ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

Linux搭載無線LAN内蔵SDカードアダプタCloudFlashが値下げで1,980円!めちゃくちゃ魅力的だし間違った使い方も可能

      2016/03/17

無線LAN内蔵SDカードアダプタCloudFlashが2,000円値下げで1,980円に!

無線LAN内蔵SDカードアダプタSPECTEC CloudFlash CLF-WF01。

CloudFlash 「CLF-WF01」 トップページ

SDIM1563

MicroSDHCカードを挿入し、デジカメに入れて使うものです。こんなに小さいものなのに、無線LANが内蔵されています。

SDIM1564

これがあれば、デジカメからスマートフォンに、無線LAN経由で画像が転送できるようになります。

SDIM1569

僕が買った2013年7月時点では3,980円でしたが、2014年3月現在では値下げされて1,980円になったようです。(2014年3月8日10時現在、Amazonにての1,980円販売の業者分完売→楽天でも1,980円だったので貼りました→楽天も完売しました→ほとんど同じ製品のPQI Air Cardマジオススメ)

CloudFlash Rev.2が登場し、製品はこちらに移行したようです。Rev.2を入手し、エントリを書きました。

ひとりぶろぐ » 新型でもLinux遊び!2,480円でLinux搭載、WiFi内蔵SDカードアダプタCloudFlash Rev.2

CloudFlashは、見た目冴えない。聞いたこともない。ということで眼中にない人がほとんどではないかと思います。

しかし、こいつは実のところ、かなりエッジの効いたやつなのです。これまでブログで紹介してこなかったのは同価格帯にPQI Air Cardがあったからですが、1,000円以上も安いのなら話は別です。(続きは[Read More]から)

CloudFlashと組み合わせるmicroSDHCカード

CloudFlashはカードアダプタのみの販売で、そこに挿すmicroSDHCは別売りになっています。

組み合わせるmicroSDHCを選べたり、満杯まで撮影した後、差し替えて二の矢を継げるのが、SDカードアダプタタイプのメリット。

Class 4〜Class 10、4GB〜32GBまでのmicroSDHCが使えますが、UHS-I対応の高速microSDHCカードを使うと、恐らくUHS-I対応デジカメで使えないので注意。

UHS-I対応デジカメであるDP2 Merrillでの動作状況はこちらにまとめてあります。PQI Air Cardでのものですが、CloudFlashでも基本的に同じ。

ひとりぶろぐ » SIGMA DP2 Merrill+PQI Air Cardで使えるClass10のmicroSDHCカード調査結果

公式サイトでは「東芝製 / SANDISK製 / PANASONIC製」が推奨されています。

Transcend (Class10 32GB)が安定的選択ではないかと思います。

Transcend microSDHCカード 32GB Class10 (無期限保証) TS32GUSDHC10
トランセンド・ジャパン
売り上げランキング: 96


使えるデジカメと使えないデジカメ

残念ながら、CloudFlashは、すべてのデジカメで使えることが保証されるタイプの製品ではありません。互換が確認された機種リストが公式サイトに掲載されています。

CloudFlash 「CLF-WF01」 トップページ

互換性リストにないRICOH GRと、SIGMA DP2 Merrillで使えていますが、動作の保証はできかねますので悪しからず。

基本の使い方

CloudFlashにmicroSDHCカードを挿入。さらに、それをデジカメに挿入。デジカメの電源をオンにします。

SDIM1569

しばらくすると、Cloud FlashのSSIDが現れます。

Cloudflash 2014 03 08 1 13 00

接続後、ブラウザで192.168.1.1に接続すると、Cloud Flash内部で立ち上がっているWebサーバによるWebページが表示されます。

Cloudflash 2014 03 08 1 04 04

Setupタブ

Setupタブでは、WiFiを起動時にオンにするかどうか、SSID名、セキュリティに関する設定、無線LANのチャンネルの設定ができるようになっています。

Cloudflash 2014 03 08 1 04 18

Picturesタブ

Picturesタブでは、microSDHC上の画像のサムネイル一覧が見られます。また、実画像のダウンロード、小さめの画像によるプレビュー、Javaがインストールされていれば、チェックボックスを付けた後の複数画像一気ダウンロードなどができるようになっています。

