ひとりぶろぐ

価値ある情報をユーザー視点で発信するブログ

モバイルバッテリEasyAcc PB8200M (8200M-GR)の恐るべき基本性能

      2016/05/24

自身へ2Aで高速充電できる優れたモバイルバッテリEasyAcc PB8200M

先日紹介したEasyAccのモバイルバッテリPB5000Cは、昇圧回路の高い効率が光る良バッテリでした。

5,000mAhで2,480円、cheero、Ankerに次ぐ第三のブランドEasyAccのモバイルバッテリPOWERBANK PB5000C

今回は、同メーカーのモバイルバッテリの上位機種、PB8200Mを紹介します。

SDIM1099

国内では8200M-GRという型番も使うようですので併記します。

EasyAcc PB8200M (8200M-GR)は低価格ながら、非常に尖った性能を持ったモバイルバッテリ。その優れた性能に驚いたのでエントリを書いてみました。

PB8200M (8200M-GR)は、入力が最大2A。自身に充電するときに最大2Aの電流を流せるのがポイント。自身への充電が高速だということです。

SDIM1112

入力で最大2A流せるモバイルバッテリは非常に希少。自身に対する充電のスピードは、一般的なモバイルバッテリの2倍と考えていいです。そのほかにも優れた性能を持っていますが、追って紹介します。(続きは[Read More]から)

聞き慣れないメーカーEasyAcc

EasyAccは香港に本社を置くサプライメーカー。PC、タブレット、スマートフォン用のモバイルバッテリ、Bluetoothデバイス、ワイヤレスストレージ、ケースを手がけます。

EasyAcc | Partner for your electronic devices

日本ではまだ無名ですが、amazon.comでは、人気と高評価を獲得しています。

米Amazonで人気の製品を三つピックアップしてみました。評価990件、4.6/5のEasyAcc PB10000C、評価625件、4.5/5のEasyAcc PB5000C、評価1,020件、4.4/5のEasyAcc 12000-AB。

いずれ劣らぬレジェンド級の製品を輩出しています。


容量8,200mAhのモバイルバッテリPB8200M (8200M-GR)

PB8200M (8200M-GR)は、その名の通り8,200mAhの容量を持ちます。

スペック表を見てみましょう。

製品の仕様
容量 8200 mAh x 3.7V = 30.34 Wh
充電サイクル 500 (最大)
バッテリタイプ リチウムポリマーバッテリ
入力 (MicroUSB) DC 5V 2.0A (最大)
出力 (USB) DC 5V 2.1A (最大)
サイズ 204 x 102 x 22 mm
重さ 約204 g
充電温度 0度〜45度
使用温度 -20度〜60度
湿度 75%以下

モバイルバッテリが好きな人なら、どうしたってスペック表の入力2.0A(最大)に目が行くでしょう。

大容量のモバイルバッテリは、自身への充電に10時間程度かかるものが多く、モバイルバッテリからスマートフォン等への高速充電っぷりとのギャップに理不尽さを感じている人は少なくないんじゃないでしょうか。これは、そうした現状に風穴をあける画期的スペックです。

パッケージ内容物

パッケージ内容物は以下。

SDIM1108

PB5000C同様、MicroUSBケーブルが長短2本付いています。長い方は60cm、短い方は20cm。PB5000C付属のMicroUSBケーブルは極太の丈夫なものでしたが、PB8200M (8200M-GR)付属のMicroUSBケーブルは標準的な太さのもの。

PB8200M (8200M-GR)は薄型で平たくスマートフォンとの重ね持ちがやりやすいので、短い方は重ね持ち時に使うことを想定してのものでしょう。

SDIM1110

サイズ感

iPhone 5s、PB5000C、PB8200M (8200M-GR)を並べて置いてみました。

SDIM1102

PB5000CはiPhone 5sの厚さの1.5倍、長さは0.9倍といったところでしたが、PB8200M (8200M-GR)はiPhone 5sの厚さの2倍、長さはほぼ等しいぐらいです。PB8200M (8200M-GR)はPB5000Cより71g重く、やや重厚感が出てきます。

高級感のあるデザイン

成形色の樹脂を使ったPB5000Cに対し、PB8200M (8200M-GR)はアルミ、アクリルを使った高級感のあるデザイン。

SDIM1118

iPod miniをほうふつとさせます。

SDIM1122

8200mAhのリチウムポリマーバッテリを搭載

PB8200M (8200M-GR)は、エネルギー密度がリチウムイオンバッテリの1.5倍ある高級なリチウムポリマーバッテリを搭載。リチウムポリマーバッテリには、形状を薄くでき、また重量を軽くできるメリットがあります。

容量は8200mAh × 3.7V = 18.5Wh。

およそ、スマートフォンを4〜5回満充電できる容量。

SDIM1124

出力は2.1A一系統

端子類は、PB8200M (8200M-GR)への充電用のMicroUSB端子一つ、機器への給電用の2.1Aの出力のUSB端子一つ。PB5000Cと違って、端子のある側面のパネルにインジケータまであります。

SDIM1131

電源ボタンを押すと、電源が入りつつ、四つのLEDからなる残量インジケータが点灯、一定時間経過で消灯します。

R0128523

使用開始のために電源ボタンを押す必要は必ずしもなく、USBケーブルで機器をつなげば給電が自動的に開始されます。

LEDライト機能は非搭載です。

入力2AでPB8200M (8200M-GR)への充電が爆速

前述の通り、PB8200M (8200M-GR)に充電する際には、MicroUSB端子から最大2Aの電流が流せます。充電中は、残量インジケータが充電進行度インジケータとして機能します。

