ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

iPhotoで選択中の画像をMarsEditにキーボードショートカット一発で貼り込む

      2016/03/16

ドラッグ&ドロップが面倒くさい

MarsEdit – the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more. 3.6.2(¥4,000)App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化
販売元: Red Sweater Software – Red Sweater Software(サイズ: 7.9 MB)
全てのバージョンの評価: (10件の評価)

僕はiPhoto内の画像をMarsEditに貼り込むとき、Command+2のMedia Managerじゃなく、iPhotoから直接ドラッグ&ドロップで貼っていることが多いです。

Skitched 20131212 120625

iPhotoで補正直後に貼っているからかもしれません。今いじったのは、Media Manager上のどれだっけ? という照合が面倒くさい。

iPhotoで選択中の画像をMarsEditにキーボードショートカット一発で貼り込みたいので、できるようにしてみました。

MarsEditPatcherのインストール

MarsEditにプログラマブルに画像を挿入するのは、標準状態ではできません。MarsEditPatcherをインストール。

Ver.1.1はプレビューの自動リロード抑制付き。(続きは[Read More]から)

Ver.1.0

ひとりぶろぐ » MarsEditにキーボードショートカットで画像を挿入する方法の検討

Ver.1.1

ひとりぶろぐ » MarsEditのプレビュー自動リロードは長文になると重いので手動になるよう魔改造してみた


iPhotoで選択中の画像をMarsEditに挿入するAppleScript

Ver.1.2

ひとりぶろぐ » MarsEditのUpload Utilityのウインドウが開いたときに「Upload With Post」ボタンに自動的にフォーカスを移すように魔改造してみた

以下をダウンロード、解凍して「/アプリケーション」フォルダにコピー。

InsertIphotoSelectionTheMarsEdit.scpt.zip

上記のAppleScriptを起動すればMarsEditにiPhotoで選択中の画像が挿入されます。

BetterTouchToolの設定

AppleScriptの起動方法は何でもいいのですが、BetterTouchToolはシステムグローバルなキーボードショートカットにAppleScriptを割り当てられるので、僕はこれを使っています。

BetterTouchToolのインストール、起動までの手順は割愛。BetterTouchToolを起動すると、画面最上段のステータスバーにアイコンが出てきます。

Great Tools For Your Mac By Andreas Hegenberg » BetterTouchTool, BetterSnapTool & SecondBar

BetterTouchToolのPreferencesを開き、「Gestures(1)>Keyboard(2)」タブを選択。「Global(3)」セクションで「Add New Shortcut(4)」ボタンを押す。

Skitched 20131212 121850

「Keyboard Shortcut(4)」をクリックして、割り当てたいキーボードショートカットを押下。システムグローバルに有効なものなので他とかぶりにくいように、僕は「Command+Shift+Control+I」にしておきました。

「Trigger Predefined Action(5)」は、「Controlling Other Applications」の下にある「Open Application / File / Apple Script」を選択。

すると、ファイルオープンダイアログが現れるので、さきほど「/アプリケーション」フォルダにコピーしたAppleScriptを選択します。

設定は以上。


MarsEditとiPhotoを前面に出すキーボードショートカットを割り当てると捗る

ついでに、「Open Application / File / Apple Script」でMarsEditとiPhotoのキーボードショートカットも割り当てておくといいと思います。

僕は、MarsEditには「Command+Control+M」、iPhotoには「Command+Control+I」を割り当てました。

同様にSafariに「Command+Control+B」、Skitchに「Command+Control+G」などどうでしょう。

アプリケーションが起動していないときは、それらのキーボードショートカットを押すと起動。

既に起動している場合は、対象アプリケーションが前面に出ます。

Command+Tabで一つずつスイッチしていかなくてよく、それ以外に起動している(あまり使わない)アプリケーションに煩わされなくていいのです。

操作

iPhotoで画像を選択。複数画像を選択していたら、そのうちの1点を選ぶようにしています。

そして、割り当てたキーボードショートカット(僕はCommand+Shift+Control+I)を押す。

すると、MarsEditに切り替わって、Upload Utilityが表示されます。

MarsEditに切り替えてからキーボードショートカットを押しても、iPhotoで画像を選択直後に押してもどちらでもOK。

「Upload With Post」、「Upload Now」ボタンをキーボードだけで押す方法については、以下で書いています。

ひとりぶろぐ » MarsEditにキーボードショートカットで画像を挿入する方法の検討

 - AppleScript, OS X, WordPress, ブログ運営