Cloudflash 2014 03 08 1 07 10 1

Videosタブ

Videosタブでも、Picturesタブ同様に、microSDHC上の動画の一覧が見られます。サムネイル表示は機能しない場合が多そうですね。

CloudFlashの転送スピードは800Kb/sec程度なので、動画での実用は難しいかと思います。

Cloudflash 2014 03 08 1 12 34

iOSでの使い方

iOSでもMacとほぼ同じです。

Cloud FlashのSSIDが表示されたら接続。

IMG 2705

ブラウザで192.168.1.1へ接続。Macでのケースと同じページが見えました。

IMG 2718

iOS用のアプリを使う

CloudFlash用の公式アプリがリリースされています。

Cloud FlashApp
カテゴリ: Photo & Video
販売元: STARK INFO CO., LTD.(サイズ: 1.4 MB)
全てのバージョンの評価: (6 件の評価)

SSID「Cloud Flash」に接続した後、アプリを起動。

IMG 2709

メニューの「写真閲覧」を選ぶと、microSDHCの中身がアプリからも見えました。

IMG 2706

写真のサムネイルをタップすると、ダウンロードが始まります。ここからカメラロールへの保存が可能です。

IMG 2707

公式アプリの欠点は、複数画像の一気ダウンロードができないことです。

Android用のアプリ

CloudFlashはAndroidにも対応しています。

德杰 Cloud Flash 行動裝置應用程式 1.2
カテゴリ: ツール
Google Playで詳細を見る

マニュアル

CloudFlashのマニュアルはここにあります。

CloudFlash 「CLF-WF01」 トップページ

iOS用代替アプリAirPict for PQI Air Cardの流用

PQI Air Card用の代替アプリ、AirPict for PQI Air Card。

これがCloudFlashでも使えました。

ひとりぶろぐ » PQI Air Cardが見違えるほど使いやすく!代替アプリAirPict for PQI Air Cardが登場

公式アプリにできない、複数画像の一気ダウンロードが可能なのでオススメです。

IMG 2723

AirPict for PQI Air CardApp
カテゴリ: Photo & Video
販売元: 啓 Ito(サイズ: 902 KB)
全てのバージョンの評価: (12 件の評価)

CloudFlashに接続している間インターネットにつながらない問題の解決

無線LANをCloudFlashに接続している間、3G/LTEがあってもインターネットにつながりません。

IMG 2717

これは、設定で回避できます。

ひとりぶろぐ » FlashAirが、PQI Air Cardが使いやすくなる!WiFiストレージ接続中でも3G/LTE経由でインターネット通信ができるようにするiOSのWiFi設定

CloudFlashの間違った活用法

CloudFlashに対しポートスキャンをかけると、http、ftp、telnetのポートが開いています。

Cloudflash 2014 03 08 1 13 44

httpについてはこれまで見てきた通りですが、ftp、telnetが気になりますね。

CloudFlashにftpクライアントで接続

OS X用のftpクライアント、FlowでCloudFlashに接続してみました。

FlowApp
カテゴリ: Developer Tools
販売元: Extendmac, LLC.(サイズ: 4.2 MB)
全てのバージョンの評価: (10 件の評価)

アドレスに192.168.1.1を指定。プロトコルはftp。ユーザ名、パスワードは空欄で接続してみると、難なくつながりました。

Cloudflash 2014 03 08 1 29 31

「sd」の下がmicroSDHCのルートディレクトリになっていました。sdへのフルパスは「/mnt/sd/」です。

Cloudflash 2014 03 08 1 29 47

telnetで接続

残すtelnetで接続してみました。こちらも、ユーザ名、パスワードなしですんなり接続できました。

ARM CPUを搭載。OSはLinuxですね。

Cloudflash 2014 03 08 1 15 39

システムをいろいろ調べてみました。

perl

perlが入っていました。socketは使えませんが、busyboxのwget、ncftpputを使うといろいろできます。

# perl -v

This is perl 5, version 14, subversion 1 (0x184190) built for unknown

Copyright 1987-2011, Larry Wall

Perl may be copied only under the terms of either the Artistic License or the
GNU General Public License, which may be found in the Perl 5 source kit.

