ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

年寄りでも諦めるな!極小PC「GPD WIN」の老眼者向けディスプレイ設定

      2016/11/20

Presbyopia and gpd win 00000 2

キーボードを搭載した極小PC、GPD WIN。

Gpd win now on sale 00004

PCゲームを持ち出すために中国のシンセンで作られたものですが、その内容は意外にもまっとうで、ゲーム向けに作られたことが功を奏して性能が余裕をもって作られており、これまでに登場したミニノート中で最強と断言できる内容になっています。

ゲーム用のコントローラーは完全に自由にカスタマイズ可能な24個のボタンとして使え、その操作性を補ってあまりあるほどとなっています。

マウス操作のために使うもの以外は、キー入力ほか、ワンボタンで実行できたら便利だと思う機能に自由に割り当てられます。したがって、ゲームはやらないからコントローラーは邪魔、という批判は当たりません。ゲーム用のコントローラーの存在も含めて過去最強のミニノートです。

Gpd win sticky key 00003

老眼ではGPD WINは使えない?

「魅力は分かったが、Libretto 20(1996年)からはや20年。老眼になり、もう小さな文字が見えず利用を諦めている」という人も少なくないのではないでしょうか。

GPD WINの液晶は5.5インチ、そこに1280 x 720の解像度の液晶(120mm × 68mm)を搭載しているので、ppi(pixel per inch)は267に。

液晶サイズ 5.5インチ
解像度 1280 x 720
ppi 267

高ppiのディスプレイが前提となったiOS、Android OSであればまだしも、96ppiが標準のWindows 10を搭載しているため、確かに標準の設定ではすべての造作が小さく、老眼ではなかなかつらいものがあります。

An advancement of gore tex cap 00005

しかし、近年のWindows(多分Windows 8以降?)には高ppi向けの設定が用意されていて、その設定を施せばスマートフォン、タブレットとの差異をそれほど意識しなくて済むレベルまでにはなります。

言い方を変えれば、スマートフォン、タブレットが操作できているのであれば大丈夫だということです。

設定変更までの切り抜け方

最初の設定までをどう切り抜けるかという問題はありますが、方法はいろいろあるでしょう。

外部ディスプレイに接続するという手が一つ。

Presbyopia and gpd win 00002

GPD WINにはmini HDMI端子が付いているため、外部ディスプレイに接続して大画面で設定ができます。HDMIはVer1.4で4Kの出力に対応しています。

Presbyopia and gpd win 00001

▼GPD WIN自体をコントローラーとするケースを想定し、手元に置くことを考えてケーブルは2mのものを使っています。持ち歩きを考慮して、スリムタイプを。

▼設定の最中だけ老眼鏡のお世話になるのも一つの手。老眼鏡にまで落ちたくないという人には、オーバーグラスタイプの拡大鏡がおすすめ。

メガネタイプ拡大鏡
メガネタイプ拡大鏡
posted with amazlet at 16.11.18
アイメディア
売り上げランキング: 16,179

今使っている眼鏡の上にかけることができます。名称もまたいいではないですか。

拡大鏡ですから、まだ負けにカウントされません。

オーバーグラスには偏光サングラスもあるんですよね。最近知りました。ポタリング用のアイウェアとしてうってつけです。

コールマン  サングラス メガネの上から偏光サングラス オーバーグラス CO3012-1
Coleman(コールマン) (2014-07-08)
売り上げランキング: 284

カスタムの拡大率の適用

さて、本題の老眼者向けWindows 10の設定です。

  1. 「Win + A」キーを押す
  2. 「すべての設定」>「システム」>「ディスプレイ」>「ディスプレイの詳細設定」>「テキストやその他の項目のサイズ調整」>「カスタムの拡大率を設定」とたどる
  3. 「カスタムの拡大率を設定」を150%に変更
  4. 「OK」ボタンをクリック
  5. 「適用」ボタンをクリック

これでログアウトをし、再度ログインするとログイン直後からカスタムの拡大率が適用されます。

▼カスタムの拡大率が100%の場合(デフォルト)

Presbyopia and gpd win 00002

▼カスタムの拡大率が125%の場合

Presbyopia and gpd win 00003

▼カスタムの拡大率が150%の場合

Presbyopia and gpd win 00004

GPD WIN ディスプレイ表示体験PDF

A4判の紙に印刷すると、GPD WINの表示を体験できるPDFを作成しました。コンビニプリントなどでご利用ください。

ローソン、ファミマ、サンクスのシャープ製マルチコピー機での印刷に合わせてあります。(セブンイレブンの富士ゼロックス製マルチコピー機では未確認)

多少縮小されるので、その分拡大しました。

選択肢は125%と150%があります。150%の方が当然楽ですが、何かの設定ウインドウのOKボタンが押せないことがあります。

Presbyopia and gpd win 00005

125%の場合は、150%のときよりそのような問題に当たることが少なくなりますが、少々辛さが出てくるかもしれません。

逆に、150%の上の選択肢、200%になると大分画面が崩れるので実用的ではありません。

画面の外にボタンがはみ出して押せない場合の対処方法

カスタムの拡大率を適用して拡大すると、ウインドウ上のボタンが画面外に出てしまい、押せなくなることが出てきます。

Presbyopia and gpd win 00006

その場合は、「Win + O」で画面の自動回転をオンにし、一時的に本体を横にして画面を回転させて押します。

Presbyopia and gpd win 00007

回転することで縦が1280ドットになるため、ウインドウを左右に動かせば押せないということはまずないでしょう。

GPD WINのカスタマイズに必須のJoyToKeyでカスタマイズをする場合、この操作が頻繁に必要になってやっていられなくなります。

125%にするとボタンが画面内になるので、JoyToKeyでのカスタマイズ中は、何とか125%で頑張ることをおすすめします。

まとめ

老眼でも恐れることはありません! リブレット20発売から20年、ついに登場した世紀の名機を楽しみましょう!

海外通販サイトGeekBuyingから通販する方法も解説しました。

海外通販サイトGearBestから通販する方法も解説しました。

 - GPD WIN, ガジェット