ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

暗号通貨取引所Coincheckのトレードビュー切り替えにホットキーを設定する

      2017/06/01

Cchotkey 00000

僕の人生を変えてくれた暗号通貨。

そして、その愛すべき暗号通貨取引所Coincheckは平易なUIと使いやすさで定評があります。

Coincheckは、チャートの見やすさにも定評があります。

これに慣れてしまうと、他の取引所のチャートは見づらく感じるほど。

Coincheckに入り浸り、値動きを追っていると次第に気になってくるのがチャートの切り替えの手間。

ドロップダウンメニューで通貨を選択して切り替えますが、何百回、何千回と切り替えていると何ともかったるく感じます。

そこで、キーボードから切り替えられるようにするUserScriptを作ってみました。

それが、Webブラウザ用の機能拡張Tampermonkey用のUserScript「CCHotKey」です。

  • 2017.5.29: Shiftを押すかどうかでJPY建てとBTC建てを切り替えられるようにしました。
  • 2017.6.1: 5min → 15min → 1h → 4h → 1dayを切り替えられるようにしました。

これを導入すると、キーボードのQ、W、E〜でトレードビューの通貨を切り替えられるようになります(USキーボード向けの割当)。

キー 割当通貨
q BTC/JPY
Q BTC/USD
w ETH/JPY
W ETH/BTC
e ETC/JPY
E ETC/BTC
r LSK/JPY
R LSK/BTC
t FCT/JPY
T FCT/BTC
y XMR/JPY
Y XMR/BTC
u REP/JPY
U REP/BTC
i XRP/JPY
I XRP/BTC
o ZEC/JPY
O ZEC/BTC
p XEM/JPY
P XEM/BTC
[ LTC/JPY
{ LTC/BTC
] DASH/JPY
} DASH/BTC
\ BTC/CNY
-/_ 表示切替順送り 5min → 15min → 1h → 4h → 1day
=/+ 表示切替逆送り 5min ← 15min ← 1h ← 4h ← 1day

著しく、激しく、そして闇雲に便利なので、ぜひ導入してみてください。

もうドロップダウンメニューから切り替えることに耐えられなくなるはずです。

コード中の「CCHotKeyEventMap[113]」の部分を任意のASCIIコードに書き換えることでカスタマイズが可能です。

ASCIIコードは以下のページなどで調査するといいかもしれません。

ちなみに、113は小文字のQに相当します。ページ内を113で検索すると要領が分かるでしょう。

BTCのページで読み込むため、他通貨のページをブックマークし、直接開いている場合は機能しません。

 - 暗号通貨

dropbox_sale_banner evernote_sale_banner_03