Complete documentation for Perl, including FAQ lists, should be found on
this system using "man perl" or "perldoc perl".  If you have access to the
Internet, point your browser at http://www.perl.org/, the Perl Home Page.

busybox

busyboxに入っているアプレットを確認しました。

# busybox
BusyBox v1.18.5 (2013-05-22 16:19:24 CST) multi-call binary.
Copyright (C) 1998-2009 Erik Andersen, Rob Landley, Denys Vlasenko
and others. Licensed under GPLv2.
See source distribution for full notice.

Usage: busybox [function] [arguments]...
   or: busybox --list[-full]
   or: function [arguments]...

        BusyBox is a multi-call binary that combines many common Unix
        utilities into a single executable.  Most people will create a
        link to busybox for each function they wish to use and BusyBox
        will act like whatever it was invoked as.

Currently defined functions:
        arp, arping, ash, bash, boa, boa_indexer, bootchartd, buzzer, cat,
        chmod, cp, date, df, dhcprelay, dmesg, dnsd, dnsdomainname, dumpleases,
        echo, egrep, env, fgrep, find, ftpd, ftpget, ftpput, grep, gunzip,
        halt, hostname, ifconfig, inetd, init, insmod, iwconfig, iwlist,
        iwpriv, kcard_app, kcard_cmd, kcard_startup, kill, linuxrc, ln, ls,
        lsmod, macaddr, mesg, mkdir, mount, mv, nslookup, perl, ping, pkill,
        poweroff, ps, pwd, readahead, reboot, rm, rmdir, rmmod, route, sh,
        sleep, sync, tcpsvd, telnetd, thumbNail, thumbnail_video, touch,
        udhcpc, udhcpd, umount, wget, which, wifi_connect_router,
        wifi_download, wifi_filelist, wifi_ftp_server, wifi_ftp_upload,
        wifi_get_config, wifi_quick_send, wifi_upload, xargs, zcat

dmesg

dmesgを取ってみました。シリアルコンソールがあるようですね。

# dmesg
(192-96-1)
console [ttyS0] enabled
Mount-cache hash table entries: 512
NET: Registered protocol family 16
bio: create slab <bio-0> at 0
cfg80211: Calling CRDA to update world regulatory domain
NET: Registered protocol family 2
TCP: Hash tables configured (established 1024 bind 1024)
TCP reno registered
ttyS0 at MMIO 0xa0004000 (irq = 1) is a KA2000
msgmni has been set to 58
loop: module loaded
TCP cubic registered
NET: Registered protocol family 17
lib80211: common routines for IEEE802.11 drivers
lib80211_crypt: registered algorithm 'NULL'
ka2000_sdhc: module license 'Proprietary' taints kernel.
Disabling lock debugging due to kernel taint
(0>0)switch_modules
max_blk_size=512, max_blk_count=8, max_req_size=32768
init bomb irq
req irq 40 (1000000)
req irq 43 (40)
req irq 41 (43)
ka_sdhc_drv_init
bw = 22
mmc0: new SDHC card at address aaaa
mmcblk0: mmc0:aaaa CAR 7.40 GiB
 mmcblk0:bootsec @ 2000
 p1
FAT sec 1134 sz 766 #2 rtdir 2000 csz 40
FAT sec 1134 sz 766 #2 rtdir 2000 csz 40
(0>1)dcim c 6 @4100, f:3134 (off 626814)
Folder: 199_WIFIWSD00001WSD00002 (5f393931 49464957)
Img1: WSD00001WSD00002 (30445357 31303030 sz 1bb95h)
Img2: WSD00002 (30445357 32303030 sz 1a066h)
user_dir:(5f333231 20505446)(00000000 00000000)
ctrlimg c 33282 @cce000, f:3799 (off 6f3204)

