ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

Cheero power plus 3 10050 now on sale 00001

本日2016年7月7日12:00PMより、cheeroからモバイルバッテリーの新製品「cheero Power Plus 3 10050mAh」(CHE-072)が発売になりました。

10,050mAhなのに重さは192g。旧世代の10,000mAhクラスのモバイルバッテリー290g前後の重量と比較すると、100g(34%)も軽くなっています。

Cheero power plus 3 10050 now on sale 00016

直販価格は2,480円(税込)。cheero伝統の10,000mAhクラスの新製品が「Power Plus 3」シリーズ直系のラインナップに登場です。

カラーバリエーションはホワイトのみ。

Cheero power plus 3 10050 now on sale 00003

「cheero Power Plus 3 10050mAh」は、その名の通り10,050mAhの容量を持ったモバイルバッテリー。Panasonicの最新鋭・高容量の3,350mAhのセルを使用し、従来の10,000mAhクラスのモバイルバッテリーに伴う「デカ重感」を払拭。

在来の10,000mAhクラスのユーザーにこそ、手にしてほしい一品です。

Cheero power plus 3 10050 now on sale 00006

10,000mAhクラスといえば、cheeroの知名度を飛躍的に高めた名機「cheero Power Plus」と同クラス。この進化ぶりは、初代から使う人に特別な感慨を与えるでしょう。

10,000mAhは、iPhone 6sを4回フル充電可能な容量に相当します。

容量 充電可能回数
3,350mAh 約1回
5,200mAh 約2回
6,700mAh 約2.5回
▶︎ 10050mAh ◀︎ 約4回
13,400mAh 約5回
20,100mAh 約7.5回

今回の10,050mAhの登場で、cheero Power Plus 3シリーズのラインナップが、グラデーションのように穴のないものになりました。

出力は2ポート。最大出力電流は2.4A。出力電流を接続機器に応じて自動調節するAuto ICに対応。

Cheero power plus 3 10050 now on sale 00004

入力は2Aで、入出力共に2Aそろった最新のスペックとなっています。

スペックと「cheero Power Plus 10050mAh DANBOARD version」との比較

「cheero Power Plus 3 10050mAh」とスペックが非常に似通っている同社のモバイルバッテリーに、既発売の「cheero Power Plus 10050mAh DANBOARD version」があります。

Cheero power plus 3 10050 now on sale 00010

いずれもPanasonic製の高品質な3,350mAhのセルが3本使われているのは変わりません。

2機種の内容はほぼ同じといっていいのですが、大きく違うのはその価格。

価格差は1,170円にもなります(2016年7月7日現在)。ほぼ同じものなのに、これだけ値段が違うのです。

メーカー 機種 価格
cheero cheero Power Plus 10050mAh DANBOARD version 3,650円
cheero cheero Power Plus 3 10050mAh 2,480円
Anker Anker PowerCore 10000 2,499円

cheeroの好敵手、Ankerの同クラスの製品に位置付けられる「Anker PowerCore 10000」がこの価格帯ゆえに、価格を合わせてきているのですね。

つぶさに見ていくと、「cheero Power Plus 10050mAh DANBOARD version」と「cheero Power Plus 3 10050mAh」との間には、出力電流に1Aの差が付いています。

※スマートフォンなどでは、表は横スクロールします。ただし、In App Webブラウザーでは不動作の場合があります。

メーカー 型番 出力ポート数 1ポート当たり最大電流 合計最大電流 出力電流調整機構 搭載セル容量 重量 入力電流
cheero cheero Power Plus 3 10500mAh 2 2.4A 2.4A AUTO-IC 10,500mAh 192.0g 2A
cheero cheero Power Plus 10050mAh DANBOARD version 2 3.4A 3.4A AUTO-IC 10,050mAh 190.0g 2A

Cheero power plus 3 10050 now on sale 00011

これが何に起因するものなのかは分かりませんが、回路の方でコストダウンを図っているのかもしれません。

出力電流の差1Aが価格差1,170円になっているわけです。それ以外に、本体充電にかかる時間にも差が付いています。カタログスペック上で1時間30分の差。後出のベンチマークでも、この差は現れています。

※スマートフォンなどでは、表は横スクロールします。ただし、In App Webブラウザーでは不動作の場合があります。

品名 cheero Power Plus 3 10500mAh cheero Power Plus 10050mAh DANBOARD version
型番 CHE-072 CHE-066
内蔵バッテリー リチウム・イオンバッテリー
容量 10,050mAh/3.6V(36.18Wh)
サイズ(本体) 92mm × 62mm × 23mm 95mm × 62mm × 22mm
重量(本体) 192g 190g
本体充電時間 約6時間30分(別売り2Aアダプタ使用の場合) 約5時間(別売り2Aアダプタ使用の場合)
使用回数 500回まで 約500回
出力 DC5V/2.4A(合計)USB × 2ポート(Auto IC機能付き) DC5V/3.4A(合計)USB × 2ポート(Auto IC機能付き)
入力 DC5V/2A max

