ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

iOS 6でコピペメニューから英和辞書を使う方法

   

iOS 6では英英辞書しか使えなくなったと思い込んでいた

ひとりぶろぐのmoyashi (@hitoriblog) です。

iOS 6になってから、英単語をコピペメニュー内の辞書で調べると、iOS 5までと違い英英辞書でひかれるようになってしまい、絶望を味わっていました。

しかし、実はiOS 6でも英和辞書を使う方法があったんですね!

こちらのエントリを見て知り、感動しました。これは大発見です!

iOS6の内蔵辞書が英英辞書になったり英和辞書になったりする – W&R : Jazzと読書の日々

英単語を英和辞書で調べる方法

方法は簡単で、英単語を選択する前、あるいは選択した後に日本語キーボードに切り替え。

その後にコピペメニューから「辞書」をタップ。これだけです。

英語キーボードの状態だと、英英辞書が使用されます。

つまり、キーボードが表示されていないと、使用する辞書を任意に選択できません。(続きは[Read More]から)

キーボードが無い場合はどうする?

Safariで表示したWebページ上の単語など、キーボードが表示されていないところで英単語を調べたい場合はどうしたらいいでしょう?

キーボード切り替えの影響範囲はアプリ内にとどまります。

例えば、メモ.appで日本語キーボードに切り替えた後、Safariに切り替えて英単語を調べようとしても、必ずしも英和辞書が使われるわけではありません。

この場合は、Safari内でキーボードを切り替える必要があります。

Safariの場合は最上部に検索キーワードを入力するところがありますから、ここでキーボードを切り替えれば辞書の使い分けができます。

こうした仕組み上、テキスト入力ができる場所が完全に無いアプリの場合は辞書の使い分けができないことになります。

その場合は、英単語をクリップボードにコピーして、別のアプリでやるしかないでしょうね。

 - iPad, iPhone

Psngames banner Psngames banner