ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

Microsoft Windows / Officeが全部格安の桃源郷があった!Windows 10からOffice 2016まで揃い踏み

      2017/01/31

Windows and office psngames 2016 12 sale 00000

ゲーム通販サイト、psngames.orgでWindows 10 Proなどの各種Microsoft製品のセールが行なわれています。

一例を挙げると、Windows 10 Proのリテール版が$26.24(約3,096円)、Microsoft Office 2016 Home and Businessが$36.74(約4,335円)で販売されています。めちゃくちゃ安い!

※1ドル118円で換算

  • リテール版とは?
    • リテール版はOEM版と異なり、インストールするPCを後で移すことができます。OEM版は、基本的には最初にインストールしたPCに紐付けられてしまいます。

かなり盛りだくさんなので、まずWindows 10 Proの販売状況から紹介します。

Windows 10 Proのpsngames.orgでの販売状況

先述の通り、Windows 10 Proのリテール版が$26.24(約3,096円)。Microsoftの販売価格27,864円と比較すると、89%オフに相当します。

Windows 10 ProのOEM版なら、何と$14.95(約1,764円)。

販売チャンネル Windows 10 Pro Retail Windows 10 Pro OEM
Microsoft 27,864円 販売なし
Amazon 21,200円 17,160円(DSP版)
psngames.org $26.24(約3,096円) $14.95(約1,764円)

心のタガが外れるほどの安さで、俄然購入意欲が高まります。

psngames.orgの信頼性と販売するプロダクトキーのサポート

これだけ安いと却ってpsngames.orgに疑いの目を向ける人は少なくないでしょう。

疑いの矛先は「これはベネスエラのプロダクトキーでは?」でしょうか。

クリスマス直前のベネスエラの通貨価値崩壊でWindowsやOfficeがわずかな期間安く買えたことがありましたが、それらのプロダクトキーは既に無効化されているので、その筋はないといえるでしょう。

psngames.orgとは、どんなサイトなんでしょうか。

web.archive.orgを見ると、2015年7月ごろから運営を開始しているサイトのようです。

Webサイト上に運営者情報が見当たらず、少し怪しさが漂っています(まあこのブログにも書いてませんけどw)。

whoisを調べると、バハマのナッソーのレジストラを使っていることが分かります。

whoisによれば、ドメインの期限が2017年5月19日。一気に何年分も更新するのでなく、毎年更新してるみたいですね。

それぐらいしか分からず、信じるかどうかはその人次第のサイトといったところでしょうか。

このエントリを見た方から「プロダクトキーがBANされるかもしれないからやめた方がいい」といったコメントが寄せられているので、販売されているプロダクトキーがMicrosoftからBANされる可能性はあるのか。BANされた場合の期待できる対応についてpsngamesに問い合わせを入れてみました。

回答は、以下のようなものでした。

お問い合わせありがとう。プロダクトキーはすべて新品を提供しているので、我々からすると奇妙な仮定ですが、我々が販売したプロダクトキーに問題が起こったら連絡をください。一度だけ新しいプロダクトキーを発行し直しますよ。

プロダクトキーがMicrosoftからBANされる可能性があるかどうかについての質問にも回答します。

私達が発行したプロダクトキーは、これまで一度もBANされたことはありませんよ(笑)。

コメントで、同様の問い合わせをしたbellさんからも情報をいただきました。

無効になった場合の対応を聞いたところ、返金かストアクレジット、返金期限はlifetime!だそうです。

プロダクトキーがBANされた場合は、

  • 新しいプロダクトキーを発行し直してもらう(1回のみ)
  • 返金か、ストアクレジットにチャージしてもらう(無期限)

こんな対応が受けられそうです。

何かあっても振り出しに戻る(返金される)だけならチャレンジする価値はありそうですが、これをどう判断しましょう。濁流のような安値の攻勢に、あなたは耐えられるでしょうか?

