ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

App Storeのアプリ情報をTwitterやEvernoteへ送信可能にするAppStorePatcher

      2012/11/14

App Storeでアプリケーションを物色するのは楽しいものです。

面白いものを見つけたとき、また、セールスしているのを発見したとき、知り合いとその喜びを分かち合いたいものです。

また、気になるアプリケーションを見つけたはいいが、出先で3G通信下の環境にあり、なおかつファイルサイズ的に3G環境下では購入ができないものだったとき、またはOSをバージョンアップしないとインストールできないアプリケーションだった場合、そのアプリケーションのことを覚えておきたいものです。

現状では「友人に知らせる」ボタンからメールを送信するか、スクリーンショットを保存するかぐらいの手段しかありません。

アプリケーションに関する情報をクリップボードにコピーしたり、Twitterに投稿したり、Evernoteにアプリケーションの情報を保存できたらいいだろうなと思い、それをできるようにするTweaksを作ってみました。AppStorePatcherです。(続きは[MORE]から)

使い方

AppStorePatcherインストール後、App Storeを起動し、「友人に知らせる」ボタンを押します。
すると、Action Sheetが表示されます。

  • Mail: デフォルトの動作です
  • Copy (Short): クリップボードにアプリケーション情報をコピー(短いフォーマット)
  • Copy (Long): クリップボードにアプリケーション情報をコピー(長いフォーマット)
  • Twitter: Twitterクライアント(デフォルトはTwitter for iPhone)にアプリケーション情報を引き渡します。設定のURL Schemeを変更することでTwitter for iPhone以外にも対応させることが可能です
  • Evernote: EvernoteとEvernotePatcherがインストールされていれば、Evernoteにアプリケーション情報を送ります

インストール

New野良リポジトリに置いておきました。

「AppStorePatcher」で検索してください。

AppStorePatcherを完全に動作させるに当たっては、Evernote、Twitter for iPhoneのインストールが必要です。
なお、AppStorePatcherインストール時に、EvernotePatcherがインストールされます。

無保証です。

履歴

  • 0.1-1 2011.02.27 初版

設定方法

 

「設定>AppStorePatcher」でURL Schemeを設定できます。
「Twitter」ボタンを押したときに使われるURL Schemeです。
デフォルトではTwitter for iPhoneのURL Schemeが設定されています。

「_INFO_」が実際のアプリケーション情報に置換されます。

既知の不具合

  • Echofon連携がうまくいかない

動作環境

  • iOS 4.2.1 (iPad非対応)

 - iPhone, Jailbreak, ガジェット

dropbox_sale_banner evernote_sale_banner_03