1 c 33285-33286 @cce0c0 f:3799(o:5)
fat cnt 1, x0, pBuf1 c1744400, pBuf2 0(0)
2 c 33286-33287 @cce100 f:3799(o:6)
fat cnt 1, x0, pBuf1 c1744400, pBuf2 0(0)
misc c 5 @40c0
bomb reg2 40c0 - 40c5
bomb reg 3134 - 389a
st 33281, 1:5, 2:6, 3:0, 4:0, 5:0
bomb reg 3134 - 389a
(1>0)sdio wakeup
mmc1: queuing CIS tuple 0x01 length 3
mmc1: queuing CIS tuple 0x1a length 5
mmc1: queuing CIS tuple 0x1b length 8
mmc1: queuing CIS tuple 0x14 length 0
mmc1: queuing CIS tuple 0x80 length 1
mmc1: queuing CIS tuple 0x81 length 1
mmc1: queuing CIS tuple 0x82 length 1
mmc1: new SDIO card at address 0001
AR6000: configuration opcode 7 is only used for RTOS systems, not Linux systems
ath6k/AR6003/hw2.1.1/athwlan.bin firmware will be loaded
AR6K: ** HIF layer does not support scatter requests (17)
wmi_control_rx() : Unknown id 0x101e
channel hint set to 2412
Add Filter 0 = 01:00:5e:00:00:01
Keep Filter 0 = 01:00:5e:00:00:01
Keep Filter 0 = 01:00:5e:00:00:01

/proc/cpuinfo

CPUはARM926EJ-S rev 5 (v5l)だそうです。

# cat /proc/cpuinfo
Processor       : ARM926EJ-S rev 5 (v5l)
BogoMIPS        : 421.06
Features        : swp half fastmult edsp java
CPU implementer : 0x41
CPU architecture: 5TEJ
CPU variant     : 0x0
CPU part        : 0x926
CPU revision    : 5

Hardware        : KeyASIC Ka2000 EVM
Revision        : 0000
Serial          : 0000000000000000

/proc/meminfo

# cat /proc/meminfo
MemTotal:          29824 kB
MemFree:            1400 kB
Buffers:             756 kB
Cached:            23792 kB
SwapCached:            0 kB
Active:             2552 kB
Inactive:          18128 kB
Active(anon):         80 kB
Inactive(anon):      384 kB
Active(file):       2472 kB
Inactive(file):    17744 kB
Unevictable:        4332 kB
Mlocked:               0 kB
SwapTotal:             0 kB
SwapFree:              0 kB
Dirty:                 0 kB
Writeback:             0 kB
AnonPages:           488 kB
Mapped:              404 kB
Shmem:                 0 kB
Slab:               2036 kB
SReclaimable:       1144 kB
SUnreclaim:          892 kB
KernelStack:         232 kB
PageTables:           80 kB
NFS_Unstable:          0 kB
Bounce:                0 kB
WritebackTmp:          0 kB
CommitLimit:       14912 kB
Committed_AS:       2264 kB
VmallocTotal:     825344 kB
VmallocUsed:         324 kB
VmallocChunk:     824240 kB

/usr/bin

コマンドがいろいろ入っているようですが、ほとんどがbusyboxへのシンボリックリンクになっていて、なおかつbusyboxには当該のアプレットがなくて、実際には使えないコマンドも結構あります。

# cd /usr/bin
# ls
a1                             rcS3
a1_ap                          rcS4
a1a                            rcS5
a2                             rcS6
a3                             rcS7
a3a                            readahead
arping                         recovery
beep                           refresh_sd
buzzer                         renice
clear                          seq
cmp                            sha256sum
copy_control_images_to_nor.sh  sha512sum
dirname                        showkey
download                       smemcap
du                             softlink
dumpleases                     tcpsvd
env                            telnet
f1                             test_wireless1.sh
factory_reset.sh               test_wireless2.sh
fgconsole                      tftp
find                           tftpd
flock                          thumbNail
ftpget                         thumbNail_android
ftpput                         thumbnail_video
gen_hostapd_conf.pl            timeout
hexdump                        top
hostapd                        uap
i0                             udpsvd
i1                             unlzop
id                             unxz
ifplugd                        uptime
kcard_app                      ver
kcard_cmd                      volname
kcard_refresh.pl               w1
kcard_startup                  w2
logger                         w2_old
lspci                          w3
lsusb                          w3_adhoc
lzopcat                        w3es
md5sum                         w4
mesg                           w5
microcom                       wall
mount_sd                       wget
mrgtmp0                        which
mtdf                           wifi_connect_router
mtdm                           wifi_download
nc                             wifi_filelist
nslookup                       wifi_ftp_server
p2p_client                     wifi_ftp_upload
p2p_server                     wifi_get_config
perl                           wifi_quick_send
pkill                          wifi_receiver
pmap                           wifi_sender
printf                         wifi_upload
pscan                          xargs
rcS1                           xz
rcS2                           xzcat