人柱先鋒部隊からの報告

知り合いの @bikabika さんが神速でWindows 10 Proリテール版の人柱をしてくれました。

Windows 10 Homeからのアップグレードを試行したところ、認証は通ったとのことです。

@lynnlynn1 さんによれば、Mac版のOffice 2016も認証通ったとのことです。

@minamiblog さんからもMac版のOffice 2016の報告。

ボリュームライセンスでなく、小売ライセンスで2台まで使えるそうです。だから少し値段が高いんでしょうね。

Microsoft Office 2016 Professionalでも認証成功報告あり。

doetwoさんからコメントに情報いただきました。

Microsoft Office 2016 Professional入れてみました。
ダウンロードで結構迷ったので後の方のためになれば……。

office.comのインストールから一番下の「Office プロダクト キーを使って更新する」を踏んだ先でプロダクトコード入力できました。

コメントにも貴重な情報が寄せられていますので、そちらも参照ください。

決済はPayPalに対応

psngames.orgは幸いにしてPayPalによる決済に対応しており、クレジットカード番号を渡さずに決済が可能です。

この点は利用を考える上で保険になりそうですね。

Windows and office psngames 2016 12 sale 00003

WindowsやOfficeが激安!psngames.orgでの価格一覧

psngames.orgでは、Windows 10のみならず旧OSやOfficeまで安く売っています。

Windows and office psngames 2016 12 sale 00002

最近Office付きのパソコンがめっきり少なくなったため、Officeが欲しい人はWindowsが欲しい人より多いかもしれませんね。

特に、みんな大好き格安2in1やWindowsタブレットには軒並み付いていないか、Office Mobile止まりですからね。

僕がオっと思う機種はOfficeなしか、あってもOffice Mobile止まりです。

昔はOfficeが付いていないパソコンはありえないぐらいでしたが、PCが売れなくなった時代というものを実感します。

Microfoft Windows 10

Microsoft Windows 10 Pro Anniversary Update適用版 32bit/64bit 日本語版 (最新)|オンラインコード版

まずはWindows 10からいってみましょう。

インストールディスクはMicrosoftからダウンロードできます。

Windows 10 Proは、リテール版とOEM版が販売されています。

※1ドル118.727491円で換算

Windows 10 Pro Retail Windows 10 Pro OEM
$26.24(約3,115円) $14.95(約1,764円)

Windows 10 Homeは、リテール版とOEM版が販売されています。

Windows 10 Home Retail Windows 10 Home OEM
$19.83(約2,340円) $9.31(約1,099円)

Microsoft Windows 8.1

Microsoft Windows 8.1 Pro (DSP版) 64bit 日本語 Windows8.1アップデート適用済み

何らかの理由で一つ前のものが欲しい方に。Windows 8.1はWindows 10へのアップグレードができますから、コスト上のメリットもあります。Windows 10のプロダクトキー獲得が面倒くさくなければアリ。

インストールディスクはMicrosoftからダウンロードできます。

Microsoft Windows 8.1 Professionalは、リテール版とOEM版が販売されています。

Windows 8.1 Professional Retail Windows 8.1 Professional OEM
$15.74(約1,857円) $6.18(約729円)

Microsoft Windows 7

Microsoft Windows7 Professional 64bit Service Pack 1 日本語 DSP版 DVD LCP 【紙パッケージ版】

Windows 7が欲しい人はまだまだいそうですね。僕の録画サーバもWindows 7です。Windows 7も、まだWindows 10へのアップグレードができます。

インストールディスクのダウンロードMicrosoftからできないそうです。

情報を寄せていただいたのでコメント欄を参照してください。

Microsoft Windows 7 Professionalは、リテール版とOEM版が販売されています。

Windows 7 Professional Retail Windows 7 Professional OEM
$15.74(約1,857円) $9.75(約1,151円)

Microsoft Windows 7 Home Premiumは、リテール版とOEM版が販売されています。

Windows 7 Home Premium Retail Windows 7 Home Premium OEM
$15.74(約1,857円) $10.49(約1,238円)

Microsoft Office 2016

Microsoft Office Professional 2016(最新)|オンラインコード版|Win対応

インストールディスクの入手方法については、以下に解説があります。

Microsoft Office 2016 Home and Student
$31.49(約3,716円)
Microsoft Office 2016 Home and Business
$36.74(約4,335円)
Microsoft Office 2016 Professional
$41.99(約4,955円)

Microsoft Office 2016(Mac版)

Microsoft Office Mac Home Business 2016 MultiPack (最新)|カード版|Mac対応

何と、Mac版まであります。少しお高め。ちなみに、Amazonでは34,160円(2017年1月16日時点)。やはり高めの設定になっていますね。

@minamiblog さんからの報告にあったように、ボリュームライセンスではない小売ライセンスで、2台にインストールできるのがその価格の理由かもしれません。

インストールディスクの入手方法については、以下に解説があります。

Microsoft Office 2016 Professional
$73.49(約8,672円)

Microsoft Office 2013

Microsoft Office Home and Business 2013(旧商品)|Win対応

UIの変更などの理由で、Office 2013が欲しい人も少なくなさそうですね。

インストールディスクの入手方法については、以下に解説があります。

※1ドル118.727491円で換算

Microsoft Office 2013 Home and Student
$20.99(約2,477円)
Microsoft Office 2013 Home and Business
$26.24(約3,096円)
Microsoft Office 2013 Professional
$31.49(約3,716円)

Office 2016の製品ラインナップ

「どのOfficeが何なんだっけ?」という問いに答えてくれるのは以下のページ。

Microsoft Office 2016 Professionalは、Microsoft Office 2016 Home and BusinessにPublisherとAccessを加えたもの。普通の人は用がないかもしれませんね。

終わりに

「買い方が全然分からん」ということであれば、インストラクションを書きますのでコメントをください。

あまりに安く、「これは大丈夫なものなのですか?」という質問もあろうかと思いますが、僕は保証できません。不安ならpsngames.orgに聞いてみるのが一番です。

僕はMicrosoft Office 2016 Professionalに特攻するつもりです。

一応SQLはかじっているし、Microsoft Office 2016 ProfessionalとMicrosoft Office 2016 Home and Businessとは、本来倍ぐらい値段が違うものですからね。

 - Windows

dropbox_sale_banner evernote_sale_banner_03