電力を伝送可能とする電源供給の規格があることです。

これほどの大電力を伝送可能となれば、スマートフォンやタブレットのみならず、大きなノートPCへの給電も可能。

現行のMacBook Pro、MacBookはACアダプタを接続するMagSafe2端子がなくなっており、USB PDに対応したUSB Type-C端子(上位互換のThunderbolt 3)に取ってかわられています。

「RAVPower Type-C 26800mAh」(RP-PB058)もUSB PDに対応しており、MacBookへの対応もうたわれています。

Ravpower type c 26800mah 00003

つまり、「RAVPower Type-C 26800mAh」(RP-PB058)とMacBookをUSB Type-Cケーブル1本で接続すれば、シンプルにMacBookへの充電も可能なのです!

従来、特殊で高価な製品を用意しなければ外出先での充電・給電ができなかったMacBookシリーズですが、USB Type-Cの採用により装備の簡略化、ローコスト化が可能となり、外出先での電源確保の悩みが一つ減ったともいえます。

「RAVPower Type-C 26800mAh」(RP-PB058)は、12インチのMacBookを1回フル充電することが可能。これを一つ携行すれば、MacBookの駆動時間を2倍に延ばせるのです。

MagSafe2の廃止を憂う向きもありますが、個人的にはMacBookシリーズを外出先で使う際に一番困るのがバッテリーの持続時間だったので、制約を緩和するUSB Type-C(Thunderbolt 3)の採用を歓迎しています。

製品概要

「RAVPower Type-C 26800mAh」は、容量26,800mAhを誇るモバイルバッテリー。

この大容量から推察できるように、重量は372gとモバイルバッテリーとしては重量級です。

重量 サイズ
372g 8cm x 17.2cm x 2cm

出力は、USB-Aポート二つ。

入力はmicroUSBポートが一つ。

入出力兼用のUSB Type-Cポートが一つ付いています。

Ravpower type c 26800mah 00008

種別 ポート数 備考
出力 USB-A 2 2.4A、2ポート合計最大3.4A、iSmart 2.0対応
入力 microUSB 1 最大2A
入出力兼用 USB Type-C 1 USB PD対応

USB PD対応のUSB Type-Cポートは、5V〜20Vの範囲の電圧に対応。

電圧モード 供給可能最大電流
入力/出力 5V 3A
9V 2A
15V 2A
20V 1.5A

USB PDに対応したモバイルバッテリーは、現段階では希少です。

当初、RP-PC018という出力30WのUSB Type-CのACアダプタが付属していましたが、USB Type-Cケーブルが付属していませんでした。

今販売されているものは、ACアダプタが付属しなくなった一方、代わりにUSB Type-Cケーブルが付属するようになりました

本レビューはACアダプタ付属時に入手したものを元に執筆しています。

USB Type-CケーブルはAnkerの製品を別途入手し、それを使用しています。

Ravpower type c 26800mah 00007

本製品は、後述する理由でUSB Type-C対応のACアダプタでの本体充電がオススメです。組み合わせる製品としては、AnkerのUSB Type-C対応ACアダプタがいいでしょう。

