ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

【イナゴ用】暗号通貨取引所Coincheck、Poloniex、Bittrexの短期トレード支援Webサービスを作りました

      2017/07/09

Ccwatcher polowatcher btrexwatcher 00000

暗号通貨(仮想通貨)のトレードの役に立つことを目指してWebサービスを作りました。

値動きを率で見るのに特化したWebサービスです。

今、この瞬間に一番価格上昇率が高い通貨はどれ?

そんな疑問を持ったことがあるなら、もってこいのWebサービスかもしれません。

短期のトレードに必要なリサーチ能力を道具で補う

暗号通貨投資を始めて3カ月あまり。

僕には投資の素養がないので、基本的には暗号通貨を買って値段が上がろうが下がろうがそのままにしておく、長期のホールドを自らの投資スタイルとしています。

しかし短期でも成果を出せるものか試してみたく、最近はPoloniexという暗号通貨取引所で短期投資も始めてみましたが、全くうまくいっておりません。

全く、うまくいっておりません。

そもそもが適当すぎるというのはあるんですが、チャートが重くてPoloniexに上場されている通貨の全体像を把握するのが困難なため、今保持している通貨の値動きが思わしくなくても、他に乗り換える通貨を探すのがおっくうで、短期のつもりがついついホールド。

Ccwatcher polowatcher btrexwatcher 00006

5月のゴールデンウィークのバブル気味の相場が終わり、何度かあったガラに飲まれてどんどんタネ銭がすり減る結果となりました。

チャートの表示が重いと通貨の一覧表示を頼りにしたくなりますが、動きの早い暗号通貨においては、値動きの指標となる前日比の変動率が現状を把握するのにあまり役に立ちません。

例えば、爆上げした後、爆下げの状況にある通貨でも、前日比の変動率では大幅なプラスが残っていることが少なくありません。

その逆で、爆下げ後の反発で爆上げしている状況でも、前日比の変動率はマイナスだったりもします。

24時間前との比較という指標では、今、値が上がりつつある通貨を探すのが困難なのです。

現状を打開するための分かりやすい指標が欲しくなり、今値を上げている通貨を多くの中から見つけ出すためのWebサービスを作ってみました。

それが、以下の三つです。

CCWatcher 取引所Coincheckに対応
PoloWatcher 取引所Poloniexに対応
BTrexWatcher 取引所Bittrexに対応

取引所の商標を避けるため、略称を使ったり、モジった名前にしてあります。

どんなWebサービス?

これらは、任意のタイミングで基準価格を取得して、その価格との差率を以降の値動きに合わせ刻々と表示するというシンプルなWebサービスです。

Ccwatcher polowatcher btrexwatcher 00001

前日比は常に24時間前が比較対象ですが、これらのWebサービスでは基準価格をユーザーがおのおののタイミングで取得するのです。

ユーザーがWebサービスにアクセスした瞬間に基準価格を取得。

Ccwatcher polowatcher btrexwatcher 00003

以降、その基準価格との差率を表示しますので、今この瞬間に値を上げつつあるかどうか、という指標が得られるわけです。

これは、前日比では分かり得ないこと。

基準価格はリセットの操作をしなければずっとそのままですので、自動的に比較対象の価格がリアルタイムに新しい方へとずれていく前日比とは違った使いづらさを感じるかもしれません。

取得した基準価格はWebブラウザの保存領域に永続的に保持するため、Webブラウザを閉じても基準価格は維持される作りです。

Ccwatcher polowatcher btrexwatcher 00002

(その他の設定項目もWebブラウザを閉じても維持されます)

そして、任意のタイミングでリセットできるようになっています。

Ccwatcher polowatcher btrexwatcher 00004

リストはデフォルトでは通貨名順で並んでいますが、差率がプラスに振れているものを前に並べ替えるオプションも備えています。

Ccwatcher polowatcher btrexwatcher 00005

これをオンにすれば、取引所の中で、今現在最も値を上げている通貨がたちどころに分かるわけです。

「ヨーイドン!」で基準価格を取得(リセット)すれば、暗号通貨の徒競走の始まりです。

そのストップウォッチの役割を果たすのが、これらのWebサービスです。

基準価格をリセットせずにそのまま置いておけば、24時間以上前の基準価格と比較できることにもなります。数日分の値動きにもなると、変動率が数百パーセントを超える通貨もままあり、それを確認できることにも味わいがあります。

BittrexなどはBTC建ての通貨ペアが182種類(2017年6月現在)もあります。

その中から、今現在最も値を上げつつある通貨がどれかをたちどころに判別可能というのは、有益といえるのではないでしょうか。

実際、なかなか壮観な結果が得られます。

ジャンピングキャッチ促進サービス?

