ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

BROMPTONのフロントフェンダーにアクセサリーホルダー式ライトブラケットを取り付ける

      2014/07/05

反射板ブラケット流用式のライトブラケットはやめて、BBB BFD-21FBに交換

以前、CREE XML-T6搭載USBタイプ中華爆光LEDライトをBROMPTONのフロントフェンダー上に取り付けるために、反射板のブラケットを延長する形でライトブラケットを取り付けました。

SDIM0553

CREE XML-T6搭載USBタイプLEDライトをBROMPTONのフロントフェンダー上に取り付ける

CREE XML-T6搭載USBタイプLEDライト − USBバッテリーで1200ルーメン5時間点灯、夜間自転車走行が快適!

CREE XML-T6搭載LEDライト(中華ライト)アップグレード用ワイドアングルレンズで配光をワイドに

その後すぐ、@J_Agent さんのTwitter上の会話から非常によさげなブラケットの存在を知るに至り、そちらに付け替えることにしました。

それが、BBBのBFD-21FBという、ステンレススチールのフェンダーブラケット。

SDIM0754

「フェンダーブラケット」という部品の名称を知らず、僕の知識では行き当たらなかったでしょう。@J_Agent さん、ありがとうございました。

BROMPTONのフェンダー上にライトを取り付けるのに使えるステー、ブラケットです。

形状から分かるように、ブレーキの下を通すようになっています。

SDIM0755

先端の黒いゴムは外れるようになっています。

SDIM0756

フェンダーブラケット直付けではダメだった

早速BFD-21FBを使ってCREE XML-T6搭載USBタイプ中華爆光LEDライトを取り付けてみたところ、CREE XML-T6搭載USBタイプ中華爆光LEDライトが上を向いてしまい、またブレーキの下を通すフェンダーギリギリの位置関係から下に向けるスペースも足りずで、別の手を考える必要に迫られました。(続きは[Read More]から)

SDIM0770

アクセサリーホルダーとの合体

そこで考案したのが、ミノウラのアクセサリーホルダーとの合体。バーの幅10cmのものを選択。

SDIM0880

アーレンキーでバーの部分を取り外します。

SDIM0881

バー部分だけを拝借。

SDIM0882

M5×20mmの六角穴付ボルトを用意。

SDIM0906

  • M5×20mm六角穴付ボルト
  • M5スプリングワッシャー
  • M5ワッシャー
  • M6ワッシャー(本来、M5の大径ワッシャーがあれば一枚でよかったのですが、手持ちがなかったため)
  • BFD-21FB フェンダーブラケット
  • BFD-21FB付属の片面が弧を描いているアルミスペーサー

上記のような順序で取り付け。ただし、ボルトを締めて固定してしまうとブレーキ部分のシャフトに通すときに困るので、まだ緩い状態にしておきます。

SDIM0907

BFD-21FB付属のアルミスペーサーが、非常にいい仕事をしてます。強度を出すのに必要不可欠です。

SDIM0909


BROMPTONへの取り付け

BROMPTONの前輪のタイヤの空気を抜いて、ブレーキを取り外し。さもないと、取り付けがままなりません。ブレーキのシャフトにBFD-21FBを通す。

SDIM0910

ブレーキのシャフトにBFD-21FBを通した状態でバーを固定する六角穴付きボルトを締め込む。

SDIM0914

M6のワッシャーを4枚用意。枚数は用意したワッシャーの厚みによって違うかもしれません。足りないとハンドルが回らなくなります。

SDIM0912

BFD-21FBに続いて、M6のワッシャー4枚をブレーキのシャフトに通す。

SDIM0915

さらに元からあったアルミスペーサーを通して、元通りブレーキを取り付け。ナットを締め込みながら、バーの水平が保たれるように調整します。ブレーキが偏らないようにブレーキを握りながらなので、手が足りません(笑)。

SDIM0916

様々な角度からの見た目

格好いいとは言わないまでも、納得感のある見た目になりました。

SDIM0917

フェンダーとの間隔がギリギリなので、ビビり音が心配です。出たら、ウレタンフォームを詰めることにしましょう。

SDIM0918

ライトの取り付け

実際にライトを取り付けるとこんな感じです。中央にブラケットがあるので、ライトを真ん中に取り付けることはできません。

SDIM0919

ハンドルへの取り付け同様なので、仰角を調整可能です。

SDIM0920

実際にやるかどうかは置いておいて、反対側に、もう一つライトを取り付けられます。アクションカムを取り付けようと思っています。

SDIM0921

BROMPTON的な世界観に合っていない気がしますが、BROMPTONへのCREE XML-T6搭載USBタイプ中華爆光LEDライト取り付け大作戦は、これで最終章でしょう。低い位置に取り付けると、LEDライトの周辺光も有効に機能します。

SDIM0901

バッグと干渉せず

ブレーキの下を通して低いところに位置するため、バッグを取り付けても干渉しません。

SDIM0922

折りたたんでもOK

バーは10cm幅なので、折りたたんだ状態でどこかと干渉するかと思いきや、大丈夫でした。

SDIM0903

 - BROMPTON, 自転車

dropbox_sale_banner evernote_sale_banner_03