ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

iPhoneとEvernoteを使ってEPUB対応電子書籍端末でWebを「後で読む」試み

      2016/02/05

液晶が辛い

ひとりぶろぐのmoyashi (@hitoriblog) です。

iPhoneを買ってからというもの「iPhone、iPadの画面を見ている時間=視力低下の進行」といった状況で非常に辛い。

電子書籍端末の電子ペーパーは、そうしたダメージを緩和させる選択肢として有効です。

sony reader "PRS-T1"

Photo: HAMACHI!

できるならば、長文は目にやさしい電子ペーパーで読みたい。

電子書籍端末で「後で読む」したいんだけど……

required reading week 1

Photo: tifotter

iPhoneの画面を見てる時間を減らそうと思って、Webを「後で読む」手段として電子書籍端末を活用できないか試行錯誤していたのですが、最適解が見出せないままでした。

Firefox、Chromeの拡張にWebページをEPUBするものがあったり。WebページをEPUB化するWebサービスがあったり。

calibre – E-book management

EPUBオーサリングツールにWebをEPUB化する機能があったりします。

しかし、日本語を考慮しているものが少なく、文字が化けてしまいがち。

メタデータを改変して文字化けを直しても、例えばpreタグ、codeタグの中身は改行が全部取れちゃっていたりして、読めるものが限られ困ったり。

また、PC上で変換するのだと習慣化できずでなかなかいいものが見つかりません。(続きは[Read More]から)

iOS用アプリEverEPUBで光明を見出した!?

そんな折、僕の目には光輝いて見えたアプリが登場。

EvernoteのノートをEPUBに変換するiOS用アプリ、EverEPUBです。

EverEPUB for EvernoteApp
カテゴリ: Productivity
販売元: Shingo Tokubuchi(サイズ: 2.8 MB)
全てのバージョンの評価: (18 件の評価)

開発者は日本人。これはいける!

EvernoteにWebクリップする手段は枚挙にいとまがない。

そうしてクリップしたWebページをiPhone単体でEPUB化できたら、電子書籍端末側の通信環境の問題は残るものの、これに電子書籍端末を加えるだけで環境が完結します。

しかし、そううまい話は無かった。

Evernote上のWebクリップをEverEPUBでEPUB化すると、高確率で「不明なエラー」というエラーが出て、変換が終わらない。

夢が打ち砕かれました。

久しぶりにEverEPUBを試したらいい感じ

#SAppInfにEverEPUBのバージョンアップ情報を見つけたので久しぶりに試してみると、僕のEvernote上にあったWebクリップはエラーが出ずに変換が終わる!

Screenshot 2012 10 18 00 32 31
明らかに以前の挙動とは違います。強く、たくましく育っている。

出来たEPUBをとりあえずiBooksに渡して見てみると、いい感じで変換されているじゃないですか。

Screenshot 2012 10 18 00 30 44

最近App Storeは更新履歴が見られるようになったので、それを眺めてみると、僕が使っていなかった間もこまめなバージョンアップが続いており「XML解析エラー」との苦闘の歴史もしっかりと刻まれていました。

Screenshot 2012 10 18 00 35 38

なるほど、これなら一度は諦めた電子書籍端末を使って「後で読む」が、今度こそ実現できそうです。

EvernoteへのWebクリップの方法を見直す

iOS上で、どうやってEvernoteにWebクリップしましょうか。

SylfeedApp
カテゴリ: News
販売元: GACHANET(サイズ: 8.5 MB)
全てのバージョンの評価: (1,421 件の評価)

とりあえずはSylfeedです。SylfeedはGoogleリーダーと同期するRSSリーダー。

Screenshot 2012 10 18 00 37 24

RSS消化中に目に留まった記事は、SylfeedのEvernoteクリップ機能を使ってどんどんぶち込めます。

Webブラウザ、Safariからは?

