ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

品切れ中のモバイルバッテリcheero Power Plus 3が再販を開始したのでベンチマーク掲載

      2014/12/30

20,000台があっという間に完売cheero Power Plus 3

cheeroの主力製品cheero Power Plusシリーズの最新バージョン、cheero Power Plus 3。1次、2次ロット合計20,000台が瞬殺で完売。

再販分が本日2014年12月22日12:00から通常価格3,480円で販売開始。

cheero Power Plus 3はLEDライトこそなくなったものの、軽量化と大容量化を同時に実現しており、順当な進化を遂げています。

弊ブログではデータだけ取ってまだレビューを書いていませんが、参考までに要点を下掲します。すべて実測の数値です。

機種 実質の容量(5V) ゼロ〜満充電までの充電時間 1分当たり充電容量 (入力)
cheero Power Plus 3 10,900mAh 402分 27.11mA
cheero Energy Plus 9,640mAh 590分 16.33mAh
cheero Power Plus 2 8,520mAh 636分 13.39mAh
cheero Tough 9000mAh 7,390mAh 308分 23.99mAh

昇圧回路の効率はcheeroのいつもの水準

実質の容量10,900mAh ÷ セルの容量13,400mAh = 0.81で、効率は81%。昇圧回路の効率は、cheeroのいつもの水準。

(弊ブログのいつものUSB接続 充電容量チェッカーを使ったベンチマークにて)

自分自身への充電がシリーズ最速

入力が2Aになって、自分自身への充電が著しく早くなっています。2AのACアダプタで充電時、同じく入力2Aのcheero Tough 9000mAhをも上回るスピードで充電できています。

cheeroから防水・防塵のアウトドア向けモバイルバッテリcheero Tough 9000mAhが登場

ただ、充電電流が0mAになってからLEDの点滅が消えるまで27分ほどタイムラグがあり、402分、27.11mAというのは0mAになった瞬間を充電完了とみなした場合の数字です。

cheeroのこの辺りの制御はいつも見事で、電流が0になった瞬間にLEDの点滅が終わるのですが、この機種だけはそうなっていません。

充電が終わっていないのにLEDの点滅が終わってしまうモバイルバッテリよりは全然いいですが。

LEDの点滅終了を基準にすると、1分当たりの充電容量は25.46mA。これでも、cheero Tough 9000mAhを上回るスピード。

cheero Power Plus 2との比較、実質の容量を基準に、1分当たりどれだけ充電できたかで言うと、cheero Power Plus 3はcheero Power Plus 2の2倍速になります。

パワーウェイトレシオはcheero Energy Plusを約27%上回る

これまでパワーウェイトレシオで優位を誇ってきたcheero Energy Plusの1グラム当たりの実質の容量は、9,640mAh ÷ 275グラム = 35.05mAh。

cheero Power Plus 3の1グラム当たりの実質の容量は、10,900mAh ÷ 245 = 44.48mAで、cheero Power Plus 3は、重量上優位なはずのリチウムポリマーバッテリを搭載したcheero Energy Plusを、パワーウェイトレシオで約27%も上回ります。

ダテじゃない2.4A出力

いつも、モバイルバッテリのパワーを計る際に、ほぼバッテリ残量を0にしたiPad 3を接続して、どれぐらい電流が流れるかを見るのですが、今回初めて2Aを突破しました。

これは、Apple純正のACアダプタをもわずかながら凌駕します。今回、2.1A→2.4Aに出力がパワーアップしていますが、こいつはダテじゃありません!

R0139460

cheero歴代最強のモバイルバッテリcheero Power Plus 3

cheero Power Plus 3は、cheero歴代最強のモバイルバッテリ。それが数字からも裏付けられました。

 - ガジェット, モバイルバッテリ