ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

iPhone 4/4S用ケース一体型キーボードBOXWAVEの3rdバージョンがイイ

      2012/01/05

moyashiはiPhone 4/4S用ケース一体型キーボード、iBUFFALOのBSKBB07WHを使っております。(以下の写真は色違いのBSKBB07BK)

今回は、それを新型のBOXWAVE Keyboard Buddy Case 3rdバージョンに買い替えた話を。(続きは[Read More]から)

BSKBB07BK 01
以前、こんなエントリを書いて、BSKBB07BK/BSKBB07WHがベストチョイス、という結論を出しました。

2〜3千円で買えるように!iPhone 4/4S用ケース一体型キーボード特集 | ひとりぶろぐ 2〜3千円で買えるように!iPhone 4/4S用ケース一体型キーボード特集 | ひとりぶろぐ

BSKBB07WHは打てないキーがほぼ無く、よいものだと思う気持ちは今でも変わりませんが、以下の点が気になっていました。

  1. キーの押し心地が固い
  2. 厚みがある
  3. キーボード背面の角が立っていて、長時間使っていると少々痛くなる

キーが固いので、キー一つ押すごとに、心の中で「押す!押す!押す!押す!」と、かけ声をかけたくなるような感じの使い勝手です。

そして厚い。装着した感じは、新品の石けんのようです。

また、使っているうちに気になってくるのが、角ばった背面の形状。キーを打つのにやや力が要るので、余計角が指に食い込んできます。

▼フチが角張っていて、使っていると少しずつ痛くなってくる

DSC 0013

しばらく使ってからソフトウェアキーボードに戻ると、「ソフトウェアキーボード楽じゃん、力要らなくてwww」みたいな変な感慨を覚えてしまったり。

それでも、キーが揃っている上、約3,000円という価格を考えると、この価格帯のケース一体型キーボードとしてはピカイチかと思います。

BOXWAVE Keyboard Buddy Case 3rdバージョン

Boxwave 3rd 01

moyashiがiBUFFALOのBSKBB07WHを買った直後に、Amazonで買えるようになったキーボードがあります。

それは、BOXWAVE Keyboard Buddy Case 3rdバージョン。このキーボードは、数字キーの直接入力を犠牲に、以前のBOXWAVE Keyboard Buddy Caseには無かったCommand、Option(Alt)を加えて、実用性を高めてきたものです。

さらに特筆すべきは、キーボードにバックライトを搭載していること。

BoxWaveKeyboardBuddyCase3rd

BSKBB07WHを買ったばかりの僕は、BSKBB07WHにはあるCtrl、TabがBOXWAVE Keyboard Buddy Case 3rdバージョンには無いことに気づき溜飲を下げていたのですが、BSKBB07WHを使い込むうちに、冒頭に挙げた欠点が気になってきており、レビューが付くのを待っていました。

しばらくたってやっと付いたレビューを見ると、何と、

  1. キーの押し心地が固い
  2. 厚みがある
  3. キーボード背面の角が立っていて、長時間使っていると少々痛くなる

このBSKBB07WHに対して持っていた三つの不満が解消されるようなのです。

しばらく我慢していましたが、使えば使うほど三つの欠点が気になるようになり、それが解消されるならば、と、BOXWAVE Keyboard Buddy Case 3rdバージョンを、とうとう買ってしまいました。

moyashiは白のiPhone 4Sを使っているので、最初は当然白で考えていたのですが、白は表面がツルツル加工、黒は表面が滑り止め加工という違いがあることを知り、あえて黒を選びました。

BSKBB07WHと、BOXWAVE Keyboard Buddy Case 3rdバージョンを並べると、こんな感じ。iPhone 4SにBSKBB07WHを装着、iPhone 4にBOXWAVE Keyboard Buddy Case 3rdを装着しています。周囲のものは、所有のキーボード付き端末たち(笑)。こういうものに弱いのです。

DSC 0001

使ってみると、確かにBSKBB07WHにある不満点は、BOXWAVE Keyboard Buddy Case 3rdバージョンにはありません!

  1. キーの押し心地は軽やか
  2. BSKBB07WHよりやや薄く、背面がなめらかな曲線を描いているため、BSKBB07WHほど厚みを感じない
  3. キーボード背面の角は取られて丸くなっているので、手が痛くならない

DSC 0012

そして、とどめにバックライトです。あまり暗いところで使うことはありませんが、自己満足度は、やはり非常に高い(笑)。

そして何と、以下のような特徴があってプラスαのメリットになっています。

  • 押している間だけ有効な通常のShiftキー(キートップが「Select」)に加え、その真上に、一度押すと、次に押すキーが一度Shift状態で入力される、いわゆるSticky Key動作の、第二のShiftキー(キートップが「↑aA」)がある
  • Fnキーが、押すたびに状態をOn、Offと切り替え状態を維持する、ちょうどCaps Lockのようなトグル動作をするので、数字、記号の入力がしやすい。ただし、Fnキーを一度押したら必ずもう一度押して元に戻さなければならないということでもあります
  • Commandキーが左右にあるので、コピー&ペースト操作が楽
  • 電源をON/OFFするスライドスイッチがBSKBB07WHより固くて、BSKBB07WHのように、いつの間にか電源が入っていることがない

一方で、BOXWAVE Keyboard Buddy Case 3rdバージョンでウワっと思ったこともあります。

  1. Tabが打てない
  2. Ctrlが無い(Ctrl+Kのカーソル以降削除が使えない)
  3. 大括弧「{}」が打てない
  4. iPhoneをホールドするケースのフチが、iPhoneの液晶面よりやや上まで来ている
  5. 右側にShiftキーが無い
  6. 第二のShiftキー(キートップが「↑aA」)が、なぜかpでは無効

1, 2は分かっていたことですが、3は想定外でした。普通は「{}」なんてそうそう使わないと思いますが、僕はiPhoneでJavaScriptを書きまくるのです。

4.も想定外でした。BSKBB07WHは、以下の写真で分かる通りケースのへりが液晶より下の位置までしか無いので、操作の邪魔になることは一切ありません。

DSC 0010

BOXWAVE Keyboard Buddy Case 3rdバージョンの方では、ケースのへりが液晶の上に少し突き出しているので、画面の端の方をタップするときに少し気になります。

DSC 0011

5.は、「一度押すと、次に押すキーが一度Shift状態で入力される、いわゆるSticky Key動作の、第二のShiftキー」のおかげでShift入力する際に同時押しする必要が無く、左半分のキーであっても問題は生じません。

6.は、ファームウェアのバグっぽいですね。

BOXWAVE Keyboard Buddy Case 3rdバージョンも、欠点がゼロというわけではありませんが、やはり軽やかに打てるのは非常にいい!

キーの固さで言うと、WILLCOM Advanced/W-ZERO3 [es]、Nokia N900ぐらいです。

上記の欠点が承知できるなら、BOXWAVE Keyboard Buddy Case 3rdバージョンは、おすすめできるiPhone 4/4S用ケース一体型キーボードです。

2012.01.05更新: 日本の代理店から「BOXWAVE Keyboard Buddy Case 3rdバージョン」が、「AIR SLIDE KEYBOARD CASE 2」という名前で販売が始まりました。輸入版の半額の値段になっています。これはもう、文句無くおすすめできます。

 - iPhone

dropbox_sale_banner evernote_sale_banner_03