MacBook、MacBook Proへの給電テストを実施

このバッテリーを一番欲しがるのは、きっとMacBook(Pro)ユーザー。

そこで、MacBook、MacBook Pro 13/15での給電状況を確認しました。

テストには、積算機能も付いたUSB Type-C対応のテスターを使用しました。

Ravpower type c 26800mah 00004

電流の向き、電圧、電流の表示機能、そして電流の積算表示機能が付いており、USB Type-C機器を持っている人は必携の製品です。

Mid 2017 MacBook(Pro)純正ACアダプタと「RAVPower Type-C 26800mAh」との給電状況の比較

テスト結果が以下です。すべて2017年6月発売のMid 2017モデルでテストしました。

MacBook(Pro)側は、いずれも本体内蔵バッテリーが満充電、バックライトは恐らく最大で、作業は何もしていないという条件です。

※表は横スクロールします

モデル(Mid 2017) 内蔵バッテリー容量 純正ACアダプタ
供給可能電力
純正ACアダプタ
給電状況
RAVPower
Type-C 26800mA
給電状況
純正ACアダプタ比
供給電力率
充電可能回数
(予想)
MacBook Pro 15インチ
Touch Bar搭載モデル
76.0Wh 87W 19.8V/1.28A
(25.34W)
15.0V/1.22A
(18.3W)
72.2% 0.54回
MacBook Pro 13インチ
Touch Bar搭載モデル
49.2Wh 61W 20.0V/0.66A
(13.2W)
15.1V/1.03A
(16.17W)
122.5% 0.84回
MacBook Pro 13インチ 54.5Wh 61W 19.9V/0.70A
(13.93W)
15.2V/0.95A
(14.44W)
103.6% 0.76回
MacBook 12インチ 41.4Wh 29W 14.5V/0.34A
(4.93W)
15.3V/0.36A
(5.5W)
111.6% 1回

これを見て気づくのが、13インチ、15インチモデルは純正ACアダプタでは20Vの電圧モードになっているのに対し、「RAVPower Type-C 26800mA」を接続した場合は15Vにとどまっていることです。

しかし、流れる電流は純正ACアダプタより多いこともあり、MacBook Pro 15インチ Touch Bar搭載モデルのものを除き、供給電力は純正ACアダプタ以上となっています。

スペック上は15V、20Vのモードにおいて30Wが上限なのに対し、MacBook Pro 15インチ
Touch Bar搭載モデルでは18.3Wしか流れていないことから、この辺りが実際の限界なのかもしれません。

テストはMacBook(Pro)の本体内蔵バッテリーが満充電の条件で実施しています。バッテリーが満充電でない場合は流れる電流は多くなると予想されるため、13インチ以上のモデルでは純正ACアダプタほどのスピードで充電ができないかもしれません。

RAVPower Type-C 26800mAの公式サポート表明のあるMacBook 12インチの場合は、満充電で5.5W程度しか流れていないので大分余裕があり、純正ACアダプタ同様の働きが期待できそうです。

下表は、MacBook(Pro)のバッテリー容量から導き出したRAVPower Type-C 26800mAh使用によるバッテリー駆動時間延長効果の予想です。

モデル(Mid 2017) 本体内蔵バッテリー
想定駆動時間
RAVPower Type-C 26800mAh
使用によるバッテリー駆動時間
延長効果(予想)
MacBook Pro 15インチ
Touch Bar搭載モデル
10時間 5時間24分(324分)
MacBook Pro 13インチ
Touch Bar搭載モデル
10時間 8時間24分(504分)
MacBook Pro 13インチ 10時間 7時間36分(456分)
MacBook 12インチ 10時間 10時間(600分)

本体内蔵バッテリー想定駆動時間は、すべてカタログスペックの10時間を当て込んでいますが、それより実際のバッテリー駆動時間が短い場合は、係数として掛けてください。

MacBook(Pro)のバッテリー充電時間は?

MacBook(Pro)の本体内蔵バッテリーの充電にかかる時間は、テスト環境の問題で確認できませんでした。

超スピードで本体充電可能

「RAVPower Type-C 26800mAh」のUSB Type-C端子。

これは、MacBookなど接続した機器に充電・給電する出力方向に機能すると同時に、「RAVPower Type-C 26800mAh」自身に充電する入力方向にも機能する点が素晴らしい。

「RAVPower Type-C 26800mAh」自身を充電するのにUSB Type-Cを利用する場合も、USB PDで高速充電が可能なのです。

Ravpower type c 26800mah 00006

実際に30WのUSB Type-C対応ACアダプタ、USB Type-Cケーブルを使って「RAVPower Type-C 26800mAh」を充電してみましたが、驚きの高性能!

Ravpower type c 26800mah 00005

「RAVPower Type-C 26800mAh」は26,800mAhの大容量を持ちますが、空の状態から満充電するのに何と3時間45分しかかかりません!