暗号通貨投資は値段が下がったものを買う逆張りがセオリーとされている一方、このWebサービスの利用を前提とする手法はそれとは逆の順張りが前提になります。

この点で、もたらされる投資成績は未知数です。

値が上がると目されている通貨をあらかじめリサーチで特定し、上がる前に購入。上がる瞬間を待つ手法と比較して、暴騰の初動を必ず逃す点で、このWebサービスを利用する手法に期待できる利益率は相対的に低いといえます。

また、上がってから買うと、含み損失を抱える確率もグっと高まります。

上がる前に買っていれば、買った値段以下に値段が下がってしまう確率は上がってから買うのと比較して低くなります。

上がってから買った場合は、ピークを過ぎた後に買った値段以下に下がるのはほぼ確実。

従って、ピークでの確実な利確もまた必要とされることになります。

このようなリスクが想定されるのがこのWebサービスです。

手厳しい人は、僕に「ジャンピングキャッチ促進サービスだね」と言いました。否定できません。

しかし、僕には上がる通貨を事前にリサーチするのが面倒臭い(笑)。

この時点で退場すべき人間なのかもしれませんが、いわゆるイナゴ投資も技術を尽くせば勝機は見えるのではないか? 今の暗号通貨市場からはそのような可能性も感じます。

まさに、このコンセプトを体現しているスレッドが2ちゃんねるにありましたので紹介しておきます。

もし、このWebサービスをご自身の投機に取り入れるのなら、そのような前提の事情はご承知ください。

僕自身作ったばかりでまだ活用ができていませんが、思わしくなかった短期投資の成績挽回を、このWebサービスの助けを借りて図ってみるつもりです。

使用方法

特に難しいところはありません。

CCWatcher、PoloWatcher、BTrexWatcherを表示すると基準価格が取得され、以降変動率0%から上下に振れていくため、それを観察します。

基準価格をリセットしたければ、「基準価格をリセットする」ボタンを押します。

絞り込み機能

標準状態ではすべての通貨が表示された状態ですが、検索窓に通貨名(btc、ethなど)を入力すると、入力した通貨のみ表示されるようになります。

入力したキーワードは、ページを閉じても維持されます。

正規表現検索が可能なので、複数の通貨を表示させたい場合は以下のようにパイプで区切って複数通貨を入力します。

eth|etc|lsk|xrp|xem

実用的な意味はありませんが、名前がeで始まる通貨を探したい場合は以下のように。

^e

名前がeで終わる通貨を探したい場合は以下のようにします。

e$

名前がxで始まるか、もしくはeで終わる通貨を探したい場合は以下のようにします。

^x|e$

大文字小文字の区別はない設定にしているので、通貨名を大文字で入力する必要はありません。

ソート機能

Ccwatcher polowatcher btrexwatcher 00005

標準状態では通貨の並びは通貨名順の固定ですが、「ソート」のチェックボックスをオンにすると、値上がりしているものが、そして値上がり幅が大きいものが先頭になるよう並び替えが行なわれるようになります。

ソートを逆順にする機能

チェックボックス「逆順に」をオンにすると、標準状態の通貨名順、チェックボックス「ソート」オン時の並びが逆になります。

「ソート」オン時は値下がりしているものが、そして値下がり幅が大きいものが先頭になるよう並び替えが行なわれるようになりますので、底値を狙って買う逆張り向きの表示となります。

逆張りが本来のセオリーなので、こちらの使い方の方が無難かもしれません。

値上がりした通貨のみを表示する機能

標準状態では、値上がりしていようが値下がりしていようが全通貨を表示しますが、「値上がりした通貨のみ表示」のチェックボックスをオンにすると、値上がりしている通貨のみが表示されるようになります。

出来高フィルター機能

「出来高フィルター」のスライダーを左右に動かし、出来高を指定すると、指定した出来高以下の通貨が表示されなくなります。

いくら値上がりしていても、出来高100、出来高1、などという通貨は注文を出しても約定が困難なため、そういった通貨は投資対象にしない方針ならば、この機能が役立つはずです。

値上がりした通貨を一気にタブで開く機能

「値上がりした通貨を一気にタブで開く」ボタンを押すと、値上がり中の通貨を一気にWebブラウザのタブで開こうとします。

値上がり中でも、ダウントレンドの渦中にあったりするため、投資に値するかは実際にチャートを見て判断しないとなりません。

その手間を少しでも省くために付けてみました。

ただし、ポップアップウインドウをブロックする設定を有効にしていると機能しません。

キーボードショートカット

あまり必要性は高くないかもしれませんが、キーボードショートカットも付けてみました。

キーボードショートカット
機能 キー
値上がりした通貨を一気にタブで開く L
基準価格をリセット R
ソート S
値上がりした通貨のみ表示 F
絞り込みにカーソル移動(Macのみ) Ctrl+F、Ctrl+S
絞り込みからカーソルを外す(Macのみ) Ctrl+G、Esc(Firefoxのみ)
出来高フィルター Vの後、カーソル左右

果たして役に立つのか?

有用性を持たせようと作ったこれらのWebサービスですが、今のところこれによって利益をあげた実績がありません。

さきほども触れた通り、暗号通貨は逆張りがセオリーだからです。

自分自身を実験台にして投機戦略に組み込んでみるつもりですが、もしこれを読んだあなたが同様にされる場合は、もちろん自己責任でお願いします。

より実績を出すのに有益な提案があれば、ぜひお寄せください。

CCWatcher 取引所Coincheckに対応
PoloWatcher 取引所Poloniexに対応
BTrexWatcher 取引所Bittrexに対応

今後の展望

今後については、以下のようなことを考えています。

  • キーボードショートカット修正
  • 利用者数の推移とブログの速度低下を鑑みサーバ移転(速度の確保)
  • 設定画面追加
  • 上位の結果にチャートを表示
  • Pushoverなどのスマートフォンへのプッシュ通知サービスとの連携

 - 暗号通貨

dropbox_sale_banner evernote_sale_banner_03