ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

iPhone/iPadに電源を接続したときにアプリを起動できるOnChargeLauncher

      2015/12/20

webOS 2.0には、本体を充電器に置いたときに自動的にウィジェットを起動する機能があるそうです。

iPhone、iPadをDockに設置したときにLCD Clockなどを自動的に起動できると便利かもしれないので、それができるランチャーを作ってみました。
OnChargeLancherといいます。(続きは[MORE]から)

解説

iPhone、iPadを電源に接続したときに、任意のアプリケーションを起動するランチャーです。

Dockに置いたときに自動的に起動すると案配のいいアプリケーションを設定しておく、といった使い方を想定しています。

美人時計、LCD Clockのような時計系アプリケーション、無限スライドショーができるアプリケーション、カレンダー、自動更新付きの天気情報系のアプリケーションなどがよさそうです。

なお、設定で電源に接続している間だけAutoLockを無効にすることもできます。
LCD Clockには元からそういう機能が付いていますが、AutoLockの制御機能が無いアプリケーションを設定するときに便利かと思います。

パスコードロックをかけている場合は、ロック中無効となります。
パスコードロックがかかっているかどうか調べて、かかっていたら起動を中断する動作となります。

設定項目解説

OnChargeLauncherをインストールすると「設定>OnChargeLauncher」という項目が増えます。

ここで設定を変更することができます。

  • Enabled: OnChargeLaunchの有効無効を設定します
  • Disable Auto Lock: AutoLock無効の設定をします。オンにしておくと、電源に接続している間AutoLockが無効になります。起動指定したアプリケーションが起動している間、ではないことに注意してください
  • Identifier: アプリケーションを識別するidです。調べて入力する必要があります

Identifierの一例

以下のIdentifierを入力すると、当該アプリケーションを起動することができます。

  • LCD Clock: foryou.LCDClock
  • LCD Clock HD: jp.uuuu.LCDClockHD
  • tumblrFrame: com.foltia.tumblrFrame

iPhone OS3.1.xで動きますか?

動きません。

Identifierが分かりません

アプリケーションのパッケージ内にあるInfo.plistに書いてあります。

  • AppLinksをCydiaからインストールする
  • AppLinksを実行、画面左下のリロードボタンを押す
  • iFileをCydiaからダウンロード(シェアウェアですが、無料で使えます)
  • iFileを実行
  • iFileで/var/mobile/AppLinksに移動
  • 目的のアプリケーションのディレクトリに降下(/Applications/Hoge.app/Hoge.appなど)
  • Info.plistを選択、表示された選択肢から「プロパティリストビューアー」を選択
  • CFBundleIdentifierの直下、に囲まれた部分をコピー

既知の問題

  • パスコードロックを解いてアプリケーションを起動できないため、パスコードロックをかけている場合は、ロック状態からアプリケーションを起動できません。

動作環境

  • iOS 3.2
  • iOS 3.2.1
  • iOS 3.2.2
  • iOS 4.0
  • iOS 4.0.1
  • iOS 4.0.2

履歴

  • 0.1-1 2010.09.02 初版

インストール

インストールは、いつものNew野良リポジトリから「OnChargeLauncher」で検索してください。
例によって安定性等は保証するところではないので、そのつもりで使ってください。
無保証、無サポートです。

 - iPad, iPhone, Jailbreak, ガジェット

dropbox_sale_banner evernote_sale_banner_03