充電経路 充電時間 実容量ベース
充電ペース
USB Type-C経由で充電 3時間45分
(225分)
70.62mA/分
microUSB経由で充電 10時間18分
(618分)
26.32mA/分

これは、かなり高性能なモバイルバッテリーの、さらに2倍高速であることを意味します。

おなじみAnkerのモバイルバッテリーの中に、入力を2系統持ち、通常のモバイルバッテリーの2倍の速度で本体充電ができる「Anker PowerCore II 20000」という製品があります。

2A×2で4Aの入力が可能と飛び抜けたスペックを誇りますが、それでも20,000mAhの容量を充電するのに約6時間(360分)かかります。

「RAVPower Type-C 26800mAh」は「Anker PowerCore II 20000」より容量が多くて3時間45分(225分)ですから、その2.14倍の速さに相当します。

2A入力の「cheero Power Plus 3 Premium 20100mAh」は充電に9時間59分かかります。「RAVPower Type-C 26800mAh」は、「cheero Power Plus 3 Premium 20100mAh」の3.54倍本体充電スピードが速いことになります。

「RAVPower Type-C 26800mAh」はiPhone 7を10回満充電可能。ということは、iPhone 7を1回満充電させるのに必要な容量を、23分あれば充電できてしまうのです。電源付きのイートインコーナーがあるコンビニがあれば、そこで何かを食べながら充電すれば1回分ゲット可能。

iPhone 7 Plusなら恐らく6回満充電可能ですから、この場合は38分ほど。

結構、運用方法が変わる性能といえるのではないでしょうか。

「RAVPower Type-C 26800mAh」にはmicroUSB端子があり、ここからの充電も可能なのですが、上表の通りでUSB Type-C経由の充電のおおよそ1/3のスピードにとどまります。

Ravpower type c 26800mah 00009

USB Type-Cの充電環境が用意できない場合に活躍してくれるでしょう。

実容量の測定

本体充電スピードについては比類なき高性能を誇る「RAVPower Type-C 26800mAh」ですが、実容量はどうでしょうか?

積載したバッテリーのセルの容量に対し、USB端子から取れる電流は1:1ではなく、必ず目減りします。

3.6V〜3.7Vのバッテリーのセルに対し、USB端子の電圧は5V。USB Type-Cにおいては最大20Vまで上がります。

昇圧をする回路の効率は100%ではないため、取れる電流は必ず減ってしまうのです。

実容量の計測には、ルートアールのRT-USBVAC。

負荷としてUSB給電の爆光LEDライトを使いました。

CREE XML-T6 高輝度 サイクルヘッドライト USB接続タイプ
ノーブランド品
売り上げランキング: 5,381

USB-Aポート経由のベンチマークとなりますが、結果は以下の通りです。

充電経路 搭載セル容量 実容量 効率 充電時間 実容量ベース
充電ペース
USB Type-C経由で充電 26,800mAh 15,890mAh 59% 3時間45分
(225分)
70.62mA/分
microUSB経由で充電 16,270mAh 60.7% 10時間18分
(618分)
26.32mA/分

おおよそ60%なので、高からず、低からずの標準的な効率です。

USB Type-C経由で「RAVPower Type-C 26800mAh」に本体充電したのと、microUSB経由で「RAVPower Type-C 26800mAh」に本体充電したのとで、実容量に2.4%ほどの差が出ました。

USB Type-C経由で本体充電した方が、実容量が2.4%ほど少なくなりました。

大電力で本体充電するUSB Type-C経由の方が、早く満充電判定される設計なのでしょう。

MacBook(Pro)ユーザーならマストバイ!

さて、紹介してきた「RAVPower Type-C 26800mAh」ですが、Thunderbolt 3対応MacBook(Pro)ユーザーなら標準装備したいモバイルバッテリーといえるのではないでしょうか。

  • 26,800mAhの大容量
  • MacBook(Pro)に対応
  • USB Type-C経由なら本体充電が超爆速(多分、モバイルバッテリーで最速)

これがあれば、バッテリーの持ちのいいMacBookは機動性をより高めることができます。

バッテリーの持ちがあまりよくないMacBook Proでも、長丁場のカンファレンス、セミナー、電源環境の悪い場所での逗留に対応できるようになります。

ホテルでの短い滞在時間でも、十分満充電可能な本体充電のスピード。

バッテリーの持ちに不安があったのなら、導入してみてはいかがでしょうか。十分検討の価値がある一台です。

 - ガジェット, モバイルバッテリ

dropbox_sale_banner evernote_sale_banner_03