ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

iPhoneのフリック入力で「あああ」と素早く打てるようにするMonkeyTypingCanceller

      2011/04/10

iPhoneのテンキーキーボードでフリック入力をマスターすると、トグル入力(「お」を入力するために「あ」を5回タップする入力方法。猿打ちとも)のための動作が邪魔になります。

例えば、フリック入力で「うわああああ!!11ぷしゃあああああ!!1」と入力するためには、「あ」が連続する部分で「あ」「→キー」「あ」「→キー」「あ」「→キー」「あ」「→キー」「あ」「→キー」という感じで「あ」と「→キー(Confirm Key)を交互タップする必要があり、面倒です。

いったんフリックしてからセンターに戻すことで高速な連続入力を実現する「釣瓶落とし」というテクニックがiPhoneプロの間では使われているようですが、マスターまでには短かからぬ年月を要するようです。

「釣瓶落とし」を3年かかってマスターできなかったので、テンキーキーボードの入力猶予時間を短縮するMonkeyTypingCancellerというTweakを作ってみました。

これを使うと「釣瓶落とし」を使わずともiPhoneのフリック入力で「あああ」と素早く打てるようになります。(続きは[MORE]から)

想定質問:効果を〜だけに限定できませんでしょうか?

MonkeyTypingCancellerはすべてをフリックで入力する人だけに使うことが許されています。

想定質問:超素早く打つとトグルしますね。バグですか?

確定までの時間を1.5秒ないし3秒から0.15秒に短縮するだけなので、トグルをしないようにするTweakではありません。

想定質問:フリックの猶予時間まで短くなったようなんですが、バグですか?

テンキーキーボードの入力猶予時間全般を短縮するTweakなのでフリックにも影響が及びます。

想定質問:じゃあフリックの猶予時間だけは変わらないようにしてください。嫌なんで

テンキーキーボードの入力猶予時間全般を短縮するTweakなのでフリックにも影響が及びます。

想定質問:機能しないことがあるんですが、バグですか?

IMEPatcher同様、二段式のパッチにしており、それに起因してパッチが当たらないことがあるようです。

Homeボタン2度押しでAppSwitcherを表示した後、パッチが当たらないアプリケーションのアイコンを長押しし、クローズボタンを押して終了した後、また起動し直すと機能するようになるかもしれません。


既知の不具合

  • パッチが当たらないことがあるようです。Homeボタン2度押しでAppSwitcherを表示した後、パッチが当たらないアプリケーションのアイコンを長押しし、クローズボタンを押して終了した後、また起動し直すと機能するようになるかもしれません。

動作確認環境

  • iOS 4.2.1 (iPadを除く)

インストール

New野良リポジトリに置いておきました。

「MonkeyTypingCanceller」で検索してください。

無保証です。

履歴

  • 0.3-1 2011.04.03 IMEPatcher同様パッチが当たらないことがある問題に、進展があるかもしれない修正
  • 0.2-1 2011.04.03 SpringBoardのスクロールが重くなったので、パッチ当ての方法を変更
  • 0.1-1 2011.04.03 初版

 - iPhone, Jailbreak

dropbox_sale_banner evernote_sale_banner_03