今回はQuickEver Clipを使うことにします。(QuickEver Clipは公開終了しました)

QuickEver Clipは、WebクリップしたいページのURLをクリップボードにコピー後、

Screenshot 2012 10 18 00 42 46

通知センターから起動。

Screenshot 2012 10 18 00 40 06 1

すると、いきなりWebクリップが開始されます。

Screenshot 2012 10 18 00 45 25

2アクションでWebクリップが終了。鬼速!

iOS 6ではSafariでURLをコピーしやすくなったので、連携がいい感じにいきます。

この仕組みなら、Safariのみならず、場所を選ばずWebクリップできますね。

この二つがあればWebクリップの手段には満足です。

僕はこの用途のために、Evernote上に後で読む用のWebクリップを保存するノートブック、「ReadItLater」を作りました。

Screenshot 2012 10 18 00 47 42

そして、Sylfeed、QuickEverClipから後で読む用のWebクリップをする場合は、ノートブック、「ReadItLater」に保存するようにしました。

操作の仔細についてはここで紹介しませんが、Sylfeed、QuickEverClipを使うと、サクサクと後で読む用にWebクリップをEvernoteにためていけます。

ため込んだWebクリップをEverEPUBでEPUBに書き出す

後で読む用のWebクリップをため込んだノートブックReadItLaterをEverEPUBで見ると、含まれるノートが全部変換対象として選択された状態で表示されます。「次へ」ボタンをタップ。

Screenshot 2012 10 18 00 56 47

どうせ読み捨てなのでタイトルと著者は適当に入力。そして「EPUB作成」ボタンをタップ。少々処理時間がかかるので、自動ロックが機能してロック状態になるかもしれません。

EverEPUBはバックグラウンドでの処理に対応していますが、iOS 6の場合は、iOS 6のバグを回避するために「EPUB作成」ボタンを押す前にキーボードを英語キーボードに切り替えておきます。さもないとクラッシュします。

Screenshot 2012 10 18 01 01 22

うまくいけば、EPUBが書き出されます。

Screenshot 2012 10 18 01 05 37

一つのEPUBの中に複数のWebページが含まれる形となりますが、章別に分かれており、目次から各ページにジャンプできるようになります。

Screenshot 2012 10 18 04 26 14
書き出されたEPUBをタップするとOpenInで他のアプリに渡せます。僕はDropboxへ渡し、「~/Dropbox/00epub」へアップロードしています。

Screenshot 2012 10 18 01 06 51

電子書籍端末からのEPUBの参照

僕はSONYのPRS-T1という電子書籍端末を使っています。

PRS-T1は内蔵WebブラウザでDropboxにログインでき、Dropbox上のファイルをダウンロードできます。

Dropbox 2012 10 18

Webブラウザ経由でアップロードしたEPUBをダウンロードし、「後で読む」すると。

DSC00589

こういった案配です。

DSC00585

本当はAndroid OSを搭載したPRS-T1をroot化し、Dropboxクライアントを入れてEPUBのアップロード先である「00epub」にダイレクトでアクセスできるショートカットを作成しているんですけれどね。

RSSリーダー自体もPRS-T1にインストールしているんですが、電子ペーパーだとページスクロールでないと使いづらいのです。

MobileRead Wiki – PRST1 Rooting and Tweaks

※PRS-G1はrootが取れないので注意

まだ課題の残るEverEPUB

以前よりは変換精度が改善されていることは確かですが、ページによっては変換できても読めなかったり、エラーが出て変換できない場合もあります。

実用度はまだまだ?

電子書籍端末で「後で読む」してる方、もっといい方法があったら教えてください。

SylfeedApp
カテゴリ: News
販売元: GACHANET(サイズ: 8.5 MB)
全てのバージョンの評価: (1,421 件の評価)

EverEPUB for EvernoteApp
カテゴリ: Productivity
販売元: Shingo Tokubuchi(サイズ: 2.8 MB)
全てのバージョンの評価: (18 件の評価)

 - Evernote, iPad, iPhone, 電子書籍

Psngames banner Psngames banner