ベンチマーク結果

実容量と本体充電時間のベンチマークを取り、cheero歴代のレジェンドとも比較してみました。

Cheero power plus 3 10050 now on sale 00014

負荷としてCREE XML-T6搭載爆光LEDライト、計器としてRT-USBVACを使用。

「cheero Power Plus 3 10050mAh」への充電に使ったACアダプタは、「cheero Energy Plus」に付属の2Aのものです。

※スマートフォンなどでは、表は横スクロールします。ただし、In App Webブラウザーでは不動作の場合があります。

メーカー 型番 価格 1円当たり容量(実測値ベース) 出力ポート数 1ポート当たり最大電流 合計最大電流 出力電流調整機構 搭載セル容量 容量実測値 効率 重量 1g当たり容量(実測値ベース) 入力電流 充電時最高電流実測値 充電時間(分)実測値 充電時間(時間)実測値 1分あたり充電容量(実測値ベース)
cheero cheero Power Plus 3 10500mAh 2,480円 2.50mAh/円 2 2.4A 2.4A AUTO-IC 10500mAh 6190mAh 59.0% 192.0g 32.2mAh 2A 1.82A 378分 6時間18分 19.9mAh
cheero cheero Power Plus 10050mAh DANBOARD version 3,650円 1.81mAh/円 2 3.4A 3.4A AUTO-IC 10050mAh 6500mAh 64.7% 190.0g 34.2mAh 2A 2.2A 306分 5時間06分 21.2mAh
cheero cheero Power Plus 10000mAh 2 2.1A 3.1A 10000mAh 6490mAh 64.9% 250.0g 26.0mAh 1A 659分 10時間59分 9.8mAh
cheero cheero Power Plus 2 10400mAh 2 2.1A 3.1A 10400mAh 6300mAh 60.6% 290.0g 21.7mAh 1A 620分 10時間20分 10.2mAh

「cheero Power Plus 3 10500mAh」と「cheero Power Plus 10050mAh DANBOARD version」との比較では、効率、本体充電の時間などで「cheero Power Plus 10050mAh DANBOARD version」の方が優れています。

Cheero power plus 3 10050 now on sale 00012

しかし、1円当たり容量(実測値ベース)という指標で見た場合のコストパフォーマンスは、「cheero Power Plus 3 10500mAh」の方が圧倒的にいいですね。

世代の古い「cheero Power Plus 10000mAh」、「cheero Power Plus 2 10400mAh」との比較では、歴然とした世代の差を感じるのではないでしょうか。

Cheero power plus 3 10050 now on sale 00016

やや実容量では「cheero Power Plus 3 10500mAh」の方が少なくなっていますが、「cheero Power Plus 2 10400mAh」と「cheero Power Plus 3 10500mAh」とでは重さの差が約100g!

本体充電に10時間59分かかった「cheero Power Plus 10000mAh」との比較では、「cheero Power Plus 3 10500mAh」は半分の時間で充電できるようになっています。

モバイルバッテリーの進化は日進月歩ですね。

Anker PowerCore 10000との比較

ライバルAnkerの売れ筋機種「Anker PowerCore 10000」との比較を見てみましょう。

「Anker PowerCore 10000」が約180g、「cheero Power Plus 3 10050mAh」の方は192gと、軽さは「Anker PowerCore 10000」に譲ります。

その代わり、出力ポート数では1対2で2ポートある「cheero Power Plus 3 10050mAh」の方が勝ります。

価格は少し「cheero Power Plus 3 10050mAh」の方が安い。容量が10,000mAhあると2ポート欲しい場合が多いのではないでしょうか。その代償としての重量差約12gが受け入れられるかどうかでしょう。

※スマートフォンなどでは、表は横スクロールします。ただし、In App Webブラウザーでは不動作の場合があります。

メーカー 型番 出力ポート数 1ポート当たり最大電流 合計最大電流 出力調整機構 搭載セル容量 重量 入力電流
cheero cheero Power Plus 3 10500mAh 2 2.4A 2.4A AUTO-IC 10500mAh 192.0g 2A
Anker Anker PowerCore 10000 1 2.4A 2.4A PowerIQ
VoltageBoost
10500mAh 約180g 2A(未確認)

軽さと容量のバランスに優れ、コストパフォーマンスも抜群の「cheero Power Plus 3 10050mAh」をぜひ体感してみてください。

僕のように、モバイルバッテリーに対して「使い切るかどうかは置いておいて、ざっくり10,000mAhは最低限」、という持論を持っている人には最高の選択肢の一つです。

cheero Power Plus 3 10050mAh 大容量 モバイルバッテリー [ 国産パナソニック高品質電池搭載 ] 2USBポート 超コンパクト 携帯充電器 iPhone / iPad / Android / Xperia / Galaxy / 各種スマホ / タブレット / ゲーム機 / Wi-Fiルータ 等 急速充電 対応 ハイパワー出力 【AUTO-IC機能搭載】 CHE-072 ホワイト

 - ガジェット

Psngames banner evernote_sale_banner_02