ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

【さわやか高音質】インナーイヤーヘッドホンSONY XBA-3SLを買ったでござる

      2016/04/25

愛用していたインナーイヤーヘッドホンSONY MDR-EX90SLが見当たらなくなってしまい、2週間ほど出てこなかったので、諦めてSONY XBA-3SLを注文。

今日届いたんですが、無くなったと思っていたSONY MDR-EX90SLが、普段使ってないカバンからがひょっこり出てきてしまいました……。

IMG 0699

期せずしてカナル型のインナーイヤーヘッドホンが二つになる事態に。

SONY XBA-3SLを返品してしまおうかと思ったんですが、SONY XBA-3SLの音を一聴して認識が変わりました。

全然違うわコレ!iPhone / iPadとの相性も最高!(続きは[Read More]から)

方式の異なる二つのインナーイヤーヘッドホン

SONY MDR-EX90SLはダイナミック型、SONY XBA-3SLはバランスドアーマチュア型で、方式が違います。

audio-technica|Headphone Navi|ヘッドホンを識る audio-technica|Headphone Navi|ヘッドホンを識る

ダイナミック型と比較して、バランスドアーマチュア型は振動部の重量が軽く、信号に対して追従性がいいのが特徴です。

車やバイクではバネ下重量を軽減し、路面への追従性をよくするために軽量なアルミホイールを採用したり、倒立フォークを採用したりしますが、それに類したメリットがあります。

振動部の電気信号に対する応答性がよくなり、より明瞭な表現が期待できるわけですね。

特に、高域の表現に優れるといわれるのがバランスドアーマチュア型です。

バランスドアーマチュア型もいろいろ

バランスドアーマチュア型は応答性に優れる一方、一つのユニットがカバーできる周波数の範囲が狭い。

IMG 0700

一つのインナーイヤーヘッドホンの中に、低域から高域までを分担して受け持つ、三つのバランスドアーマチュア型のユニットを内蔵したのがSONY XBA-3SLです。

四つのユニットを持つ上位機種、SONY XBA-4SLも存在しますが、実際に試聴したところ、SONY XBA-3SLとSONY XBA-4SLでは全然音質の傾向が違い、SONY XBA-4SLは著しいドンシャリでした。

自分はドンシャリ好きなのですが、デフォルトの状態でここまでのものは望んでいないので、5秒聴いてやめてしまいました。

試聴をしたのはSONY MDR-EX90SLが見つからなかった時期なので比較試聴はできませんでしたが、比較的クセが少ないSONY MDR-EX90SLに近いと感じたのがSONY XBA-3SLでした。

油絵のようなSONY MDR-EX90SL、CGのようなSONY XBA-3SL

結局、無くしたと思っていたSONY MDR-EX90SLが出てきたので、SONY XBA-3SLと聴き比べができることになりました。

大体似たようなものだろうと思っていたら、全然違いました。

バランスドアーマチュア型のSONY XBA-3SLは、微細な格子の上に整然と音を配置したかのように、正確な鳴り。サラサラとした爽やかな音空間が現れます。

特に高域の繊細さ、正確さは特筆すべきもので、シンセのノコギリ波のような音においては、オシレーターが発生した信号を脳に直接入力されたかのようです。

それと比較すると、ダイナミック型のSONY MDR-EX90SLは、炎天の下、アスファルトからの照り返しで歪む風景を見ているかのような鳴りです。

CGと油絵ほどの違いがそこにはありました。

インザイヤースピーカーシステム:SR-001MK2 インザイヤースピーカーシステム:SR-001MK2

生産中止となってしまいましたが、STAXのSR-001MK2を持っているので、静電型の世界を知っています。

静電型はダイナミック型と比較して、とにかくきらびやかな音がします。振動部の重量が軽いため高域の解像度、歪率の低さが突出していて、音の粒が細やかに感じます。ボタ雪のダイナミック型、粉雪の静電型といった対比で表現できるかもしれません。

バランスドアーマチュア型のSONY XBA-3SLの音を聴いて、すぐ静電型の音の傾向を連想しました。

バランスドアーマチュア型は、静電型に似たところがあるように思います。

iPhone / iPadとの相性もいい!

僕はこのSONY XBA-3SLをiPhone / iPadで使っていますが、これまで外付けのヘッドホンアンプをつなごうとしていたことは何だったのかというぐらい、音質への不満が無くなりました。

別に利便性を著しく下げてまで外付けのアンプをつなぐ必要は無かったのです。本体のヘッドホン端子で十分ですね。外付けをつないだら、さらに一段上の世界があるのだとは思いますが。

これまではEQuを使ってイコライジングをしていたりしましたが、SONY XBA-3SLではその必要を全く感じません。

デフォルトでもあまりに音像が鮮明で、ついつい意識をそっちに持っていかれるほどです。

EQu – 高品質イコライザー App
カテゴリ: ミュージック
価格: ¥250

バランスドアーマチュア型は効率がいいそうで、ダイナミック型のSONY MDR-EX90SLより音量が取れます。音量が取れるということは、イコライジングの自由度も高いということですね。

一度は後悔したSONY XBA-3SLの購入でしたが、今では買ってよかったと思っています。

ちなみにビックカメラのリアル店舗では20,000円を超えていました。

 - Audio, iPad, iPhone

Furusato nouzei banner