ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

iPhone 4Sで秒間60コマのヌルヌル動画が撮影できるSmoothVideoが面白い

      2016/03/16

ひとりぶろぐのmoyashi (@hitoriblog) です。

iPhone 4S限定ですが、60fps(秒間60コマ)の動画が撮影できるSmoothVideo(スムーズビデオカメラ)がリリースされました。

iOS標準のカメラアプリで撮影できる動画が30fpsですから、倍の細やかさで撮影できることになります。

通常の4倍の解像度を持つディスプレイがRetina Displayなら、これはRetina Motionです!

スムーズビデオカメラ – とっておきのシーンを撮影しよう (Version 1.0) App
カテゴリ: 写真/ビデオ
価格: ¥85
デベロッパ名: KatokichiSoft
リリース日: 2012/08/25
対応デバイス:
現Ver.の平均評価: (無し / 0件の評価)
通算の平均評価: (無し / 0件の評価)
Game Center: 非対応
 

早速試してみましたが、結構楽しくてハマってしまいました。(続きは[Read More]から)

60fpsだと何が凄い?

SmoothVideoで録画した60fpsの動画は、iOS標準の写真アプリではもちろん、Safariでも再生が可能です。

iOSは60fpsの動画再生に対応しているのですね。iPhone 4S、Retina iPadでの再生を確認しています。

百聞は一見にしかずです。SmoothVideoで録画した60fpsの動画のよさを知るには、実際にごらんいただくのが早いでしょう。

SmoothVideoで録画した60fpsの動画。

60fps動画直接リンク(26.7MB)

続いては、それをQuickTimeで30fpsに変換したものです。

30fps動画直接リンク(18.9MB)

60fpsの動画の方が、ヌルヌルとして生っぽい感じがすると思います。

動きのキメが細かく滑らか

通常の動画は30fps。SmoothVideoでは60fpsの動画が録画できるのですから、倍の細かさです。

さきほどの動画を見ての通り、60fpsの動画を体験してしまうと、30fpsの動画は、ややカクカクしたものに感じてきます。

人間の目は1秒に55回以上の光の点滅を認識できないといいます。逆を言えば、30fpsか、60fpsかの違いは、人間は知覚できるわけですね。

SmoothVideoは、時々プレビューが30fpsになりますが、録画される動画はプレビューの状態を問わず60fpsなので安心してください。60fpsのプレビューが可能かどうかは、環境に依存するということです。

60fps動画の編集

動きがなめらかな60fps動画が録画できるようになると、それを素材にして編集したくなります。

しかしながら、60fpsに対応した動画編集アプリは多くないようです。

OS X用のiMovieは24fpsと30fpsにしか対応していませんでした。SmoothVideoで録画した60fpsの動画を読み込むことはできますが、読み込んだ後はプロジェクトに設定されたfps(24 / 30)になってしまいました。

iMovie App
カテゴリ: ビデオ
価格: ¥1,300

iOS用のiMovieでも、やはり30fpsになってしまいました。

iMovie App
カテゴリ: 写真/ビデオ
価格: ¥450

QuickTime Xによる編集は、トリムだけは60fpsを保ってできましたが、画面の回転、動画の結合等をすると30fpsになってしまいました。

とりあえず結合だけでもと調べたところ、QuickTime 7 Proでは60fpsを保ったまま動画の結合を完遂することができました。

QuickTime 7は、Mountain Lion上でも使えました。QuickTimeに購入したシリアルを入力するとProとなり、書き出し等ができるようになります。

QuickTime Player 7 のインストール QuickTime Player 7 のインストール

結合方法は、QuickTime Proで動画を開いた後、別の動画をコピー&ペーストするというものです。書き出しの設定は、概ねの項目で「そのまま」を選びます。すると、再エンコード無しで素早く書き出しが完了しました。

Windowsには、60fps対応の動画編集ソフトがそれなりにあるようですね。

85円はお値打ち

YouTubeをはじめ多くの動画共有サービスが60fpsの動画に対応しておらず、カメラの方も60fpsで録画できるものは限られていますから、60fpsの実写動画を見る機会は普段無いかと思います。

それだけに、SmoothVideoで録画した60fpsのヌルヌル動画にはカルチャーショックを受けました。

これを体験できるというだけでも、85円の価値は十分あるでしょう。

HD、Retinaの次は60fps来ますね。

フォーカスや露出がコンティニュアスではないので、録画中に画面をタップしてフォーカスや露出を合わせ直さなければならなかったり、OS標準のカメラアプリのように手ブレ補正が無く、歩きながら録画するのに向いていなかったりと、気になるところもあります。

しかし、60fps動画の魅力を知ってしまうと、使い方の方を工夫してやろうという前向きな気持ちになります。

スムーズビデオカメラ – とっておきのシーンを録画しよう App
カテゴリ: 写真/ビデオ
価格: ¥85

 - iPhone

Psngames banner Psngames banner