以下の写真は、PB8200M (8200M-GR)への充電時に1.73Aの電流が流れているところです。最大の2.0Aに達した瞬間を見届けることはできませんでした。入力1Aのモバイルバッテリだと、1Aを切るのが普通です。

IMG_0713

2AのACアダプタ使用時、空の状態から満充電まで4時間40分で終わるという、前代未聞の高速充電性能を発揮しました。これはぜひ2A出力のACアダプタと組み合わせて使いたいところです。

Anker 40W 5ポート USB急速充電器がパワフルでいい!完成度を高めた上位機種

バッテリ保護のための電流量の制御もしているようで、終盤は0.4A程度まで減っているのを確認しています。

IMG_0715

後述する容量ベンチマークで測定した7,780mAhという実質の容量を元にすると、1分当たり27.78mAh充電できたことになりますが、後述する昇圧回路の高い効率が相まって入力1.6Aのcheero Energy Plusにおける1分当たり16.33mAhの1.7倍のペースで充電できたことになります。

8,200mAhの容量は、スマートフォンの充電にして4〜5回分に相当。

PB8200M (8200M-GR)に1時間も充電すれば、スマートフォンを1回充電できてしまうことになります。(充電スピードは等速でなく、終盤はスピードが落ちるので、残量次第ではありますが)

出力2.1Aでタブレットをフルスピードで充電

USB端子から機器に給電する際は、2.1Aの電流が流せます。

スマートフォンは余裕でカバー。2A流せるタブレットも、フルスピードで充電できることになります。

手持ちの機器でテストしてみました。LEDライトを除くいずれの機器も、バッテリ残量を20%以下にしてからテストしています。

ASUS Nexus 7(2013)

1.1A程度の電流が流れました。

R0128344

Nexus7で自転車ナビ!折りたたみ自転車BROMPTONで川崎港海底トンネルを通ってきた

ASUS VivoTab Note 8

1.5A程度の電流が流れました。

R0128345

ASUS VivoTab Note 8の著しく偏った使いこなし

Apple iPad 3

2A程度の電流が流れました。PB5000Cでは0.9A程度と低くとどまりましたが、PB8200M (8200M-GR)では、問題なくフルスピードで充電できています。

R0128350

Apple iPhone 5s

1A程度の電流が流れました。フルスピードです。

R0128356

USB接続型中華爆光LEDライト

PB5000Cでは保護回路が働いてしまい使えませんでしたが、PB8200M (8200M-GR)ではUSB接続型中華爆光LEDライトもちゃんと使えました。

R0128359

CREE XML-T6搭載USBタイプLEDライト − モバイルバッテリーで1200ルーメン5時間点灯、夜間自転車走行が快適!

PB5000Cは給電する相手機器を多少選びましたが、PB8200M (8200M-GR)はどの機器相手でも安定しています。

効率94%!? 容量ベンチマークの結果が優秀で10,000mAhクラスに匹敵

PB8200M (8200M-GR)は8,200mAhのリチウムポリマーバッテリを搭載していますが、それはあくまでも3.7Vのリチウムポリマーバッテリのセルの合計搭載容量で、PB8200M (8200M-GR)のUSB端子から8,200mAhの電流が取れるわけではありません。

セルからの出力電圧3.7VをUSB端子の出力電圧の5Vに昇圧しますが、その効率は100%ではないので、そこから目減りします。

満充電のPB8200M (8200M-GR)にUSB電流計を取り付け、RaspberryPiを動作させる。バッテリの電源が落ちるまでにどれだけ電流が流れたかを計測する、当ブログでよくやる容量ベンチマーク。

SDIM1127

USB接続 充電容量チェッカー 完成品
Bit Trade One
売り上げランキング: 255,664

積算電流の計測結果は、これまで何度も言及した通り7,780mAhとなりました。3.7Vのリチウムポリマーバッテリのセル8,200mAhを5Vに昇圧して7,780mAhですから、昇圧回路の効率は94%ということになります。

これまでテストしてきた優秀なcheero、Ankerのモバイルバッテリでさえ効率およそ80%でしたから、それより14%も性能がいいことになります。これは驚くべき結果です。

Bit Trade Oneの充電容量チェッカーは校正していませんので、効率94%を絶対値で捉えるのはやや怪しいですが、同一条件で計測したcheero、Anker製品より約14%効率が高いのは間違いありません。

10,000mAhクラスのモバイルバッテリの実容量は、比較的優秀なもので8,520mAh、少ないものでは7,410mAhというものもありました。昇圧回路の効率の低い10,000mAhクラスのモバイルバッテリは、高効率を誇る8,200mAhのPB8200M (8200M-GR)より実容量は低くなることさえあります。PB8200M (8200M-GR)は、実容量で10,000mAhクラスを食える性能があるわけです。

新機種の実力をガチで探る!cheero Power Plus 2のベンチマークテストを実施

10,000mAhクラスの性能を100g軽く

PB8200M (8200M-GR)の重量は204g。10,000mAhクラスのモバイルバッテリは300g近くあります。PB8200M (8200M-GR)は、他より100gも軽い10,000mAhクラスのモバイルバッテリだ、と言ってしまうことができるでしょうか。

そして、PB8200M (8200M-GR)への充電は並のモバイルバッテリの2倍速!

出力は2.1Aが一つという制約はありますが、同時に2台に給電する必要がないユーザーにとっては、非常に優れたモバイルバッテリだということができます。

EasyAcc、本当に要注目のメーカーです。

 - Android, iOS, iPad, iPhone, ガジェット, モバイルバッテリ

dropbox_sale_banner evernote_sale_banner_03