/usr/sbin

# cd /usr/sbin
# ls
brctl           flash_unlock    iwlist          setfont
dhcprelay       flashcp         nbd-client      telnetd
dnsd            ftpd            ncftpput        udhcpd
fakeidentd      httpd           ntpd
flash_eraseall  inetd           popmaildir
flash_lock      iwconfig        rdev

busyboxの強化

CloudFlashに入っている/bin/busyboxは、アプレットの数が少なく貧弱。強化をしたいところ。

ここにあるbusyboxが使えました。

Index of /downloads/binaries/latest

CloudFlashで使えたのは、以下の四つでした。

  • busybox-armv4tl
  • busybox-armv5l
  • busybox-armv6l
  • busybox-armv7l

標準のbusyboxに入っていないviが入っているので、かなり助かります。

autorun.shによるカスタマイズ

CloudFlashのルートファイルシステムは読み書き可能ですが、電源が切れると初期状態に戻ってしまいます。

microSDHCのルートディレクトリにautorun.shという名前のスクリプトを置いておくと、CloudFlashの起動時に自動的に実行されます。

この働きを利用して、CloudFlashのカスタマイズが可能です。

前出のbusyboxのviを/usr/binに置いておきたい場合は、microSDHCに置いてあるbusybox-armv7lのシンボリックリンクをautorun.shの中で/usr/bin/viとして張るといったことが可能です。

要するにCloudFlashはPQI Air Cardと非常に似たもの

ここまでに書いてきたことは、ほとんどPQI Air Cardの紹介で書いてきたことと同じです。

要するに、CloudFlashはPQI Air Cardと非常に似たものなのです。

SDIM1572

以下のPQI Air Cardの記事の解説は、CloudFlashにも応用可能な部分がほとんど。

ひとりぶろぐ » デジカメ内部でRubyを動かす狂気!無線LAN内蔵SDカードアダプタPQI Air Cardの間違った使い方

それが1,980円で買えるのは、かなり刺激的なことじゃないでしょうか。

CloudFlashのPQI Air Card化

実は、CloudFlashにPQI Air Cardのファームウェアを導入することができるとのこと。

PQI Air Card –

こうすると、CloudFlashが完全にPQI Air Cardになってしまうそう。

PQI Air Card化しても、標準で搭載されているコマンドがやや充実する以外は、とりたててメリットはないかもしれません。

AirPict for PQI Air Cardが使えるようになることがPQI Air Card化最大のメリットになるかな、と思ってCloudFlashのままAirPictを使ってみたら、そのまま使えてしまったので、PQI Air Card化する動機を失ってしまいましたが、実際に試してみました。PQI Air Cardになりました!

ひとりぶろぐ » Linux搭載SDカードアダプタCloudFlash CLF-WF01 Rev.2のファームウェア書き換えでPQI Air Card化する

CloudFlash Rev.2が登場し、製品はこちらに移行したようです。Rev.2を入手し、エントリを書きました。

ひとりぶろぐ » 新型でもLinux遊び!2,480円でLinux搭載、WiFi内蔵SDカードアダプタCloudFlash Rev.2

“カワイイ
ステレオサウンド (2014-02-24)
売り上げランキング: 1,565

 - Android, iOS, iPad, iPhone, ガジェット, デジタルカメラ